パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > SDGsの取り組み > つくる

SDGs2 つくる

自然環境から社会環境へ配慮して
こころ豊かな暮らしをつくる

森林から暮らしまで
SDGsに貢献する
バリューチェーン

パナソニック ホームズでは、建築資材からお客さまの暮らしまで、すべてにおいて環境や社会にどのような影響をもたらすかを検証・分析して、SDGsの目標に向けて取り組んでいきます。

調達→設計・開発・生産輸送・施工→商品・サービス

パナソニック ホームズのバリューチェーンとSDGs

調達

取引先様と協力して「パナソニックグループ木材グリーン調達ガイドライン」に基づく取り組み、また調達職能が中心となり、全購入先様と一体となって「商品力強化」「環境負荷の削減」「合理化成果獲得」を目指す「Ecology Value Creation活動」の実施など、調達分野でも持続可能な活動を行っています。

貢献するSDGs

10:人や国の不平等をなくそう

12:つくる責任つかう責任

13:気候変動に具体的な対策を

16:緑の豊かさも守ろう

16:平和と公正をすべての人に

17:パートナーシップで目標を達成しよう

2018年度パナソニック
木材グリーン調達実績

優先調達に努める木材・木質材料

適切に管理された森林から産出された木材・木質材料,木質系再生資源

調達適合とする木材・木質材料

●伐採時の合法性が確認された木材・木質材料15%●業界団体等によって合法性の認定が得られている木材・木質材料30%

調達排除に努める木材・木質材料

伐採時の合法性が確認できない木材・木質材料0%

設計・開発・生産・輸送・施工

少ない材料で、安心の地盤を実現

軟弱地盤における地盤補強工法が多様化していますが、軟弱地盤が深くまで続く場合は特に、多大な補強費用がかかります。パナソニック ホームズではトンネル工事用の補強材に着目し、独自に「拡張パイル工法」を開発。地盤に鋼管を貫入してから体積を増加させ、鋼管と周辺地盤との高い摩擦力を生むことで、従来工法よりも省エネ、省資源で地球に優しい工法を実現しました。

貢献するSDGs

7:エネルギーをみんなに、そしてクリーンに

9:産業と技術革新の基盤をつくろう

11:住み続けられるまちづくりを

12:つくる責任つかう責任

13:気候変動に具体的な対策を

拡張パイル工法イメージ図

拡張パイル工法イメージ図

「2018年度資源循環技術・システム表彰」(主催:一般社団法人産業環境管理協会、後援:経済産業省)において「奨励賞」を受賞

工場でのゼロエミッション化

工場から排出された廃棄物に対し、徹底した分別による再資源化・省エネルギー化などに取り組むことで、全ての生産工場で廃棄物の排出をゼロにするゼロエミッション化を達成しています。

スチレン付石膏ボードを分離してリユース

木粉は圧縮し減容化、おかくずとしてリユース

工場間輸送の
車種大型化によるCO2削減

日本の二酸化炭素排出の2割を占めると言われている物流業界に対し、当社の物流部門では、トラック運転手がトレーラーの貨物を配送先まで届けずに、中継地で別の荷物を積んだトレーラーと交換して運行しています。このように、トラックの台数を減らし、積載量を上げることで、1ケ月当たりのCO2排出量を削減しました。

※環境省 物流分野におけるCO2削減対策促進事業(国土交通省連携事業)資料より

工場間輸送イメージ図(Before)

工場間輸送イメージ図(Before)

↓

工場間輸送イメージ(After)10tトラックからコンテナ輸送に変更

工場間輸送イメージ(After)10tトラックからコンテナ輸送に変更

改善ポイント● トレーラー車輌導入➡ 積載量UP● 静岡県でヘッドとシャーシーを入替えて運行 ➡ 連続運転防止● 配送先での休憩(8時間)を自宅での休憩(8時間)へ ➡ 乗務員さんの負担軽減

改善ポイント● トレーラー車輌導入➡ 積載量UP● 静岡県でヘッドとシャーシーを入替えて運行 ➡ 連続運転防止● 配送先での休憩(8時間)を自宅での休憩(8時間)へ ➡ 乗務員さんの負担軽減

グリーンロジスティクス

湖東物流センターと九州中継センター間の輸送手段を陸路から海路へと変更し、CO2排出量を削減しました。これらの取り組みが評価され、国土交通省から「エコシップ・モーダルシフト優良事業者」として、住宅業界初の認定を取得しています。

※2012年度当社調べ

海路による輸送でCO2排出量削減

海路による輸送でCO2排出量削減

ストレッチフィルムの厚み変更による
プラスチック廃棄物の削減

新築施工現場から発生する廃棄物削減の取り組みの一環として、物流過程において、建設現場へ配送する資材の荷崩れ防止のため、養生するビニールストレッチフィルムの厚みを変更し、プラスチック廃棄物の発生抑制に努めております。

Plastics Smart

ストレッチフィルム

商品・サービス

ずっと住みやすい家

優れた基本品質・性能、資産価値の持続で、末長く住み続けられ、受け継がれていく家。ずっと住みやすい家の提供で、資源やエネルギーのムダを減らし環境社会に貢献していきます。

貢献するSDGs

3:すべての人に健康と福祉を

11:住み続けられるまちづくりを

12:つくる責任つかう責任

充実のサポート体制

パナソニック ホームズの家づくりは、建物が完成したら終わりではありません。長期視点の品質にこだわったパナソニック ホームズならではの60年長期保証延長システムをはじめ、充実のサポート体制でお住まいの資産価値を維持し、お客さまに末長い安心と満足をお届けします。

60年長期保証延長システム、60年長期メンテナンスサポート、お客さま相談24時間365日受付サービス

長期視点の住まいづくり

ストック型社会の発展をめざし、国土交通省が推進する「長期優良住宅認定制度」。パナソニック ホームズはその基準に標準仕様で適合しています。

住宅性能表示制度

長期優良住宅の認定も、この評価基準が一部準用されるなど、日本の住宅品質の根幹を決める法律「品確法」。その基準にも複数の項目でトップランクに対応しています。

お客さまと一緒に目指す持続可能な社会

有害汚染物質(NOx)を分解し、空気を浄化

キラテック

15年間でポプラ約95万本相当の大気浄化機能

タイル外壁「キラテック」は、光触媒作用によって、大気中の有害汚染物質NOx(=窒素酸化物)を分解し、浄化する力を持っています。そのNOx分解力は200㎡あたりポプラ約14本分(TOTO調べ)。空気をきれいに浄化して、地球環境に貢献するタイルです。

※外壁面積200㎡/棟、1棟あたりポプラ14本分の大気浄化効果として換算

その他の取り組み・活動

[つなぐ]進化するまちづくりで未来へつなぐ

[つくる]自然や暮らしに貢献する住まいづくり

[くらす]笑顔あふれる家で持続可能な暮らし

[まもる]地球の環境を守るための活動


2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。