パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 住宅業界初工業化住宅「ソルビオス」4階建て・5階建てタイプが建築基準法に基づく『型式部材等製造者認証』を取得

住宅業界初工業化住宅「ソルビオス」4階建て・5階建てタイプが
建築基準法に基づく『型式部材等製造者認証』を取得

2009年7月

 パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:上田 勉)では、このたび、重量鉄骨構造の工業化住宅「ソルビオス」の4階建て・5階建てタイプが、住宅業界で初めて建築基準法に基づく『型式部材等製造者認証』を取得し、7月14日に認証書が交付されました。

 4階建て・5階建て住宅は、建築基準法において「大規模な建築物」に該当します。2007年6月の改正建築基準法の施行により、建築確認申請には詳細な構造耐力計算書等の提出が必要となり、申請に要する期間と費用が増加する傾向にあります。

 『型式部材等製造者認証』は、建築基準法に基づく制度で、型式適合認定を受けた部材等の製造者について、その部材等を適切な品質管理のもと認定型式どおりに製造できる者であるかどうかを審査し、財団法人 日本建築センターをはじめとする機関が認証するもの。『型式部材等製造者認証』を受けていれば、認証に係る部材等は型式に適合するとみなされ、個々の建築 確認や検査時の審査が大幅に簡略化され、手続き期間の短縮と費用の削減が図れます。

 敷地を高度利用できる4階建て・5階建て住宅は、自宅専用だけでなく賃貸住宅や店舗併用住宅など、用途が多彩なことから、主に首都圏を中心とする都市部市街地で建築されており、建物の構造は、在来工法による鉄筋コンクリート造や鉄骨造が一般的です。
 「ソルビオス」4階建て・5階建てタイプは、独自の重量鉄骨構造や工場生産による高品質の部材を採用し、高い施工精度、頑強な耐震性能、柔軟な設計対応力等を備えた工業化住宅で、既に認証取得済の3階建てタイプとともに、都市部市街地での新築・建替え需要に対して柔軟に対応できるラインナップとなりました。

 今回の『型式部材等製造者認証』取得により、「ソルビオス」の4階建てタイプ(延床面積300m2程度)を新築した場合、従来に比べ、建築確認申請費用を約70%削減し、申請準備から着工までの期間を約4ヶ月短縮することができます。

【型式部材等製造者認証の概要】

審査・認証機関 財団法人 日本建築センター
認証商品・構造 「ソルビオス」4階建て・5階建てタイプ
重量鉄骨NSラーメン構造
認証番号
階数・用途
製010101Abaa0110063  4階建て・一戸建て住宅
製010101Abac0110063  4階建て・共同住宅
製010101Abaa0110073  5階建て・一戸建て住宅
製010101Abac0110073  5階建て・共同住宅
認証日 2009年6月26日

【「ソルビオス」について】

 「ソルビオス」は、工業化住宅ならではの優れた部材品質や施工精度をはじめ、建物の耐震性能や気密・断熱性能で、安全・安心で快適な都市のくらしを提案、階数は、敷地条件や用途に合わせて、3階建てから5階建てタイプをラインナップしています。

 重量鉄骨NSラーメン構造は、重量鉄骨の柱と梁を高張力ボルトで接合することで、溶接による接合に比べて、接合強度を維持しながら施工精度を均質化し、工期を短縮できます。また、柱と鉄筋コンクリート造の基礎をアンカーボルトで強固に接合することで、優れた耐震性能を実現します。
 さらに、強度の高い重量鉄骨構造ならではの利点として、最長7.2メートルの柱間隔(ワイドスパン)をとることができ、狭小地においても開放感あふれる大空間の設計が可能です。このほか、最小225ミリの配置モジュールや、建物の内側から施工できることで足場を必要としない無足場工法などの採用で、敷地条件や各種斜線制限等の建築規制をクリアしながら敷地を有効活用し、住む人のこだわりに合わせた柔軟なプランニングが可能です。
 なお、外壁の施工は、高層ビル建築と同方式のカーテンウォール工法を採用しており、地震時の外壁の脱落やサッシの破損の心配がほとんどありません。

 当社は、1996年から3階建て住宅「ソルビオス」の発売を開始し、2002年には4階建てタイプを、2004年には5階建てタイプを追加。発売開始以来の累計販売棟数は約3000棟となり、内約500棟が4階建て・5階建てタイプとなっております。

「ソルビオス」5階建て(賃貸・店舗併用)タイプ 外観
「ソルビオス」5階建て(賃貸・店舗併用)タイプ 外観



2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。