Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes
海外帰国ハウジングサポート TOP > スタッフ実例レポート TOP > 一時帰国ができない!

スタッフ実例レポート

海外赴任者ならではの不安やご要望・・・。専任スタッフがしっかりとサポートします

海外に居ながらの住まいづくりでは、疑問や不安もさまざま。私たちパナソニック ホームズは、そんなお客さまの声にしっかりお応えし、安心の住まいづくりをお届けしたいと考えています。ここでは、実際にあった事例を専任スタッフのレポートでご紹介します。
スタッフレポートインデックス
急遽帰国が決定。一時帰国ができなかったAさまのケース
4カ月後の帰国前に、なんとか新居を見つけたいけれど一時帰国は難しい状況。自分の目で現地を確認できないことが一番心配です。

宅地の形状や景観、周辺環境など写真を添付して調査資料を元にご報告。

イギリスでの赴任中のAさまの帰国が決まったのは、4カ月前。お子さまの学校のこともあり、仮住まいせずになんとか新居を見つけたいと、焦っておられました。まずは、土地探しからお手伝いをさせていただきましたが、当初は、ご自身で現地を確認できないことの不安をお持ちでした。

Aさまの目と足になって、土地探しから住まいづくりをサポート。現地の様子がわかりやすい資料づくりを心がけました。
まずいくつかの候補地の資料とお子さまの学校関係の情報を集め、
EメールやFAXでお送りしました。「帰国せずに土地を決めるのは勇気がいる。」
とおっしゃるAさまのご不安を解消するために、撮影アングルやポイント解説などを加えて、
写真資料を工夫しました。お電話で詳しいお話をし打ち合わせが進むにつれて、
徐々にご安心していただけたようです。

 「一度も帰国ぜずに現地を決められたのは、資料や説明がわかりやすかった」と、安心していただくことができました。
最終的に絞り込まれたのは、郊外のパナソニック ホームズの分譲地。
現地をご確認できないAさまに代わって、周辺環境や街の雰囲気が分かるように、
私自身のコメントを加えながらのビデオ撮影。自分を映しながら現地を説明す るのは、
ちょっと恥ずかしかったですが……。昼と夜の違いも分かるように時間帯を変えて撮るなど、
Aさまが現地の雰囲気やイメージを感じれる資料にしたい 一心でした。

遠く離れた海外で、お送りした資料を元にお打合せができましたので、Aさまの疑問点にも素早くお応えすることができ、ご安心してお任せいただけたと思います。
「土地探しから一任できて、煩わしい仮住まいもなく、本当にお願いして良かったです」と、
お喜びいただけました。ご入居の際のご家族の笑顔がとても印象的でした。

スタッフレポートインデックス
専任担当者が住まいづくり
のご質問ご要望にお応えします!
ご相談窓口
専任担当者が厳選した日本の住まい情報をお届けします!
海外まで無料でお届け!
ページの先頭に戻る


2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

土地活用・医療介護