パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > サスティナブルでスマートなくらしを提案する『街まるごと事業』の展開について

サスティナブルでスマートなくらしを提案する
『街まるごと事業』の展開について
~全国で「スマートシティ」を展開~

2012年2月1日

 パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)は、このたび、戸建分譲事業において、『街まるごと事業』を「パナホーム スマートシティ」の名称で全国展開してまいります。

 『街まるごと事業』は、大型分譲事業のノウハウを集約・標準化するとともに、パナソニックグループとの連携強化により、新しいライフスタイルとビジネスモデルを創造する取り組みとして位置づけております。

■ 背景

 2011年は、東日本大震災により、さまざまな面で日本全体に大きな変化をもたらした年になりました。震災を機に、生活者の価値観は、「災害への備え」「エネルギー消費に頼らない生活」「家族の絆」を重視する傾向へ変化し、住まいにおいても、耐震性をはじめ、省エネルギーで省COなくらしの実現や、家族のふれあいを育む空間提案等が求められています。さらに、住宅1戸単位ではなく、街における包括的な取り組みについても、今後の重要なテーマとなりつつあります。

■ 『街まるごと事業』の概要

 パナソニックは、2018年の創業100周年に向けたビジョンとして、エレクトロニクス№1の「環境革新企業」を掲げています。

 同社は、新たな社会基盤の構築に向けて「環境革新企業」のコンセプトを実践して世界へ発信すべく、機器を幅広く“そろえる”、それらを“つなげる”、さらにサービス事業まで含めたバリューチェーンビジネスを街まるごとで事業展開する取り組みに着手。その第1弾として、2011年5月、神奈川県藤沢市と環境分野に先進的に取り組むパートナー企業とともに進める環境配慮型街づくり共同事業「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」(略称「Fujisawa SST」)構想を発表いたしました。

 パナホームは、パナソニックグループの住宅会社として、「Fujisawa SST」の街づくりのコンセプトの策定や基盤整備、分譲住宅事業に参画し、2013年度の街びらきに向けて進行中です。

 このたび当社は、「Fujisawa SST」の理念をフラッグシップに、「街まるごとエコ」の住環境を広く提供していくことを目指し、パナホームならではの『街まるごと事業』として、50~100戸規模の戸建分譲団地に「パナホーム スマートシティ」の名称で展開してまいります。

●スマートシティの体系

スマートシティの体系

■ 『街まるごと事業』のコンセプト

 『街まるごと事業』は、世代を超えてエコで快適なくらしを実現する「サスティナブル」で 「スマート」な街づくりのための基本コンセプトと、5つのキーコンセプトを設定しています。

●基本コンセプト

サスティナブル

地球環境への負荷を極力抑えながら、自然や美しい景観を守り、高い資産価値を維持します。
街に集う人々が、世代を超えて、永く住み続けたいと感じるような、人と環境に優しい街づくりを目指します。

スマート

くらしの知恵と高い技術力により、街と住まいを快適にします。
先進の設備機器とIT (情報技術)を活用することで、意識しなくてもエネルギー消費が最適に制御され、エコで経済的なくらしを目指します。

■ 『街まるごと事業』の5つのキーコンセプト

 “サスティナブル”を具現化するためのキーコンセプトとして、地域の自然や生態系などに配慮した「環境との調和」、老若男女の永続的なコミュニティを形成する「世代を超えた快適なくらし」、高級感・美観・ブランドが「時と共に高まる価値」を掲げています。

 また、“スマート”においては、エネルギーマネジメントと経済性が高い「エコなくらし」、事故や犯罪・災害に強くユニバーサルデザインを取り入れた「安全・安心」をコンセプトにした街づくりを行います。

サスティナブル

環境との調和
地域の自然や、生態系などに配慮
世代を超えた快適なくらし
老若男女の永続的なコミュニティ
時と共に高まる価値
高級感、美観、ブランド

スマート

エコなくらし
エネルギーマネジメント/経済性
安全・安心
事故や犯罪・災害に強い/ユニバーサルデザイン

■ 「パナホーム スマートシティ」について

 『街まるごと事業』では、エネルギー自立型とくらし提案の“スマートハウス”、時とともに価値を高める“街並み設計”、 快適なくらしを支える“タウンマネジメント”を要素とする「パナホーム スマートシティ」を全国で展開します。

(1) スマートハウス(ベース商品:「カサート・テラ」)

 パナホームのスマートハウスのベースとなる商品は、ネットゼロエネルギー住宅「カサート・テラ」。高断熱・高気密・効率換気・長寿命の住宅に、IT技術によるエネルギーマネジメントによって、ミニマム化・最適化を図る「エネルギー自立型住宅」を目指します。

