Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes
パナソニック ホームズ > オリジナル技術 > 家族を守る構造技術 パワテック > 制震鉄骨軸組構造

パナソニック ホームズの「オリジナル技術」


制震鉄骨軸組構造 <HS(ハイパースペース)構法>

制震技術で進化した、制震鉄骨軸組構造。確かな耐震性能で、大空間を実現します。

  • パワテックの要 新開発のアタックフレーム
  • 5寸角の檜柱に匹敵する80mm角の鉄骨柱
  • 頑強な鉄筋コンクリート造の連続布基礎
  • ボルトによる頑強な接合
  • 大スパンを可能にする鉄骨梁

鉄骨の柱と梁をがっちりと組み上げ、先進の座屈拘束技術を採用した「アタックフレーム」をバランスよく配置。この構造では、鉄骨や基礎の強度に加え、ボルトによる強固な接合でトータルな強さを確保。さらに、外力による引張にも圧縮にも強い構造は、地震や台風などによる大きなエネルギーにも強い耐力を発揮します。構造体の「強さ」を高めて地震対応力を進化させた、新開発の制震鉄骨軸組構造。 平屋から3階建まで対応し、のびやかな大空間も叶えます。

高層ビルで用いられる座屈拘束技術 アタックダンパー

HS構法の制震構造は、斜材部に「座屈拘束+低降伏点鋼」を使用した「アタックダンパー」を採用。強靭な耐力壁(アタックフレーム)で揺れを低減し、「引張」「圧縮」の両方で耐力を発揮。地震の大きな力が繰り返し加わっても、座屈変形を防いで建物の損傷を最小限に抑えます。

頑強さと大空間を可能にする鉄骨柱・鉄骨梁

制震鉄骨軸組構造では、鉛直の荷重を柱全体で均一に受け止められるよう、1階の柱には厚さ3.2mm、80mm 角の鉄骨柱を採用。柱1本で約5寸角の檜の柱に相当する強度100kN(10.2tf)もの長期荷重に耐えることができます。
大きな力がかかる床面には変形を小さく抑えるため、床梁には梁せい(梁の高さ)250mm のLH 梁を採用。それにより19.6 kN(2tf)の荷重がかかった場合のたわみは、断面積がほぼ同じ梁せい200mmの梁の約半分以下に抑えられます。

※建物階数、建設地域により異なります。

強度とともに安心を増した強力接合部

柱や梁が本体の強度を発揮するには、各部材同士の接合部の強度が重要です。制震鉄骨軸組構造ではM12ボルトを用い、各部材を強固に接合しています。特に強い力がかかるアタックフレームの接合部はM16ボルトを、基礎と柱の接合部にはM16アンカーボルト、アタックフレームとの接合部にはM24アンカーボルトを使用しています。

※多雪地域・3階建の場合M24アンカーボルトになります。

  • 基礎・柱接合部太径鉄筋を主筋とした基礎に強靱なM24アンカーボルトでしっかりと固定。
  • アタックフレーム接合部特に強い力のかかるアタックフレームの接合部はM16アンカーボルトで固定。
  • 柱・梁接合部部材同士を結合するジョイントブロックで柱・梁をしっかり固定し、強さを発揮。
  • 水平ブレース接合部2階の床面に水平ブレースを設置し、剛性を高めています。

建物をしっかりと支える頑強な基礎構造

地震や台風時にアタックフレームが本来の性能を発揮するためには、それらを受け止められる強い基礎が必要です。
土地ごとに異なる地盤の性質を入念に調査し、最適な基礎設計を実施。シンプルな構造と強靭さを合わせ持つ鉄筋コンクリート造布基礎にはD19という太径鉄筋を主筋に用いて強度をアップ。基礎の立ち上がり幅には業界トップクラスの170mmを確保しました。また、災害時にも粘り強く耐えられるように断面設計しています。工場で生産された事前組立のユニット鉄筋を使用することで、基礎の施工品質も安定しています。

※工業化住宅業界において(2015年3月当社調べ)

基礎立ち上がり幅を170mmとすることで、保持範囲を大きく確保。アンカーボルトが基礎から抜けることを防ぎます。

※ベース幅や配筋は地耐力や建物仕様により異なります。

業界最小※15cmきざみで設計できるマルチモジュールシステム

HS構法では、90㎝モジュールを基本に15㎝のサブモジュールを併用した「マルチモジュールシステム」を採用。優れた耐震性能の制震鉄骨軸組構造が実現する、業界最小15㎝きざみの柔軟な設計で、空間の広がりや天井高を細かく調整できます。敷地と空間を最大限に活用し、こだわりの住まいを実現します。
※工業化住宅業界において(2015年3月当社調べ)

高さも幅も15cmきざみで調整可能

  • ※柱やアタックフレームの移動には一部制限があります。
  • ※天井高に関しては、2415mmを基準に±15cm、全部で3段階の設定になります。
  • ※上の図は、説明用のイメージ図です。

敷地制限ぎりぎりまで活用。

  • ※民法上では敷地境界線から50cm以上の空き地が必要です。
    隣家との事前協議が必要となります。
  • ※メンテナンスのために有効30cmのスペースが必要です。

2階リビングをハイ天井でのびやかに。

|  制震鉄骨軸組構造  |  → 大型パネル構造  |  → 重量鉄骨ラーメン構造  |

パワテック
耐震性に優れた鉄骨構造
  1. 制震鉄骨軸組構造
  2. 大型パネル構造
  3. 重量鉄骨ラーメン構造
耐震性の実証
実大住宅振動実験
地震発生時の安全配慮
地震後の安心配慮

実大住宅振動実験の動画を公開


  • パナソニック ホームズ HOME
  • 戸建住宅 TOP

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

多層階

分譲住宅・マンション

リフォーム

中古住宅

土地活用