パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > パナホームグループ環境報告書『エコライフレポート2010』を発行

パナホームグループ環境報告書
『エコライフレポート2010』を発行
“くらしのエコアイディア”と“ビジネススタイルのエコアイディア”に基づく取り組みを紹介

2010年8月30日

 パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市)では、このたび、パナホームグループ環境報告書『エコライフレポート2010』を発行いたしました。


『エコライフレポート2010』表紙

名称 パナホームグループ環境報告書『エコライフレポート2010』
発行 2010年8月
体裁
冊子版 :A4判 カラー 16ページ
Web版 :PDF カラー
   ※冊子版の内容に社会性報告(8ページ)を追加

■ 『エコライフレポート』発行の狙い

 パナソニックグループでは、地球環境との共存を考え、その姿勢を内外に示し環境経営を加速させるため、2007年に「エコアイディア宣言」を発信し、「商品」「モノづくり」「ひろげる」の3つのエコアイディアに沿って取り組みを推進してまいりました。今後、パナソニックは事業活動の基軸に「環境」を置き、創業100周年である2018年に、「エレクトロニクスNo.1の『環境革新企業』」を目指してまいります。

 パナソニックグループの住宅会社である当社は、2003年8月の「エコライフ住宅宣言」にはじまり、自然の力や先進技術を生かし、創エネや省エネを実現する住宅の提供により、地球環境に負荷をかけないくらしを提案し、お客様の住まいづくりの夢にお応えしてまいりました。
 当社の『エコライフレポート』は、お客さまをはじめとするステークホルダーの皆様の信頼向上を狙いに、「エコアイディア宣言」に基づく毎年度の事業活動をはじめ、社会貢献・CSR活動等を紹介する「環境報告書/社会性報告書」として発行しております。

■ 『エコライフレポート2010』の主なポイント

 『エコライフレポート2010』では、2009年度におけるパナホームグループの環境経営の取り組みを、パナソニック創業100周年ビジョンに沿って一新された「エコアイディア宣言」の「くらしのエコアイディア」と「ビジネススタイルのエコアイディア」に基づき、ご紹介しています。

 『エコライフレポート』は2002年から毎年発行。このたびの『エコライフレポート2010』は、環境活動の紹介を主体とする「冊子版」と、冊子版の内容に社会性報告を加えた「Web版」で発行しています。なお、「冊子版」では、環境貢献の取組みとして、FSC認証林および管理された森林から製造された用紙(FSCミックス品)を使用しております。

(1)「トップメッセージ」(1~2ページ)

 パナソニックがめざす2018年の創業100周年のビジョン「エレクトロニクスNo.1の『環境革新企業』」を受けて、グループの住宅会社としての当社がめざすビジョンや企業姿勢について紹介しています。

(2)くらしのエコアイディア(3~6ページ)

 省エネ性能に優れたオール電化住宅の表彰制度「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック」で3年連続受賞した当社商品「エルソラーナ」の環境性能について紹介。産学共同研究とパナソニックグループ連携による「CO±0(ゼロ)住宅」研究棟や、集合賃貸住宅や医療介護建築・リフォーム事業における環境配慮についても掲載しています。

(3)ビジネススタイルのエコアイディア(7~8ページ)

 住まいづくりのプロセス(生産・物流・施工・事務所)における環境活動の現況について、「CO削減への貢献」「資源循環への貢献」「生物多様性」の視点でお伝えます。特に、事業活動全体におけるCO削減活動により、対前年比12%減を実現しました。

(4)事業活動に伴う環境負荷の削減状況(9~12ページ)

 パナホームグループの事業活動に伴う環境負荷の削減状況について、数表やグラフ、画像等を用いてわかりやすく紹介しています。

(5)環境コミュニケーション、エコアイディアを体験(13~14ページ)

 パナソニックグループの従業員が全世界で取り組んだ「パナソニックエコリレー」をはじめ、当社が環境コミュニケーション活動として全社や支社・支店で実施している活動を紹介するとともに、従業員が全員参加で環境リテラシーを高める取り組み等について紹介しています。



2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。