パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 『パナホーム スマートシティ潮芦屋』第1街区で第1期建売分譲を開始

日本最大規模 街まるごとのネットゼロエネルギーとCO±0(ゼロ)を実現
『パナホーム スマートシティ潮芦屋』
第1街区で第1期建売分譲を開始

2012年7月20日

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)は、パナソニックグループで展開する「街まるごと事業」の一環として、サスティナブルでスマートなくらしを提案する分譲地「パナホーム スマートシティ」の開発・販売を全国で展開しております。

このたび、『パナホーム スマートシティ潮芦屋』(兵庫県芦屋市涼風町)の第1街区におきまして、第1期建売分譲を開始いたしました。同街区では、全109戸の戸建住宅にパナソニック製「創蓄連携システム」(太陽光発電+リチウムイオン蓄電池)を採用します。全109戸の住宅に、創蓄連携で「ピーク電力の抑制」と「停電時の電力確保」の機能を持つ蓄電池を採用する分譲地は、日本で初めて※1となります。

さらに今後、『パナホーム スマートシティ潮芦屋』は、順次開発予定の第2〜4街区(戸建住宅約300戸)を含め、街まるごとでネットゼロエネルギーとCO±0(ゼロ)を実現する日本最大規模※2のスマートシティとして展開し、無理のない節電や、計画停電・災害時にも電力確保ができるくらしを提案、街まるごとでピーク電力の抑制に貢献します。


『パナホーム スマートシティ潮芦屋』 街並み

■ 『パナホーム スマートシティ潮芦屋』の特長

  1. 日本初 第1街区・全109戸にパナソニック製「創蓄連携システム」を採用
    • 街まるごとで、ピーク電力の抑制に貢献可能
    • 無理のない節電と、計画停電や災害時の電力確保が可能
  2. 日本最大規模 約400戸の戸建住宅で、街まるごとのネットゼロエネルギーとCO±0(ゼロ)を実現
  3. クラウドサービスによる「タウンマネジメント」を実用化
  4. 地域特性を生かした、「安心・安全」な街づくり

■『パナホーム スマートシティ潮芦屋』の概要

『パナホーム スマートシティ潮芦屋』は、このたび建売分譲を開始する第1街区と、今後開発予定の第2〜4街区に、戸建住宅約400戸・集合住宅約100戸を展開する大規模なスマートシティを目指します。
 第2〜4街区の計画については、このたび、兵庫県による「潮芦屋南部地区事業提案競技」(エコタウンとしてユニバーサルデザインや環境に配慮した街づくり)において事業候補者に選定されております。

  第1街区 第2〜4街区(予定)
所在地 兵庫県芦屋市涼風町1番242他 同 涼風町1番1他
開発面積 32,313.77m² 100,469.77m²
住戸数 戸建住宅 109戸 戸建住宅 約300戸
集合住宅 約100戸
販売形態 所有権付宅地建物分譲 戸建住宅:所有権付宅地建物分譲
集合住宅:区分所有権付土地建物分譲
スケジュール 2012年4月 第1期宅地分譲開始
2012年7月 第1期建売分譲開始
2013年6月 集合住宅分譲開始
2014年1月 戸建住宅分譲開始
スマートハウス <全戸に採用>
  • 「創蓄連携システム」
  • HEMS(SEG対応)
  • スマート家電(順次導入)
  • LED照明
  • EV充電コンセント
ほか
<戸建住宅>
  • 「創蓄連携システム」もしくは 「W発電(太陽光+エネファーム)」
<集合住宅>
  • 太陽光発電
  • 蓄電池
タウンマネジメント
  • タブレット端末によるクラウドサービス
ほか
  • 自治会による住民イベントの企画運営、街並みデザインコード管理
  • クラウドサービス
  • 集合住宅に災害時避難場所を確保
ほか
街並み設計 自然と共生し、防犯性にも配慮した芦屋らしい街づくり
特長 日本初 全109戸に創蓄連携で「ピーク電力の抑制」と「停電時の電力確保」の機能を持つ蓄電池を採用 日本最大規模第1街区を含め戸建住宅 約400戸で街まるごとのネットゼロエネルギーとCO±0(ゼロ)を実現

