パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 見て・触れて・体感できるショウルーム『住まいとくらしの情報館 東京』オープン

見て・触れて・体感できるショウルーム
『住まいとくらしの情報館 東京』オープン

2011年5月25日

 パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井康照)では、このたび、体感型ショウルーム『住まいとくらしの情報館 東京』を新宿区西新宿にオープンいたしました。

 当館は、パナホームが提唱する「エコアイディアの家」の基本品質をはじめ、水廻り・収納設備、エクステリア・インテリア等の豊富なバリエーションを、見て・触れて・体感できるショウルーム。住まいづくりをご検討中のお客さまをはじめ、ご契約をいただいたお客さまの間取り・仕様決めのための打ち合わせスペースとして、完全予約制で運用してまいります。


『住まいとくらしの情報館 東京』〜コンセプトゾーン〜

名称 『住まいとくらしの情報館 東京』
所在地 東京都新宿区西新宿6−5−1 新宿アイランドタワー36階
総床面積 910.8㎡(275.51坪)
営業時間 10:00〜17:00
休館日 毎週水曜日(祝日の場合は営業)
オープン日 2011年5月1日

※ご利用は完全予約制となっています。

 『住まいとくらしの情報館 東京』は、交通アクセスの便利な新宿の高層ビル・36階に位置し、総床面積910.8㎡(275.51坪)のフロアに、コンセプトや商材の展示コーナーやシアタールーム等、全13のコーナーと、打ち合わせスペースを全16室備えた大型のショウルームです。

 当社は、住まいづくりのプロセスにおいて、展示場見学や各種セミナー、施工現場見学会、実例見学会、「宿泊体験モデルハウス」等、お客さまのステップに応じた体感メニューをご用意し、接点強化を図っています。住まいづくりの知識やノウハウのご提供のほか、体感メニューを上手く組み合わせ、ご納得いただける住まいづくりの行程を“ネットワーク営業”と称し、全国で展開しております。
 当社は、『住まいとくらしの情報館 東京』を首都圏地区におけるネットワーク営業の核として位置づけ、効率的な受注獲得と営業活動の生産性向上を図る基幹拠点として活用してまいります。
 なお、パナホームの体感型ショウルーム『住まいとくらしの情報館』は、このたびオープンした『住まいとくらしの情報館 東京』を含め、全国36ヶ所で展開しております。

■主な展示コーナー・スペース

  1. コンセプトゾーン
    パナホームの歴史や「エコアイディアの家」のコンセプト、住まいづくりのメニューについて、タッチパネル方式のディスプレイでわかりやすく紹介します。また、住まいとくらしに関するお客さま向けのセミナー会場としても活用します。
  2. テクノロジーゾーン
    「エコアイディアの家」のベースとなるパナホーム独自の3つの基本技術について、実物サンプルでわかりやすく訴求します。
    ・「パワテック」 : HS構法をはじめとするパナホーム独自の耐震構造を紹介
    ・「ピュアテック」 : 空気の質にこだわったオリジナル省エネ・快適空調システムを紹介
    ・「キラテック」 : 高い防汚性能と空気浄化機能を備えた光触媒の外壁タイルを全バリエーション展示
  3. キッチンコーナー
    アイランドタイプや壁付けタイプのキッチンの実物をはじめ、天板や収納扉等の色柄サンプルも豊富に取り揃えており、比較検討ができます。
  4. LCC(ライフサイクルコスト)コーナー
    パナホームが提案する創エネ、省エネのくらしや仕組みについて、ソーラー発電システムやエネファーム、エコキュート等の実物サンプルやタッチパネル方式のディスプレイでわかりやすく紹介します。

 他にも、エクステリアやインテリア、サニタリーの実物展示コーナーをはじめ、パナホームの耐震性を映像で訴求するシアタールーム、お子さま向けのキッズコーナー等があります。




2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。