Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

土地活用のお役立ち情報

土地活用
トップへ戻る
パナソニック ホームズ トップ > 土地活用 > 土地活用のお役立ち情報 > 賃貸住宅経営のすすめ > はじめての土地活用Q&A

はじめての賃貸住宅経営

はじめての土地活用Q&A土地活用の疑問やご相談に経験豊富なスタッフがお答えします。

賃貸併用住宅とは何ですか?

ご自宅に賃貸部分を併設した住宅のことで、賃貸部分からの家賃収入によってローン負担を軽減したり、副収入を確保することができます。賃貸住宅との併用が一般的ですが、立地条件等によっては店舗などとの併用も考えられます。

賃貸併用住宅で家族のプライバシーは確保できますか?

はい、大丈夫です。玄関を別にしてご自宅部分と賃貸部分を完全に分離することができます。また、上階にご自宅を配置するマンションタイプの場合は、ご自宅直通の専用のエレベーターを設置してプライバシーの確保をはかることもできます。

賃貸住宅・アパートはどの程度の収益が見込めますか?

賃貸住宅の収益は、立地条件・住戸数・資金計画に大きく左右されます。

立地条件:
敷地が位置する沿線や最寄り駅、駅からの距離、生活上の利便性、周辺環境などのこと。これによって家賃相場が決まります。
住戸数:
つまりは家賃を払ってくれる入居者の世帯数です。賃貸住宅の住戸数は敷地の広さや法的規制(建ぺい率や容積率など)、単身者向けかファミリー向けかなどによって決まります。
資金計画:
自己資金の割合です。自己資金の割合が高いほどローン返済が減り、収益性がアップします。

これらの諸条件によって、賃貸住宅の収益は変わってきます。具体的な収益についてお知りになりたい方は、土地活用提案サービス(無料)をご利用ください。

土地活用提案サービスの申し込みはこちら

賃貸住宅・アパートは税金が軽減されるそうですが、どんな節税効果があるのですか?

  • 毎年かかる土地の固定資産税・都市計画税を軽減できます。
  • 土地・建物の相続税評価額を引き下げ、相続税の負担を軽減できます。
  • 建築費を長期間に分けて必要経費にできるので、所得税・住民税が軽減できる場合があります。
  • 不動産取得税の軽減・青色申告特別控除など、他にもさまざまな税務上のメリットを受けることが可能です。

賃貸住宅・アパートは入居募集や家賃の回収など、管理運営が面倒では?

パナソニック ホームズグループでは、賃貸住宅・アパートの管理運営まで含めてトータルに土地活用をご提案しています。入居募集・家賃管理・設備等の修繕対応・入居者入れ替え時の原状回復工事など、煩雑な管理運営業務はパナソニック ホームズ不動産にお任せください。オーナーさまの賃貸住宅・アパートを全室まとめて借り上げる「一括借り上げシステム」、管理運営業務全般を代行する賃貸管理システムの2タイプのメニューをご用意しています。

少子高齢化が進む中、賃貸住宅・アパートを建てても入居者がいるか心配です。

確かに昔に比べて賃貸住宅間の競争は厳しさを増し、いわゆる借り手市場となっています。しかし、すべての賃貸住宅・アパートが同じように苦戦しているわけではなく、安定した入居を維持している物件と長期空室を抱える物件に二極化しているのが現状です。商品開発・市場調査・事業計画の作成・賃貸管理にいたるまで、すべてのプロセスで長期にわたり入居者に選ばれ続ける賃貸住宅のあり方を追求。その実績とノウハウをお客さまへの提案に生かしています。

サービス付き高齢者向け住宅とは何ですか?

介護・医療と連携して高齢者を支援するサービス(ケア)を提供する、パナソニック ホームズの高齢者向け住宅です。介護事業会社や医療機関が自主建築されるケースと、土地オーナーさまが建築した建物を運営事業者さまが借り上げるケースがあります。今後予想される「高齢者のみ世帯」の急激な増加に備え、建設費の補助金制度など、建主に対する国の支援措置もスタートしています。

ケアリンクシステムとは何ですか?

パナソニック ホームズでは、サービス付き高齢者向け住宅のオーナーさまと運営事業者さまの双方が、リスクを回避しながら安定経営を実現できる独自のサポートシステムをご用意。新築いただいたケア付高齢者住宅を、管理部門のパナソニック ホームズ不動産が最長25年間一括借上げ。オーナーさまに代わり貸主となり、運営事業者さまに転貸します。

定年退職して年金生活ですが、賃貸住宅・アパートやサービス付き高齢者向け住宅を建てるためのローンを組めますか?

賃貸住宅・アパートの建築資金を融資するアパートローンがあります。アパートローンの融資条件は金融機関によって異なりますが、融資対象者はおおむね20歳以上であれば年齢制限はありません。年金生活の方であっても、融資対象物件の収益性や担保価値によって、また成人の法定相続人が保証人になることで、ローンを組むことが可能です。また、信頼性の高い企業の一括借上げにより金融機関に対する与信力が高まり、融資が受けやすくなります。


土地活用をご検討中なら
パナソニック ホームズに
ご相談ください

土地活用の成功のカギを握るのはパートナーとなる会社選び。
パナソニック ホームズには、全国で多くのオーナーさまに選ばれ続けてきた、確かな理由があります。

パナソニック ホームズの
土地活用の強み

土地活用をご検討の皆さまに、カタログをプレゼントいたします。
ご興味のあるカタログを取り寄せて、ご検討にお役立てください。

カタログを取り寄せる

2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

土地活用