Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

技術力

土地活用
トップへ戻る
パナソニック ホームズ トップ > 土地活用 > 技術力 > 資産の価値

資産の価値

最高ランクの耐震等級3※と自由度の高い設計対応力で、資産の価値を高め、経営を支えます。最高ランクの耐震等級3※と自由度の高い設計対応力で、資産の価値を高め、経営を支えます。

資産価値の高い賃貸住宅を実現するために、独自の構造技術「パワテック」を採用し、大地震にも繰り返し発生する地震にも強い強固な構造体を実現。さらに、その価値ある住まいを光触媒タイル「キラテック」が美しく彩ります。建物を守り続ける頑強な構造とともに外壁の性能までも追求した賃貸住宅は、入居者の暮らしとオーナーさまのかけがえのない資産を大切に守り続けます。

※品確法の住宅性能表示制度に対応した構造耐震等級は最高ランクの等級3です。ただし、建物によっては等級3とならない場合があります。

大地震はもちろん繰り返す地震からも建物の損傷を抑えたい制震鉄骨軸組構造
<HS構法>

制震鉄骨軸組構造<HS構法>

繰り返す揺れに強さを発揮し大切な資産を守る 制震構造

HS構法の制震構造は、斜材部に「座屈拘束+低降伏点鋼」を使用した「アタックダンパー」が要。それを採用した耐力壁「アタックフレーム」で揺れを低減し、「引張」「圧縮」の両方で耐力を発揮。地震の大きな力が繰り返し加わっても建物の損傷を最小限に抑える、優れた制震技術を採用しています。

ATACK FRAME(アタックフレーム)

Anti Tense(引張)+Anti Compress(圧縮)K-Frameの頭文字から成る造語。「引張にも圧縮にも力を発揮するK型フレーム」という意味を持つ、高耐力フレームです。

アタックダンパーの構造と加振中のCGイメージ(地震エネルギーを熱に変換)

超高層ビルで用いられる
「座屈拘束+低降伏点鋼」

座屈拘束技術は、地震時の揺れで建物を支える材料が変形しないようにする技術で、現代の制震技術を代表するものです。HS構法では、その先進技術をダウンサイジングし、耐力壁の強度と地震エネルギーの吸収能力の高さを実現。さらに制震材料の低降伏点鋼を使用することで繰り返す地震に対する強さを高めています。

強靭な建物を追求し実大住宅振動実験で実証した 繰り返す大地震への強さ

東日本大震災の築館波などの大地震57回、さらに中地震83回という140回にも及ぶ過酷な振動実験を実施。度重なる加振にも建物や構造体に目立った損傷はありませんでした。また、阪神・淡路大震災神戸波の4.3倍のエネルギー量である東海地震を想定した施設の限界加振にも挑戦。その後の建物検証では、構造体の交換が必要となるような大きな損傷はなく、HS構法の地震に耐える強さを実証しました。

実大住宅振動実験の様子

※大地震は気象庁震度階級の震度5(強)以上、中地震は震度4および5(弱)程度の揺れを目安としています。 ※当実験は基礎がない状態で実施しております。基礎については、本実験施設では確認できないため、他の実験で建物が安全であることを確認しております。 ※建物条件によっては同様の実験結果とならない場合もございます。 ※今回の実験でHS構法の高い耐震性は確認できましたが、実際の地震におけるお客さまへの保証は保証基準によりますのでご注意ください。 ※当実験は2011年6月に実施しております。

設計の自由度を高め敷地を効率よく活用できる
15cmきざみの設計モジュール

HS構法は、15cmきざみの設計モジュールを採用。幅15cmきざみの設計と柱、アタックフレームの移動により、各階それぞれに適した自由度の高い空間を計画できます。また、間口の狭い敷地や変形敷地でもバランスのとれた建物配置ができるとともに、敷地を効率よく最大限に活用して庭や駐車場を確保することで周辺のイメージを高める、資産価値の高い経営が実現できます。

「柱やアタックフレームの移動可能」「幅15cmきざみで調整可能」

※民法上では敷地境界線から50cm以上の空地が必要です。隣家との事前協議が必要となります。 ※メンテナンスのために、敷地境界と建物の間には有効30cmのスペースが必要です。

