Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

豊かな街づくりのためのまちなみガイドラインを制定。

未来に誇れる、住みやすく、品格のある美しいまちづくり、地球環境にやさしいまちづくりを目指し、 「木津フロンテ263」では、まちなみの形成上重要な要素である建物や植栽等のしつらえについて、 一定のルールを制定しています。このルールを定めたものが「まちなみガイドライン」です。 まちなみ形成の基本方針として、環境共生を基調テーマとし、人々の視線の集中する場所等に緑を連なげ、 風景木(高木・中高木・低木・地被類)を配置する外構デザインの統一により、 木津川の原風景である雑木林を思い起こさせるような景観づくりを目指します。

光と風を採り込む街区設計。

抜けるような青空へ枝をのばすハナミズキが続くエントランスロード。 「木津フロンテ263」プロジェクトは、この駅から続く幹線道路を主軸に、 ノースゲート、サウスゲートで構成される総263区画のヒルトップステージ。 東には里山として親しまれる鹿背山の緑、西には木津川市街へ視界が広がる開放感あふれるロケーションです。 敷地面積は約170㎡~190㎡、光と風を集めるためのひな壇レイアウトの街区を約6.0mの街路でつないだゆとりの街区設計。 車の進入路と街区内交差点は2ヵ所に抑え、静かな住環境と安全面にも配慮。 さらに、街路と幹線道路や既存の街への近道となるフットパスを設け、利便性を高めています。

自然の風光が私邸をつつむ、四季薫る街並デザイン。

角地・北入り・南入りとバランスのとれた住棟配置とし、 設計自由度の高い間口寸法を確保しました。心地よい広がりを持たせた街区により、 豊富なプランバリエーションに対応します。千鳥状の区画割にすることで、 光と風を住まいと街区の隅々にまで届け、 自然と融合する街並景観となるよう計画されています。