1. 日本初 第1街区・全109戸にパナソニック製「創蓄連携システム」を採用

●「創蓄連携システム」

第1街区の全109戸には、パナソニック製「創蓄連携システム」を採用します。
このシステムは、“創エネ”を担う太陽光発電と“蓄エネ”のリチウムイオン蓄電池を創蓄一体型のパワーコンディショナである「パワーステーション」でつなぎ、「HEMS」で連携させることで、エネルギー使用の最適化を図ります。
「創蓄連携システム」は、無理のない節電とピーク電力の抑制に貢献できるほか、災害時に非常用電源を確保できます。

<「創蓄連携システム」の連携イメージ>

●街まるごとでピーク電力の抑制に貢献可能

『パナホーム スマートシティ潮芦屋』の住まいは、1990年代の一般的な住宅に比べて、夏季のピーク電力を約41%節約することができます。これにより、住宅1棟単位はもちろん、街まるごとでピーク電力の抑制に貢献することができます。

夏季における節電効果 〜節電要求10%に対して〜
日中・夕刻・夜間の電力ピークを1990年代の住宅に比べて約41%削減。
さらに、太陽光発電と蓄電池の放電により、日中の必要電力を自家消費で賄い、系統電力の購入はゼロとなります。

2. 日本最大規模 約400戸の戸建住宅で、街まるごとのネットゼロエネルギーとCO±0(ゼロ)を実現※4

『パナホーム スマートシティ潮芦屋』では、戸建住宅 約400戸に、「創蓄連携システム」やW発電(太陽光+エネファーム)、HEMS等を採用したスマートハウスとすることで、街まるごとで「ネットゼロエネルギー」と「CO±0」の実現を目指します。

  • 消費エネルギー → 年間 約18,760GJ(ギガジュール)をネットゼロに
  • CO排出量 → 年間 約564tをゼロに(杉の木 約40,300本=甲子園球場約14個分に相当)

『パナホーム スマートシティ潮芦屋』では、1990年当時の同規模の分譲地に比べ、消費エネルギーを約55%・CO排出量を約60%削減します。

3. クラウドサービスによる「タウンマネジメント」を実用化

ケイ・オプティコム 「eoスマートリンク」タブレット住民が安心・安全で快適にくらせ、世代を超えて長く住み続けることができる「サスティナブル」な街づくりを目指し、さまざまなサービスメニューを用意しています。
 今回、『パナホーム スマートシティ潮芦屋』では、タブレット端末を活用するクラウドサービスを実用化。パナホームのお施主さま会員組織「PanaHome CLUB」によるアフターサービスをはじめ、株式会社ケイ・オプティコムによるタブレット端末「eoスマートリンク」と連携し、日々の暮らしに役立つ情報や娯楽を楽しめるサービスが利用できます。

■「PanaHome CLUB」のサービス

  • 電子版 取り扱い説明書
  • 住まいのコンシェルジュ
  • 住まいのお手入れ情報
  • 通信販売
  • リフォーム相談

ほか

■生活情報サービス(eoスマートリンク提供)

  • eoからだケア
  • eoアプリマーケット
  • ネットスーパー
  • チラシ閲覧サービス
  • VOD(ビデオオンディマンド)サービス

ほか

●その他のタウンマネジメント

  • 「環境家計簿」
     当社が、各戸のHEMSに蓄積されたエネルギー収支のデータを収集し、毎月「環境家計簿」を作成してエコで経済的なくらしの提案を行うサービスを、今後提供していきます。
  • 「エコアイディアの家の会」
     当社では、お施主さまを対象に、家庭のCO排出削減量をクレジット化する会員組織「エコアイディアの家の会」を運営しております。『パナホーム スマートシティ潮芦屋』においても、お施主さま参加型の環境活動として、積極的にご加入いただきます。
  • 全戸にホームセキュリティを採用
     全戸に「関電SOS」のホームセキュリティを採用。プランに合わせて、防犯合わせ複層ガラスや高性能ディンプルキーを採用します。

4. 地域特性を生かした、「安心・安全」な街づくり

街区の緑化や各住戸の外構等は、当社が独自に制定する「街並み設計ガイドライン」に基づいて設計。ゆとりある住環境や景観を創出し、年月を経ても街の資産価値を高く維持することを目指しています。

