Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes
海外帰国ハウジングサポート TOP > スタッフ実例レポート TOP > バリアフリー設計の賃貸併用住宅を

スタッフ実例レポート

海外赴任者ならではの不安やご要望・・・。専任スタッフがしっかりとサポートします

海外に居ながらの住まいづくりでは、疑問や不安もさまざま。私たちパナソニック ホームズは、そんなお客さまの声にしっかりお応えし、安心の住まいづくりをお届けしたいと考えています。ここでは、実際にあった事例を専任スタッフのレポートでご紹介します。
スタッフレポートインデックス
バリアフリー設計の賃貸併用住宅をご希望のSさまのケース
帰国後には両親との同居、そして私たち夫婦の老後の生活。介護のことや生活の安定など、将来のことを考えると不安になります。

Sさまが一時帰国の際には、専任スタッフが同行の上、「住まいとくらしの情報館」にご案内。

イギリスに20年近く在住、永住権も取得されているSさま。いずれは日本に帰国して、ご両親と同居する住まいを、と考え始められたのは3年前のことだそうです。「両親の同居と私達夫婦の老後の生活。その二つの不安があって、帰国に対しても少々重苦しかったですね」。そうしたお悩みをお伺いしました。

一時帰国のスケジュールに合わせて、コンサルティング型ショールーム「住まいとくらしの情報館」へご案内。
モデルハウスやパンフレットだけではわかりにくい「住まいの工夫」を、
先進の設備を使って実際に体験していただきました。素材や性能、設備の使い心地などの
最新情報をご覧いただいたり、現物を見てじっくりとご検討いただくことができたと思います。
バリアフリー設計を施したプランをご提案していましたので、実際に車椅子での空間体験を
していただいたことで、使い心地がおわかりいただけたようです。

1階は住居スペース、2・3階には、6室分の賃貸併用プランをご提案。3階建ての賃貸併用住宅で生活の安定化をめざしました。
立地を活かした賃貸住宅計画で、安定収益の可能性が大きく広がります。
Sさまに、設計プランと一緒に、ローンの支払いや賃貸収益を試算した計画書をご提案。
資金計画や経営コンサルティングなど事業面のご相談もしっかりサポートさせていただきました。
メールでいただくご質問には時差があっても、必ず24時間以内にお答えできるよう頑張りました。
一つひとつの疑問やご相談にはできる限り素早く、そしてきめ細かくお応えさせていただいたことも、
Sさまにご安心していただけたと思います。

はじめて資料請求のお問い合わせを頂いて依頼、計画から完成まで2年半。建物完成後も末長いおつきあいをさせていただいています。
パナソニック ホームズの生涯おつきあいシステムで末長いサービスを実施しています。
長期保証や24時間365日のご相談サービスなど建物完成後も、
安心で快適なくらしをお手伝いしています。

スタッフレポートインデックス
専任担当者が住まいづくり
のご質問ご要望にお応えします!
ご相談窓口
専任担当者が厳選した日本の住まい情報をお届けします!
海外まで無料でお届け!
ページの先頭に戻る


2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

土地活用