パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 『地震あんしん保証』付き住宅が累計受注1,100棟を達成

2020年7月2日

パナソニック ホームズ株式会社

業界初!地震の揺れによる万が一の建て替え・補修を保証する
『地震あんしん保証』付き住宅が累計受注1,100棟を達成
~4月から戸建・集合住宅で展開中~

パナソニック ホームズ株式会社は、地震の揺れで万が一建物が全壊・半壊した場合、当社が責任を持って建て替え・補修を保証する『地震あんしん保証』付き住宅を4月より発売しています。このたび、4月の発売開始以来6月までの累計受注が1,100棟※1を達成しました。このような保証を付帯した住宅は、工業化住宅業界で初めてとなります。※2

『地震あんしん保証』付き住宅 イメージ
『地震あんしん保証』付き住宅 イメージ

近年、未曾有の自然災害が頻発している日本では、建物の被害と共に、被災生活による健康被害が大きな社会問題となっています。毎年の台風被害により人々の防災意識は高まっていますが、当社が2016年から毎年実施している住宅購入意向者に対するアンケート調査では、「耐震性能が優れている」がメーカー選定時の重視ポイントで常に1位2位となっており※3、「地震に対して安心して暮らせること」は、地震大国日本において家を建てる人の不変のニーズであると言えます。

今後発生すると言われている南海トラフ地震は、地震の揺れによる全壊家屋107万棟にのぼり※4、東日本大震災をはるかに凌ぐ規模の被害が予想されています。このような背景から、地震保険の付帯率は16年連続で増加し※5、住宅購入者の地震への備え、安心を求める意識はますます高まっていると言えます。

地震による住まいの損害を補償する損害保険には地震保険があります。しかし、地震保険では、万一建物が倒壊した際に、建て替え費用の半額しか補償されず、「地震保険に加入していても不安」と92%の人が感じています。国が「生活の再建」として位置付ける地震保険と、「建てた家を再建したい」という人々のニーズにはギャップがあり、日々の暮らしを心から安心して過ごすということに対しては課題があることが分かりました。

今回、工業化住宅業界で初めて『地震あんしん保証』付き住宅を発売することは、パナソニック ホームズが、工業化住宅において唯一、超高層ビルと同じ構造技術を採用し、日本最大級の耐震実験※6に耐えた「強さ」と、過去の大地震の揺れによる倒壊がゼロという「実績」に自信があるからこそ実現できるもので、お客さまがより一層安心して暮らせる住まいを提供してまいります。

当社は、創業者 松下幸之助が提唱した、「良家」の住まいづくりの理念に基づき、自然災害から家族を守り、安心して暮らせる防災住宅を追求し続けてきました。『地震あんしん保証』は、長寿命で良質のストックとなる住宅供給を社会的使命として取り組んできた当社の住まいにとって、まさに強さの証となるものです。

当社は、このたびの受注実績を通過点とし、今後も、地震をはじめとする自然災害に強く、できる限りの在宅避難も可能とする住まいのさらなる普及拡大に、より一層邁進していきます。

『地震あんしん保証』の詳細はこちら

  1. ※ 1:6月度受注棟数の推計値を含む。
  2. ※ 2:工業化住宅業界において、地震の揺れで全壊・半壊した建物を原状復帰するものとして。2020年3月当社調べ。
  3. ※ 3:2016年から毎年6~7月に実施している3年以内住宅購入意向者に対するインターネット調査(N700)。対象エリア:関東1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)、関西2府4県(大阪・京都・和歌山・滋賀・奈良・兵庫)。
  4. ※ 4:内閣府/政府 地震調査研究推進本部、南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループによる推定。
  5. ※ 5:出典/損害保険料率算出機構
  6. ※ 6:2011年6月、日本最大の加振能力を有する実験施設にて実施。基礎については、本実験施設では確認できないため、他の実験でクラック・割れが生じても、建物が安全であることを確認しています。建物条件によっては同様の実験結果とならない場合もあります。当実験で制震鉄骨軸組構法の高い耐震性は確認できましたが、実際の地震におけるお客さまへの保証は保証基準に基づきます。

ご参考

『地震あんしん保証』開発の背景

(1)今後30年以内に、いつどこで大地震が起きてもおかしくない!

日本で、近い将来の発生の切迫性が指摘されている大規模地震には、「南海トラフ地震」「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震」「首都直下地震」「中部圏・近畿圏直下地震」があります。中でも、関東から九州の広い範囲で強い揺れと高い津波が発生するとされる「南海トラフ地震」は、今後30年以内に発生する確率が70%~80%と、高い割合で予想されています。

加えて、今想定されている大規模地震にだけ注意しておけばいいと言う訳ではありません。例えば、熊本地震(2016年4月発生)を引き起こした布田川断層帯におけるM7.0級の地震発生確率は、30年以内にわずか1%未満と想定されていました。地下に隠れていて、まだ見つかっていない活断層もあるとされており、日本全国いつどこで大きな地震が起きてもおかしくない状況にあります。

【参考】南海トラフ巨大地震の被害想定(内閣府・防災情報のページより)
イメージ:今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

(2)建物全壊時の建て替え費用を地震保険で全額賄えないことは、意外と知られていない!

