パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 住宅業界初「エコシップマーク制度」で優良事業者に認定

住宅業界初 「エコシップマーク制度」で優良事業者に認定
−2月4日 国土交通省より表彰状が授与されました−

2009年2月

 パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:上田勉)は、国土交通省が推進する「エコシップマーク制度」において、このたび、平成20年度 第1回「エコシップ・モーダルシフト 優良事業者」の認定を受け、2月4日、東京都内で表彰式が行われました。今回の認定は、住宅業界およびパナソニックグループで初めてとなります。

 「エコシップマーク制度」は、一般貨物輸送において、荷主企業と物流事業者、海運事業者が一体となり、環境負荷が少なく、省エネ・CO排出量の削減効果の高い海上貨物輸送によるモーダルシフトを推進することを目的とした制度。国土交通省海事局主催の選定委員会が優良事業者を認定することで、広くモーダルシフトを促進します。
 優良事業者には「エコシップマーク」の使用が認められ、当社も今後、梱包材・輸送機器をはじめ、ホームページ・広告等で当マークを表示し、環境にやさしい企業としてイメージアップを図ってまいります。

エコシップマーク

 当社は、CO排出量と輸送コストの削減を図るため、2007年8月から、湖東物流センター(滋賀県 東近江市)と九州中継センター(福岡県三井郡大刀洗町)における、全ての住宅部材の輸送について、陸路から海路へモーダルシフトを実施。大阪南港〜北九州門司港間は、海路フェリーにて、住宅部材を積載したシャーシ付コンテナを移送する方式としました。
 このモーダルシフトにより、2008年度は、CO排出量を年間約887t(約55%)、輸送コストを年間約12.6%削減できる見込みです。

 当社は、パナソニックグループの会社として、物流部門において年間1%のCO排出量削減を目標設定しています。今後も、さらなるエコシップ・モーダルシフトの展開と、鉄道輸送(エコレール)の導入検討など、環境貢献とコストの合理化への取り組みを拡大してまいります。

【概要】

認定名 平成20年度 第1回「エコシップ・モーダルシフト 優良事業者
認定日 2008年12月18日
荷主 パナホーム株式会社
物流事業者 株式会社 日新
海運事業者 株式会社 名門大洋フェリー
認定期間 2008年12月〜2010年12月(2年間)

*: <認定要件>原則100km以上の航路(沖縄、離島、青函航路を除く)において、海上貨物輸送量(トンキロ)20%以上を利用した者。前年度に比べ、海上貨物輸送量のシェアが10%以上改善した者。海上貨物輸送を利用して、CO排出量を10%以上削減した者。

【ご参考】

国土交通省 ホームページ
 2008年12月18日 報道発表資料
http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji03_hh_000010.html



2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。