パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 賃貸住宅の計画的なメンテナンスをサポートする「リフレッシュ工事金積立制度」を導入

賃貸住宅の計画的なメンテナンスをサポートする
「リフレッシュ工事金積立制度」を導入

2012年2月23日

 パナホーム株式会社と、パナホームグループの不動産流通・賃貸管理会社であるパナホーム不動産株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:灘本 將人)では、このたび、パナホームの賃貸住宅のオーナー向けに、建物の計画的なメンテナンスをサポートする「リフレッシュ工事金積立制度」を、2012年2月24日から導入いたします。

 賃貸住宅経営においては、安定した入居者確保のため、定期的な建物の美観維持工事等(リフレッシュ工事)が必要となります。「リフレッシュ工事金積立制度」は、パナホームの賃貸住宅のオーナーが、工事に必要な資金の一部を毎月積立てることで将来の費用負担に備えられるよう、制度として整えたものです。
 オーナーは、この制度を利用して定期的なリフレッシュ工事を確実に行うことで、築年数が経過した後も建物の美観を維持しながら資産価値の保持が可能となります。

 資金の積立ては、さまざまな信託業務で実績のある、株式会社りそな銀行(本社:大阪府大阪市、社長:岩田 直樹)が新たに商品化した「賃貸住宅修繕積立金管理信託」を利用します。同商品は、元本はりそな銀行が保証し、預金保険制度の対象にもなっているほか、保険商品のように掛け捨て部分がないため、効率的な運用ができます。

 パナホーム株式会社とパナホーム不動産株式会社は、今後、「リフレッシュ工事金積立制度」の導入・普及を図るとともに、パナホームの賃貸住宅のオーナーに向けた経営サポートメニューのさらなる拡充を図ってまいります。

■ 「リフレッシュ工事金積立制度」のスキーム図

 資金の積立ては、パナホーム不動産株式会社が毎月オーナーに送金する賃料から、管理手数料と積立金相当額を差し引いた上でりそな銀行に送金し、同行が個々のオーナーの口座に積立てます。

 「リフレッシュ工事金積立制度」を利用できるのは、原則として、パナホーム不動産株式会社が、一定期間、全住戸を借り上げる「一括借上げ制度」の利用者となります。2つの制度の利用により、計画的なリフレッシュ工事と安定した賃料収入が見込めることで、オーナーは、長期安定経営の実現が可能となります。

■ 「リフレッシュ工事金積立制度」の概要

内容 りそな銀行 大阪営業部を窓口とする「賃貸住宅修繕積立金管理信託」にて積立運用。
  • 元本はりそな銀行が保証
  • 預金保険制度の対象商品
積立金額 「一括借上げ制度」の1契約あたり
  • 初回積立金/5000円
  • 2回目以降/新築時借上賃料の3%以上を毎月積立て
積立期間
  • 信託期間/3年積立・2年据置(解約申出のない限り5年間の自動延長)
  • 最長積立期間/30年
対象工事
  • 建物外部および共用部分の塗装等、建物外部の美観維持に関連する工事
  • 共用部分の階段、廊下の仕上げ材の取り換え等に関連する工事
  • 植栽の維持に関連する工事
  • その他、適切な物件の維持に必要な工事
運用開始日 2012年2月24日
対象エリア 全国(一部エリアを除く)

■ パナホーム不動産株式会社 概要

会社名 パナホーム不動産株式会社
本社 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
代表者 灘本 將人
資本金 5000万円(2012年1月現在)
従業員数 100名(2012年1月現在)
創業 2007年9月1日
株主 パナホーム株式会社100%出資
売上高 2011年3月期  167億円
事業内容 賃貸管理事業、内装クリーニング事業、入居募集事業
入居者向け事業、不動産売買仲介事業、マンション管理事業


2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。