将来の大地震に対する不安の高まりから、地震保険の付帯率は年々増加しています。ただし、地震保険は、生活再建費用等の補填という位置付けで“被災した人々の生活の安定に貢献する”ことを目的にできた制度で、「建物を建て直すための費用を補償する保険」ではないという点に注意が必要です。

そのため、地震保険金額は、最大で火災保険金額の50%までしか支払われません。また、保険金額の上限も建物は5,000万円と決まっています。

当社が実施したアンケートの結果では、回答者の47%の人が、地震保険では、火災保険の50%までしか支払われないことを「知らない」と答えています。また92%の人が、そのことを「不安」と答えています。地震保険だけでは、備えが十分ではないことが、あまり知られていないのが現状です。

【参考】地震保険 付帯率の推移
(出典:損害保険料率算出機構)
地震保険の付帯率の推移

【参考】地震保険に関する意識調査(当社調べ)
円グラフ:地震保険に関する意識調査(当社調べ)

特長・概要

(1)工業化住宅業界初『地震あんしん保証』付き住宅を、戸建・集合住宅に展開

地震保険の加入だけでは、火災保険金額(建物取得金額)の最大でも50%の補償となり、建て替えを行う場合、費用の半額は自己負担になってしまいます。

当社は、工業化住宅業界で初めて、地震の揺れで万が一建物が全壊・半壊した場合、当社が責任を持って建て替え・補修を保証する『地震あんしん保証』付き住宅を、4月7日より新発売いたします。当社が提供する『地震あんしん保証』に加えて、地震保険に加入いただくことにより、「建物の再建」と「生活の再建」が可能となることで、お客様へのさらなる安心の価値を提供してまいります。

地震の揺れによる全壊で、建て替えを行う場合自己負担イメージ

※地震あんしん保証は、建物全壊時に建て替えの役務を提供するもので、金銭をお支払いするものではありません。また、地盤沈下・津波・火災による損害は対象外となりますので、地震保険の加入を推奨します。

(2)創業以来追究してきた地震に対する「強さ」と「実績」により『地震あんしん保証』を実現

『地震あんしん保証』を新たに開発し、新築戸建・集合住宅に付帯して新発売することは、パナソニック ホームズが、工業化住宅において唯一、超高層ビルと同じ構造技術を採用し、日本最大級の耐震実験に耐えた「強さ」と、過去の大地震の揺れによる倒壊がゼロという「実績」を積み上げてきたからこそ実現できるものです。

日本最大級の耐震実験で実証した※6
倒壊・ゆがみを抑える強い構造

パナソニック ホームズは、超高層ビル建築にも使用される「座屈拘束技術」を工業化住宅で初めて採用※7。実際の住宅を使用した過酷な耐震実験では、一部にクロスの切れやタイルのひび割れ、瓦の割れがあるものの、構造体の交換が必要となるような大きな損傷はなく、地震への強さを実証しました。

日本最大級の耐震実験で実証した倒壊・ゆがみを抑える強い構造イメージ

過去に発生した阪神・淡路大震災や熊本地震などの大地震で倒壊ゼロの実績

パナソニック ホームズは、過去の大地震の揺れによる倒壊がゼロという実績を誇ります。

過去に発生した阪神・淡路大震災や熊本地震などの大地震で倒壊ゼロの実績表

地震名 最大震度 計測震度 パナソニック ホームズ
対象棟数 倒壊※1
阪神・淡路大震災 7 6.6 14,941 0
東日本大震災 7 6.6 158,290 0
熊本地震 7 6.7 3,946 0

写真:阪神・淡路大震災後の当社の住まい

『地震あんしん保証』保証条件

項目 条件
対象物件 制震鉄骨軸組構造(HS構法)・大型パネル構造(F構法)の耐震等級3を有する居住用建物※8
適用範囲 計測震度6.8以下の地震の揺れによる建物の全壊、大規模半壊、半壊
保証内容 全壊時:建て替え、大規模半壊時・半壊時:補修を行う※9
保証限度額 1回の地震につき1棟あたり、建物価格、または5,000万円のいずれか低い金額
保証期間 お引渡し日から10年間

