Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes
パナソニック ホームズ > 土地活用・賃貸住宅経営 TOP > 土地活用実例集 TOP > 専用賃貸住宅 2階建(21)

専用賃貸住宅 2階建
21 東京都小平市 / 専用賃貸住宅 1棟18戸

遊び心やふれあいが生きる、個性豊かな新時代の賃貸住宅。


大邸宅を思わせながらも、さくらホワイトのキラテックタイルがやさしい雰囲気を醸し出す『フェリーチェ』全景。オーナーさまの愛車の愛称「てんとう虫」が各所にデザインされている。


てんとう虫がデザインされたネームサイン。


エントランスホールの一角に設けられた共用リビングでは季節ごとの飾り付けも。

名称:フェリーチェ
敷地面積:1071.79㎡(約324.21坪)
棟数・戸数:屋内共用スタイル 1棟・18戸
間取り:1LDK(32~42.98㎡)・2LDK(54.65~54.70㎡)
駐車場:9台

事業計画のポイント

地域のモデルとなる先進の賃貸住宅。

玉川上水の豊かな自然が残る閑静な住宅地にオープンした『フェリーチェ』は、1,000㎡を超える敷地を有効活用した全18戸の大型賃貸住宅です。効率よく収益を上げるよりも、生まれ育った土地で長く安定した経営を続けたいとお考えのオーナーさまは、「20年間はこの近辺でトップを走れる賃貸住宅にしようと計画しました。あらゆる面でこれから先のニーズに合わせたものが出来たと満足しています」とおっしゃいます。さくらホワイトのキラテックタイルを採用した邸宅のような外観、ガラス張りの吹き抜けから明るい光がさし込むおしゃれなエントランスホール、オートロックや監視カメラによる充実のセキュリティ、入居者に上質な暮らしを提供する最新設備など。デザイン・設計・設備のすべてにおいて先進のアイディアが採り入れられています。


明るく開放感にあふれた吹き抜けのエントランスホール。


オーナーの思いに寄り添う資産活用。

「パナホームに依頼して一番よかったのは、最初から最後まで徹頭徹尾、私たちに寄り添って考えてくれたこと。私たちの意見をなんとか形にしようと努力して頂けたのが嬉しかったですね」とオーナーさま。その一例がエントランスホールに設けられたハイグレードな共用リビング空間です。完成と同時に1室に移り住まれたオーナーさまご夫妻は、季節の行事の演出空間としても活用、入居者の方々から喜ばれています。また「住む人が互いに顔のわかる賃貸住宅にしていきたい」との思いから、“ワインの夕べ”など入居者が参加できるミニイベントもパナホームと一緒に開催。
イタリア語で「幸せ」の意味を持つ『フェリーチェ』は、先進の建物というハードに加え、暮らしの楽しさや安心というソフト面でも入居者が魅力を感じる、付加価値の高い賃貸住宅です。


ナノイー搭載の空気循環パネルをリビングに設置するなど、居室の随所に先進設備を採用。


担当者のコメント株式会社パナホーム多摩 特建営業部 資産活用営業所 山田 隆

担当者写真代々大切に土地を受け継いでいく、そのお手伝いをするのが資産活用営業です。だからこそ、後世に残せるような資産価値をご提案するのが使命だと考えています。大切にしているのは「入居者が本当のお客さま」という視点。入居者に愛される賃貸住宅をつくることが安定経営を実現するからです。
(写真右が山田、左は新人の西川)


オリジナル資料差し上げます

資産の価値を高める土地活用・賃貸住宅のノウハウや実例集、商品カタログなど役立つ資料をご用意しています。

土地有効活用による
節税対策Q&A
カタログ画像:土地有効活用による節税対策Q&A
ラシーネ
コンセプトブック
カタログ画像:ラシーネ コンセプトブック

賃貸住宅の建て替えのご相談は、当社へ

賃貸住宅の経営や建築、土地活用、法律や税金についてなど、お悩みのことをお気軽にご相談ください。

事業提案サービス

活用する土地の現況と市場性などを考え、経験豊かなプロが事業計画書を作成し最適なプランをご提案。

ページの先頭に戻る


2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

土地活用・医療介護