 併せて、自然との共生や、家族との絆を育む空間設計などで「スマートなくらし」を実現する住まいとなっています。

●パナホームが目指すスマートハウス

エネルギー自立型 (ハード)

  • 創エネ
  • 蓄エネ
  • HEMSi-SEG P-SEG
  • スマート家電
  • 住宅躯体性能 (高断熱・効率換気・耐久性)

スマートなくらし (ソフト)

自然との共生
採光
通風
緑化
地熱利用
くらし空間設計
家族の絆
家事動線
設備・照明計画
くらしサポート
メンテナンス提案
PanaHome CLUB

 パナホームのスマートハウスでは、太陽光発電システムと住宅用リチウムイオン蓄電池によりエネルギーの創・蓄連携を図り、「節約モード」と「エコモード」のくらし方を提案します。

 「節約モード」は、昼間は、太陽光発電した電気を自己消費・売電し、夜間は、料金が割安な深夜電力で蓄電した電気を生活に利用します。また、「エコモード」は、昼間、太陽光発電で貯めた電気を夜間に利用し、不足分を系統電力から補充することで、電力消費のピークカットに貢献できます。

 なお、系統電力の停電時には、太陽光発電で蓄電した電気を非常用電源として活用することができます。

(2) 街並み設計

 「パナホーム スマートシティ」では、各住戸の外構計画や街区計画において、「街並み設計ガイドライン」を採用。ゆとりある住環境や景観の維持、環境配慮をはじめ、年月を経ても高い街の資産価値を維持することを目指します。

<緑化計画>
・道路沿いの敷地には緑化スペース(グリーンベルト)を確保
・住戸のエントランスにはシンボルツリーとフラワーポケットを配置
<外構・植栽計画>
・住戸の外構では、植栽の高さや本数をはじめ、フェンスの高さ等についても規定
・アプローチの舗装においては、化粧仕上げの種類について規定
<建物配置計画>
・道路境界・隣地境界からの壁面後退距離を規定
<ユニバーサルデザイン>
・屋外階段やスロープには連続手摺の設置を推奨
・アプローチの床面には、安全に配慮した仕上げを推奨

(3) タウンマネジメント

 住民が安全・安心で快適にくらせ、世代を超えて長く住み続けることができる「サスティナブル」な街づくりを目指し、さまざまなサービスメニューを用意しています。

  • 太陽光売電による収入の一部を拠出いただき、街並みの維持向上を図る
  • 家事、ペット、育児、介護等、住民に向けたコンシェルジュ・サービス
  • 住民の交流を深め、住まいのお手入れに役立つコミュニティ・イベント
  • 街の随所に設置された防犯カメラと連動したタウンセキュリティ
  • 公民館等の共用施設からインターネット接続が可能なWi-Fiスポットサービス
  • テレビ電話で、提携の医師や保健師に健康相談が可能な住民向けヘルスケア相談対応

■ 「パナホーム スマートシティ」の展開事例

 「パナホーム スマートシティ」は、兵庫県芦屋市に「パナホーム スマートシティ潮芦屋」を、大阪府堺市に「パナホーム スマートシティ堺・初芝」を計画しております。

(1) 「パナホーム スマートシティ潮芦屋」

 「パナホーム スマートシティ潮芦屋」は、『街まるごと事業』のモデルとして、全戸に太陽光発電システムと住宅用リチウムイオン蓄電池を採用します。

  • 所在地 : 兵庫県芦屋市涼風町1番1他
  • 開発総面積 : 32,313.77m2
  • 総区画数 : 109区画
  • 販売開始 : 第1期建売分譲/2012年6月 予定

(2) 「パナホーム スマートシティ堺・初芝」

 「パナホーム スマートシティ堺・初芝」は、田園都市の理念による街区設計を採用。ロータリーをシンボルに円や曲線による街並みのほか、全戸に太陽光発電システムとエネファームを採用するW発電仕様といたします。

  • 所在地 : 大阪府堺市東区日置荘西町2丁目51番62他
  • 開発総面積 : 19,674.32m2
  • 総区画数 : 58区画
  • 販売開始 : 第1期建売分譲/2012年2月予定

「パナホーム スマートシティ潮芦屋」と「パナホーム スマートシティ堺・初芝」では、街の建物全体で「CO±0(ゼロ)」となり、ネットゼロエネルギーを実現します。


「パナホーム スマートシティ潮芦屋」空撮写真

「パナホーム スマートシティ」による『街まるごと事業』では、2015年度に売上高1000億円を目標にしております。



2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。