強固な構造体で地震による荷重からしっかりと建物を守りたい大型パネル構造
<F構法>

大型パネル構造<F構法>

構造体全体で荷重をしっかり受け止め資産を守る モノコック構造

鉛直荷重(重力方向)と水平荷重

F構法は、壁や床、屋根などのパネルを一体化させた、「強固なブロック体」です。構造体全体で荷重をしっかり受け止める、いわゆる「モノコック構造」となっていることがポイント。地震や台風などの外力を、面全体で受け止め、建物全体にバランスよく分散し、優れた耐震性を発揮します。高耐力のパワテックパネルとアタックフレームを独自の構造耐力判定システムにより最適配置することで、お客さまのニーズにも幅広く対応。資産価値が長く続く安定した構造を追求しています。

新幹線や航空機でも用いられる
「モノコック構造」

構造材を面接合により一体化した、非常に頑強な構造のことです。地震や台風など、急激に集中する外力を建物全体に分散して受け止めることができるので、構造材そのものの強さを最大限に発揮することができます。新幹線や航空機など、強固な耐力を要求される構造物に用いられています。

短期シェルター工事で降雨時も安心の 快速施工システム

まず頑強な基礎をつくり、工場でパッケージ化された大型部材を建築現場に搬入。あとは熟練の専門工事技術者が正確・迅速に組み立てます。条件により短期で工事を終えることができるため、降雨時による建物内部への影響も軽減。工期の短縮によりコストダウンにもつながり、メリットがいっぱいです。

シェルター工事の流れ

シェルター工事に備え、前日までに足場の組み立てを完了。

1階大型外壁パネルの組み立て。

2階大型外壁パネルの組み立て。

屋根パネルや外部付属品を取り付けてシェルター工事完了。

※住宅の規模・形状や敷地の条件、当日の天候など、シェルター工事が1日で完了しない場合もあります。 ※写真は戸建住宅の施工事例となります。

末長く美しい外観でメンテナンスコストを抑えたい光触媒タイル
「キラテック」

光触媒タイル「キラテック」

光触媒技術を生かしたタイル外壁「キラテック」。汚れが付きにくく、汚れても雨で流れ落ちやすくするセルフクリーニング効果を発揮して、美しい外観を長く保ちます。
さらに空気浄化機能も備え、環境にも貢献します。

太陽光と雨を利用して美しさをキープ セルフクリーニング効果

タイル外壁「キラテック」の表面に太陽の光が当たると、親水性と分解力が生まれ、そこに雨が降ると雨水が汚れの下に入り込み、汚れを浮かせて落ちやすくします。これが「キラテック」のセルフクリーニング効果。メンテナンスの手間も軽減できます。紫外線の弱い日陰でも反射した紫外線による効果があり、親水性物質をプラスすることで、太陽光があたらない夜間も水膜が汚れをガードします。

ホコリ、チリの吸着を抑える

ホコリ、チリの吸着を抑える

光触媒の働きで親水性が生まれ、空気中の水分から薄い水の膜がつくられます。この水膜が、ホコリやチリを吸い寄せる静電気を抑え、汚れが付きにくくなります。

油汚れを落ちやすくする

油汚れを落ちやすくする

光触媒作用によって生まれた分解力で、タイル表面に付いた汚れの付着力が弱められます。排気ガスなどの汚れにも、効果を発揮します。

雨の力で洗い流す

雨の力で洗い流す

親水性によって水分がタイルの表面全体に広がるため、雨が降ると雨水が汚れの下に入り込み、汚れが流れ落ちやすくなります。

※雨水がかからない部位(軒下など)や、汚れの種類(鉄さび、黄砂、シリカスケール※1などの無機汚れ)、分解能力を超える量の汚れ(こけ、鳥・虫の糞、樹液など)が付着した場合にはセルフクリーニング効果が十分に発揮できない場合があります。 ※1.シリカスケール:水などに含まれているケイ素が、空気と触れたり蒸発を繰り返すことで発生する水あか。

有害汚染物質(NOx)を分解して 森のように空気を浄化

浄化能力 ポプラ14本分の分解力(TOTO実験値)

光触媒タイル「キラテック」は、光触媒作用によって、大気中の有害汚染物質NOx(=窒素酸化物)を分解し、浄化する力を持っています。そのNOx分解力は200㎡あたりポプラ約14本分。空気をきれいに浄化して、地球環境に貢献するタイルです。

土地活用をご検討中なら
パナソニック ホームズに
ご相談ください

土地活用の成功のカギを握るのはパートナーとなる会社選び。
パナソニック ホームズには、全国で多くのオーナーさまに選ばれ続けてきた、確かな理由があります。

パナソニック ホームズの
土地活用の特長

土地活用をご検討の皆さまに、カタログをプレゼントいたします。
ご興味のあるカタログを取り寄せて、ご検討にお役立てください。

カタログを取り寄せる

2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

土地活用