構造 | パークナード・グラン吹田SST - Panasonic
Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

QUALITY/EQUIPMENT

設備仕様/クオリティ

目に見えないところまで
こだわる住品質

直接基礎

地盤は比較的浅いところに強固な支持層があるため、基礎全体で建物の荷重や地震などによる負荷をバランスよく支える、直接基礎(独立基礎)構造を採用しています。また、一部に地盤改良や柱状改良を行なっています。

外壁

コンクリート厚は約150㎜~約180㎜(一部除く)、室内側はコンクリートに断熱材を吹付けており、断熱効果を高めます。

コンクリート強度

コンクリート強度は30~33N/m㎡。50%以下の水セメント比などを組み合わせ、耐久性向上を図ります。
※外構等を除く。

溶接閉鎖型帯筋

主要構造部の柱には、接続部を溶接した溶接閉鎖型帯筋を採用。柱のねばり強さを高め、地震などのせん断力への補強効果を高めます。

戸境壁

住戸間の壁は鉄筋コンクリート造としています。遮音性に配慮し、隣戸への音の伝わりを抑えています。

高い遮音性を実現した
パイプスペース

居室に接するパイプスペース内の排水竪管は、グラスウールで包んだうえ遮音シート巻きとしました。さらに居室に接する間仕切り壁はプラスターボードの二重貼りとしています。
※一部除く。

ダブル配筋

構造耐力上主要な壁の鉄筋は、コンクリートの中に二重に鉄筋を配したダブル配筋としています。シングル配筋に比べ、より高い強度と耐久性を叶えます。

耐震スリット

主要な構造体と、非耐力壁との間に耐震スリットを設けました。地震時に建物が揺れても、主要構造体への負担を緩和することができます。

遮音フローリング

それぞれの住戸には、遮音性能ΔLL(Ⅰ)-4等級(LL-45相当)のフローリングを採用。住戸内を歩く音や、物を落とした際の音などが下階に伝わりにくいように配慮し、落ち着いた室内環境をもたらしてくれます。

コンクリートかぶり厚

鉄筋の表面を覆うコンクリートは、適切な厚みを確保することで、耐久性を保っています。
※部位、仕上げ状態により異なります。

地震時管制装置付エレベーター

エレベーター運転時に、地震による揺れを感知した場合には、速やかに最寄り階に自動停止してドアが開いて迅速な避難を促します。

住宅性能表示制度

国土交通大臣指定の第三者機関が客観的に住宅性能を評価する「設計住宅性能評価」を取得、完成した建物の評価である「建設住宅性能評価」も取得予定です。

劣化対策等級3(最高等級)

耐久性の高い建物を目指して、構造駆体等の劣化対策等級3(最高等級)にあたる構造体を実現しています。
※劣化対策等級とは構造躯体等に使用する材料の交換等の大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要対策の限度のことです。※表示等級は部材自体の単体性能であるため、実際の住宅内での性能とは異なる可能性があります。

<ファミリー向け分譲マンション>

「パークナード・グラン吹田SST」

  • ファミリー向け分譲マンション「パークナード・グラン吹田SST」資料請求
  • ファミリー向け分譲マンション「パークナード・グラン吹田SST」来場予約
資料請求していただいた方へ、
一般サイトでは公開していない間取りや情報などを送付しております。
より詳細な物件情報をご確認いただけますので、
是非この機会にご請求ください。
※室内写真はモデルルームFタイプを撮影(2021年6月)したものでオプション仕様等を含みます。また照明器具・家具調度品等は販売価格に含まれておりません。フローリング・建具等の色目は、画面の都合上、多少異なる場合がございます。マンションギャラリーでお確かめください。
※一部CG加工を施しております。
※掲載の概念図は、実際とは異なる場合があります。予めご了承ください。