  • 魅力あふれる街づくりイメージ
     街並みデザインルールを設定し、建物・外構等のデザインをコントロール。住宅が街にその一員として存在し、住民がその街に暮らす喜びにつながる環境を創出します。なお、街区の送電線を地中に埋設する無電柱化を図っています。
  • 防災の街づくり、ユニバーサルデザインの採用
     地震に強いパナホームの住宅を建築することで、災害から住民を守ります。また、多くの世代の住民が、暮らしの満足を得ることが出来るよう、様々なエレメントにユニバーサルデザインを採用し、安心・安全な街づくりを行います。
     なお、阪神大震災で得た様々な教訓を踏まえ、住民が行政と連携して公園等を避難広場とする避難訓練を実施します。
  • 芦屋らしい街づくり木材の活用イメージ
     芦屋らしい緑を「守る」「創る」「育てる」を街づくりの目標とします。御影石等を使用することにより、時間の経過と共に変化して親しみの湧く近景をデザインします。

●全戸建住宅で「CASBEE−戸建新築 Sランク」に対応

全ての戸建住宅は、建物や外構等の工夫により、建築環境総合性能評価システム「CASBEE−戸建新築 Sランク」に対応し、環境性能が客観的に認められた住宅団地とします。

■『パナホーム スマートシティ潮芦屋』第2〜4街区の計画について

今回、分譲を開始する第1街区と隣接する第2〜4街区においては、第1街区の提案をベースに、スマートシティとしての拡充を図ってまいります。

<スマートハウス>

  • 戸建住宅 約300戸に「創蓄連携システム」もしくは「W発電」等を展開
  • SEGの導入に対応。機器の消費電力の自動抑制に対応
  • 集合住宅 約100戸に、太陽光発電・蓄電池を装備し、災害時にエネルギー確保

機器連携のイメージ

SEGの導入に対応し、家まるごとの省エネ運転をしたり、自動的に機器の電力を抑えるなど、スマートなくらしのレベルアップに対応します。また、近い将来導入が予想されているスマートグリッド等にも対応します。

<タウンマネジメント>

  • 自治会による、住民イベントの企画運営や街並みデザインコードの管理
  • クラウドサービスの展開
  • 集合住宅や街区内公園に災害時の一時避難場所を確保
  • 行政、自治会との防災連携

■ 『パナホーム スマートシティ潮芦屋』第1街区 物件概要

・全体概要

名称 『パナホーム スマートシティ潮芦屋』
所在地 兵庫県芦屋市涼風町1番242他
(阪神「芦屋」駅より阪急バス乗車「涼風町」停まで約8分、JR「芦屋」駅よりバス乗車「涼風町」停まで約15分、阪急「芦屋川」駅よりバス乗車「涼風町」停まで約19分、「涼風町」停下車徒歩約2分)
開発面積 32,313.77m²
総戸数 109戸
販売形態 所有権付宅地建物分譲
建物 軽量鉄骨造2階建
売主・設計・施工 パナホーム株式会社 神戸支社

・第一期建売分譲概要

販売開始 2012年7月14日
販売戸数 8戸
敷地面積 201.64m²〜225.47m²(約60.99坪〜約68.20坪)
延床面積 135.31m²〜150.16m²(約40.93坪〜約45.42坪)
価格 5,965万円〜6,690万円(税込)
入居開始 2012年8月上旬 予定
  1. ※1:2012年7月20日現在・パナソニック製「創蓄連携システム」における当社調べ。
  2. ※2:2012年7月20日現在・当社調べ。
  3. ※3:「パワーステーション」はパナソニックグループの登録商標。
  4. ※4:ネットゼロエネルギー、CO±0の試算条件
    2012年3月現在
    • ◎『カサート・テラ スマート』<太陽光発電、平均4.36kW(パナソニック製HIT233他)、エネファームもしくは創蓄連携システム(パナソニック製)採用>における、当社「光熱費環境シミュレーションソフト」での独自試算
    • ◎各住戸での計画プランにおける試算
    • ◎家族人数:4人を想定
    • ◎冷暖房:ルームエアコン(APF5.9)、床暖房を使用
    • ◎家電製品(冷蔵庫、テレビ、洗濯機等)は最新型を想定
    • ◎光熱費は関西電力、大阪ガスの料金体系、CO2排出係数は環境省より発表の2009年度関西電力実排出係数・大阪ガス公表の排出係数を使用

    • ◎[新省エネルギー基準レベル住宅](電気・ガス併用、太陽光発電設置なし)の独自試算との比較
    • ◎ 冷暖房:ルームエアコンを想定(COP3.0)
    • ◎家電製品(冷蔵庫、テレビ、洗濯機等)については、1990年代を想定

    *算出した数値は目安であり、それを保証するものではありません。実際の生活パターンや、設備・家電の使用状況等により異なります。


2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。