※「計測震度」とは、地震観測点で震度計によって測定された地表の揺れ(地震動)の強さの程度を数値化した震度のことです。計測震度6.5以上は全て震度7になります。当社は日本最大の加振能力を有する実験施設にて、油圧能力の限界加振実験を行い、過去の大地震を上回る計測震度6.8でも構造体に大きな損傷はありませんでした。

防災アドバイザー・防災士・ファイナンシャルプランナー
岡部 梨恵子氏のことば

『地震あんしん保証』の内容を聞いた際に、ファイナンシャルプランナーでもあり、保険の専門家の立場からしても驚きが大きかったです。今までにない保証がついているあり得ない住宅があるのだとインパクトを感じました。

実際に、私は多くの被災地、被災者の住まいを見てきただけに、これなら万が一の震災に遭っても本当の意味で安心感を持てると確信しました。

日本は地震大国です。ある日突然被災者になりうるのです。工業化住宅業界で初めて、建物全壊・半壊のときの建て替え・補修費用を保証してくれる『地震あんしん保証』付き住宅が、すでに1,100棟もお客さまから共感をいただいています。

ハード面の安全性はもちろん、さらに被災後の安心まで保証されている住宅です。「災害に強い家」ですから、大切なご家族を守り、将来にわたって末永く安心してお暮らしいただけると思います。

写真:防災アドバイザー・防災士・ファイナンシャルプランナー 岡部 梨恵子氏

(岡部梨恵子氏 プロフィール)

千葉県浦安市在住。東日本大震災で街の86%が液状化現象に直面した体験から防災に取り組むようになる。

防災士・ファイナンシャルプランナー・整理収納アドバイザーなどの資格を活かし、防災グッズや備蓄品、被災後の食やお金の知識についてもセミナーを開催。その分かりやすい語り口から、メディアへの出演も多数。

  1. ※ 7:2020年3月当社調べ
  2. ※ 8:建物には門、塀、アプローチ、物置、車庫その他の付属建物は含みません。
  3. ※ 9:当社に工事を依頼することが条件です。役務を提供するものであり金銭の支払いは行いません。既存建物等の解体・撤去費用は負担しません。

販売促進・宣伝情報

『地震あんしん保証』付き住宅の分譲物件をご案内する「パナソニック ホームズ 不動産フェア」を7月18日(土)~9月27日(日)まで全国で開催

『地震あんしん保証』付きの建売住宅や建築条件付宅地等の分譲物件※10約360件を一斉にご案内する「パナソニック ホームズ 不動産フェア」を、7月18日(土)~9月27日(日)に全国で開催します。

同フェアは、お客さまによる物件の現地見学のほか、「リモート見学」が可能な会場も用意し、「リアルとバーチャルでのおうち探し」ができる内容になっています。「リモート見学」では、営業担当者が、物件の周辺環境や建物の内外の概要・特長について、パソコン・スマホ・タブレットを通じてライブ映像と音声でお客さまにご説明します。

期間中、分譲物件の現地にご来場いただいた方には、「災害に備える」住まいの知恵と工夫を紹介した「災害時も、ずっと暮らせる安心BOOK」※11と、普段は夜間のウォーキングやアウトドアに、万一のときは非常用・防災用ライトとして使える「パナソニックのLEDネックライト」をセットにした、防災に役立つ[安心BOX]をプレゼントいたします。さらに、WEBから、現地見学や「リモート見学」にご予約いただいた方にはQUOカード(500円分)を差し上げます。

写真:防災に役立つ[安心BOX]

「不動産フェア」について詳しくはこちら https://homes.panasonic.com/kyoten/bunjyo/
<7月18日(土)公開予定>

テレビCM「安心を約束する家」篇を4月から放映中

『地震あんしん保証』付き住宅の展開をスタートした4月から、パナソニック ホームズの地震に対する“強さ”と“保証”による「安心」をお伝えするテレビCM「安心を約束する家」篇を放映中です。

「地震あんしん保証」は、当社がこれまで追究してきた“地震に対する強さ”への“自信の証”であることを、「安心を約束する家」というメッセージに込めました。小さな赤ちゃんがお父さんの指を握りしめて、無邪気な表情で眠る姿で「安心」を表現。
お父さん役に起用した、俳優の吉田悟郎さんが、赤ちゃんをやさしく見守る姿で、幸せな家族の暮らしを描きます。

イメージ:テレビCM「安心を約束する家」篇

テレビCMついて詳しくはこちら https://homes.panasonic.com/company/info/cm/#anshin

  1. ※ 10:木造住宅の分譲物件は『地震あんしん保証』の対象外となります。
  2. ※ 11:一部の会場ではプレゼント内容が異なる場合があります。

プレスリリース画像ダウンロード



2020年1月、当社はパナソニックとトヨタ自動車が未来志向のまちづくりを目指して設立した
新会社 プライム ライフ テクノロジーズ 株式会社のグループ会社となりました。