パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > 環境社会活動 > 環境コミュニケーション

3環境コミュニケーション

環境教育

社員への環境教育・啓発活動

2007年度より、全社員の環境教育ツールとしてeラーニングを実施しています。
また、継続して優秀な成績を収めた社員を「エコメン・エコジョ(エコな男子・エコな女子)」として認定する社内認定制度を導入し、環境人材育成のレベルアップを図っています。
この取り組みは、環境省及び環境人材育成コンソーシアムが主催する「環境人づくり企業大賞2016」において『奨励賞』を受賞しました。

社員への環境教育・啓発活動
社員への環境教育・啓発活動

近隣小学校への環境教育

「住まいとくらしの情報館・千里」における総合体験学習

「おおさか生物多様性パートナー協定」の活動の一環として、近隣の小学生を対象に、毎年環境教育を行っています。当日は、当社の社員が講師を務め、本業を活かした体験的な環境学習を行い、地域社会貢献・次世代育成を行っています。

近隣小学校への環境教育
近隣小学校への環境教育

つながりのひろば

創業50周年を迎える記念事業として、お客様や地域住民を含む社会からの信頼、私たちの事業活動、そして地球環境を未来へ"つなぐ"というコンセプトのもと、大阪府の「みどりの道形成事業」や「防災安全みちづくり事業」、パナソニックが展開する事業場の緑化推進『共存の森』活動の支援を受け、2013年4月に開設。広く一般の方々に向けて開放し、ご利用いただいています。
地域の生態系ネットワークの保全と大規模災害発生時の事業継続および帰宅困難者支援を考慮して整備した緑化ゾーンで、広さ150㎡の池をはじめ、気候風土に適した樹種の植栽、太陽光発電や風力発電等で構成されています。

環境展示会

東京ビッグサイトで開催された環境とエネルギーの未来展「エコプロダクツ2017」に今年も出展し、「パナソニック環境ビジョン2050」の実現に向けて、最大限の省エネと、より多くのクリーンなエネルギーを創っていく姿を紹介しました。

環境展示会
環境展示会
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)をさらに進化させた、エネルギー収支ゼロを超える住まい「ゼロエコ」を体験していただきました。
環境展示会
新概念の換気・空調システム「エアロハスのヒミツ」を紹介しました。
創業50周年記念

『パナホームファミリーの森』
開設から5年が経過
約10,000本の植樹の生育状況について

2013年10月、創業50周年記念プロジェクトの一環として『パナホームファミリーの森』を、岩手県宮古市と岐阜県高山市の2ヶ所に開設しました。

当プロジェクトは、2013年10月1日~2014年9月30日にかけて1年間実施した、お施主さまとパナホーム社員による約10,000本の植樹活動です。

『パナホームファミリーの森』には、パナホーム社員の寄付金による1,500本の植樹に加え、当社グループが、期間中にご契約をいただいたお施主さまにつき1本の植樹をおこないました。

最初の植樹から約5年の月日が経過し、
宮古では、緑が茂る野原一面には、オオヤマザクラ、ミズナラ、ナナカマドが150cmまで成長しており、すくすくと育っている様子が確認できました。

また山の斜面に木々が生い茂る高山の植栽エリアでは、ミズナラ、ケヤキ、ブナ、ヤマザクラ、ヤマグリなどが元気よく成長しており、リス、ウサギ、イノシシ、シカ、カモシカなど生き物が行き交う緑地にもなっています。

今後も、木材の利用など自然の恵みに支えられている企業の責務として、持続可能な地球環境を次代へ引き渡すことを目的に、生物多様性の保全を含む自然環境保全活動に積極的に取り組んで参ります。

岩手県宮古市川井
植樹前
植樹後
ナナカマド
ミズナラ
岩手県宮古市川井
パナソニックホームズ植栽エリア
ヤマグリ
ヤマザクラ
カモシカ

2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。