見えない場所にこそ、
確かな安心と信頼を添えて。

  • 杭基礎工法【場所打杭】

    強固な支持地盤へコンクリート杭を打ち込み、高い耐震性を実現しました。万一の地震発生時にも建物をしっかりと支え、ご家族の安全を守ります。

  • 溶接閉鎖型帯筋

    柱の主筋に巻く帯筋には、継ぎ目を溶接処理した溶接閉鎖型帯筋を採用しています(一部除く)。これにより従来の非溶接型帯筋に比べ、柱にかかるせん断力への主筋拘束効果の向上が期待でき、地震の揺れに対してねばり強い構造となっています。

  • 強度と耐久性の高い外壁

    コンクリート厚は約150㎜〜300㎜を確保した外壁。鉄筋を二重に組むダブル配筋(一部千鳥配筋)により優れた強度・耐久性を実現しています。

  • 優れた断熱効果で快適な室内環境

    外壁は鉄筋コンクリートに約30〜45㎜厚の硬質発泡ウレタンフォームを吹き付け、空気層を挟んで約9.5㎜厚のプラスターボードを貼り付け、断熱性を確保。屋上は約60㎜の断熱材の上にアスファルト防水を施し、最下階住戸のスラブ下には約65㎜厚の断熱材を施しました。屋上・最下階のスラブ下は外断熱となり、日射・外気の影響から躯体保護の効果も高めています。

  • 遮音性の高い戸境壁、パイプスペース

    鉄筋を二重に組むダブル配筋を戸境壁に採用。優れた強度・耐久性とともに、約200㎜の厚さで遮音性も高めました。パイプスペース内の排水竪管は、石綿二層管(グラスウール遮音シート巻)(一部除く)を使用。また、パイプスペースと居室の間仕切り壁はプラスターボードを二重貼としています。

  • 水まわりにも遮音対策

    水まわりに面する間仕切り壁の居室側は、プラスターボードの二重貼+グラスウール充填として遮音性・プライバシーを高めました。 (一部除く)

  • コンクリートスラブ

    遮音性に配慮し、主要な床のコンクリートスラブは約180㎜(在来スラブ)〜約250㎜(ボイドスラブ)を確保しています。またフローリングは遮音性に優れた⊿LL(Ⅰ)-4等級を採用。下階への音の伝わりを緩和しています。 (一部を除く)

  • 対震枠付玄関ドア

    玄関ドア枠とドアとの間に隙間を確保することで、扉と枠の接触抵抗を軽減し、強い地震時にも避難路を確保できるよう配慮しました。

  • AED

    心停止状態の人の救命率を上げるAEDを1階に設置しました。自動的に心電図を解析して、必要に応じて電気的なショックを与えます。その場に居合わせた人にも簡単に操作可能です。

  • 品質管理

    基礎工事・躯体工事から各種仕上げ工事において、1.施工会社、2.工事監理者(設計会社)、3.確認審査機関、4.住宅性能評価機関の4つの視点に加えて、パナソニック ホームズの品質管理専門スタッフが入念なチェックを実施します。

  • 品確法の住宅性能表示制度に基づく
    2つの「住宅性能評価書」

    「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づいて、国が指定する第三者機関が住宅の性能を評価する制度のことです。耐震性や省エネ、耐久性、居住性など住まいの性能が10項目に分類され、一般の方にも分かりやすく表示されます。

  • 【フラット35】S登録マンション ※1

    住宅金融支援機構が定める厳しい条件をクリアした物件に適用される金利優遇制度【フラット35】Sベーシック(金利Bプラン)が利用可能です。

  • ※1【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みになった場合は、受付が終了となります。詳細は住宅金融支援機構のホームページなどでご確認ください。プラン内容は今後変更される場合があります。
  • ※掲載の設備写真はBtype(202号室)を撮影(2019年7月)したものです。※一部、参考写真を含んでおり、実際とは異なる場合がございます。
  • ※掲載の内容については、一部該当しない住戸・箇所・部分・項目等がございますので、詳細は係員にご確認ください。