Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

航空写真

航空写真

外観

現地に臨むおとめ山公園(約20m・徒歩1分)より撮影(2020年4月)

外観

  • REPLAY

「おとめ山公園」 × JR山手線「目白」駅徒歩9分 × 第一種低層住居専用地域 100㎡超 公園向き南住戸ご案内 「おとめ山公園」 × JR山手線「目白」駅徒歩9分 × 第一種低層住居専用地域 100㎡超 公園向き南住戸ご案内

information

新モデルルームグランドオープン<完全予約制> 新モデルルームグランドオープン<完全予約制>

新型コロナウイルス感染予防対策についてのお知らせ 新型コロナウイルス感染予防対策についてのお知らせ

この地が語る、名家に住み継がれた系譜。 この地が語る、名家に住み継がれた系譜。

かつて多くの大名屋敷が建ち並び、明治以降は学習院大学があることからも皇族や華族とのつながりが深い目白周辺。旧熊本藩細川家の下屋敷であった肥後細川庭園、明治の元勲、山縣有朋が暮らし作庭も手がけたという椿山荘など、歴史の重鎮や名家ゆかりの場所が連なり、格式の高い街並をつくっています。中でも徳川家の歴代将軍が狩場として、庶民の立ち入りを留めたことから「御留山」と呼ばれるようになった一画は、明治には近衛公爵邸として、大正の始めからは相馬子爵邸として受け継がれ、泰然として美しい邸宅地の系譜を今に伝えます。 かつて多くの大名屋敷が建ち並び、明治以降は学習院大学があることからも皇族や華族とのつながりが深い目白周辺。旧熊本藩細川家の下屋敷であった肥後細川庭園、明治の元勲、山縣有朋が暮らし作庭も手がけたという椿山荘など、歴史の重鎮や名家ゆかりの場所が連なり、格式の高い街並をつくっています。中でも徳川家の歴代将軍が狩場として、庶民の立ち入りを留めたことから「御留山」と呼ばれるようになった一画は、明治には近衛公爵邸として、大正の始めからは相馬子爵邸として受け継がれ、泰然として美しい邸宅地の系譜を今に伝えます。

※掲載の航空写真は、2019年8月に撮影のものに一部CG加工を施したものです。

※掲載の建物竣工写真は2019年11月に撮影したものです。共用部のご利用には管理規約がございます。

※image記載のある写真は全てイメージです。

※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。

※掲載の写真は建物内モデルルーム(I Type・205号室・販売済み)を2019年11月に撮影したもので、有償オプションが含まれております。住戸により、眺望、室内の形状、色彩、仕様等は異なります。家具・調度品等は販売価格には含まれておりません。