Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes
パナソニック ホームズ > 土地活用・賃貸住宅経営 TOP > 土地活用実例集 TOP > 定期借地権住宅・複合型事業(3)

実例に学ぶ土地活用定期借地権住宅・複合型事業
3静岡県浜松市 / 専用賃貸住宅複合プラン 3棟3戸+3棟12戸

  • 2018年4月1日以前に掲載された実例です。
  • 掲載内容につきましては当時のままで表記されています。

入居者の暮らしを育む環境価値の高い土地活用。

夜間照明に映える、ベル・フィオーレIII。全体で約500坪の敷地を平屋建て戸建賃貸、2階建て集合賃貸で複合活用しています。

遊歩道を設け歩車道を分離した、平屋建て戸建賃貸ゾーン。

2階建て集合賃貸ゾーン。共用玄関は、オートロック仕様で安全・安心。

オーナー
Mさま
名称
ベル・フィオーレIII
敷地面積
1165㎡
棟数・戸数
戸建 3棟・3戸
集合 3棟・12戸
間取り
3LDK(68.88㎡) /
2LDK(51.04㎡)

プランの特長

  • 持家並みの水まわり設備とエコキュートを採用
  • オートロックシステムで安全・安心の住環境
  • 遊歩道やスロープを設けた敷地計画
  • 夜間の安全性と、景観に配慮した照明計画
  • 入居者の交流を育むコミュニティゾーンの設置

敷地全体の環境価値を追求。

JR浜松駅から車で約10分、落ち着いた佇まいの住宅地の緑豊かな公園の向かいに、約500坪の敷地を有効活用した「ベル・フィオーレIII」が誕生しました。
「せっかくパナホームに計画してもらうのだから、この立地とスケールを生かし一体感のあるいい環境をつくりたいと考え、特に夜間のライティングについて要望しました」とオーナーのMさま。
事業計画は、道路をはさんで平屋の戸建賃貸住宅3棟と集合賃貸住宅3棟12戸をゆったりと配置した複合型土地活用。芝生やベンチのあるコミュニティゾーンや遊歩道を設け、通常の1.5倍の照明設備を入れて敷地全体をライトアップするなど、ファミリーの入居者にも地域の方々にも安全性や環境の良さを実感していただける土地活用を実現しました。

ファミリー層に配慮した、芝生やベンチのあるコミュニティゾーン。

最新の設備で経営価値もアップ。

カラーコーディネートされたキッチンと洗面ユニット。

リビングに勾配天井を配したゆとりのLDK。

「ベル・フィオーレIII」のもう一つの特長は、入居者に快適な「暮らしの価値」を提供する最新設備です。月々の光熱費を軽減するエコキュート仕様のオール電化を全戸に取り入れ、水まわり設備は持家並みのクラスを採用、カラーコーディネートにもこだわりました。
戸建賃貸の「ベル・フィオーレI・II」に続き、今回が3期目のお付き合いになるMさまは、RC造の大きな物件もお持ちです。
「自分の経験から、次の世代が苦労するような建物は避けたかったので戸建賃貸を選びました。戸建ならパナホーム、この地域では有名です。賃貸経営は長いスパンでの品質や維持管理の保証が重要ですから、メーカーへの信頼は大事だと思います」。

担当者のコメント株式会社パナホーム静岡 西部土地活用営業所 所長 小川 征夫/柿沼 貴幸

担当者写真戸建賃貸は供給量が圧倒的に少ないため賃貸市場では希少価値が高く、安定性や資産分割のしやすさを重視されるオーナーさまに適した土地活用の手法です。これからの賃貸経営は、環境価値や入居者の暮らしの価値を高めることが安定経営に繋がります。そのため設計や工事においても細かいルールを決め、物件の完成度を追求しています。

オリジナル資料差し上げます

資産の価値を高める土地活用・賃貸住宅のノウハウや実例集、商品カタログなど役立つ資料をご用意しています。

  • 成功する 賃貸住宅経営の本

    カタログ画像:成功する賃貸住宅経営の本
  • エルメゾン ラインアップカタログ

    カタログ画像:エルメゾン ラインアップカタログ

土地活用・賃貸住宅経営はパナソニック ホームズで


2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

土地活用・医療介護