パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース >プレスリリース> 住宅業界初 経済産業省「製品安全対策優良企業表彰」で『商務流通保安審議官賞』を受賞

住宅業界初 経済産業省「製品安全対策優良企業表彰」で 『商務流通保安審議官賞』を受賞

2012年11月8日

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市)は、このたび、経済産業省主催「2012年度 第6回 製品安全対策優良企業表彰」(大企業小売販売事業者部門)にて、『商務流通保安審議官賞』を受賞いたしました。本表彰における受賞は、住宅業界で初めてとなります。

本表彰は、経済産業省が製品安全に積極的に取り組んでいる企業を広く公募し、厳正な審査の上で表彰するもので、2007年度から毎年11月に実施され、今年で6回目となります。『商務流通保安審議官賞』は、最高賞の「経済産業大臣賞」に次ぐ賞となります。

このたびの受賞は、住宅メーカーとして資材の仕入先や施工会社など多様な協力会社との連携が求められる中、当社の品質管理の仕組み(重点購買先の管理、新デザインレビュー<DR>体制の構築、全社品質環境マネジメントシステムの構築 等)による住宅製品の安全確保の取り組みが広く評価されたことになります。さらに、スマートハウスという新しい分野においても継続的な製品安全の取り組みが期待されています。

当社は、これからもお客様への安全・安心な住生活のご提供に向けて、製品安全についての取り組みを積極的に推進いたします。

「2012年度 第6回 製品安全対策優良企業表彰」の表彰式は、経済産業省が11月9日に開催する「製品安全総点検セミナー」<会場:渋谷区文化総合センター大和田(東京都渋谷区)>で実施されます。

● 受賞の概要

制度名 経済産業省「2012年度 第6回 製品安全対策優良企業表彰」
部門名 大企業 小売販売事業者部門
受賞名 『商務流通保安審議官賞』
表彰日 2012年11月9日 予定


製品安全対策優良企業ロゴマーク

「2012年度 第6回 製品安全対策優良企業表彰」における受賞企業は、ロゴマークを使い、製品安全対策優良企業であることをPRできます。

● 評価のポイント

  1. 調達品の製品安全に関する評価の徹底
    製品事故を未然に防止するため、デザインレビュー(設計審査)実施時に「製品安全」の検討会を開催し、仕入先・施工業者および調達品の製品安全に関する評価を実施している。また、調達品に変更が生じた際にも必ず安全性の評価を実施している。
  2. 住宅引き渡し時にお客様へ安全情報を提供
    住宅引き渡し時に、住宅内の個々の製品の安全な使い方などを懇切丁寧に説明してお客様に確認を求めるとともに、住宅全般に係わる取扱いや安全情報を紹介した『住まいの手帳』や『住まいの手帳DVD』等の啓発ツールを活用し、製品事故の未然防止に努めている。
  3. お客様の声を収集・分析して仕入先に製品の改善を提案
    お客様から寄せられる相談や、定期訪問・点検活動で得られた製品の不具合情報を収集・分析し、仕入先の製品開発・改良に役立てている。

ご参考

経済産業省主催「製品安全対策優良企業表彰」について

○目的

本表彰は、製品安全に積極的に取り組んでいる製造事業者、輸入事業者、小売販売事業者を広く公募し、厳正な審査の上で、「製品安全対策優良企業」として表彰するもの。
表彰を通じて、企業における製品安全に対する意識の向上および製品安全を事業活動や消費生活における重要な価値とする「製品安全文化」の定着を図り、製品安全が持続的に確保されるような安全・安心な社会の構築に資することを目的とする。

○表彰内容

下記の4部門ごとに「経済産業大臣賞」(1社)、「商務流通保安審議官賞」(2社)、優良賞(数社)を表彰。

・大企業製造事業者・輸入事業者部門
・中小企業製造事業者・輸入事業者部門
・大企業小売販売事業者部門
・中小企業小売販売事業者部門

○審査基準(小売販売事業者部門)および選考基準

  1. 安全な製品を仕入れ・販売するための取り組み
    販売製品メーカーの選定時のチェック、納入された製品の検査・チェック等を通じて、安全性の高い製品を仕入れ・販売し、事故の未然防止に向けた取り組みを評価
  2. 製品を安全に使用してもらうための取り組み
    「製品の正しい使い方」などの製品安全情報の発信や、ユーザーとの双方向の対話を通じて、ユーザーに適切な情報を提供し、事故の予防に向けた取り組みを評価
  3. 事故やリコール等が起きた際の取り組み
    メーカーが行うリコールへの協力、問題が判明した製品の販売中止手順確立、関係者への迅速な情報伝達等を通じて、事故の予防・再発防止に向けた取り組みを評価
  4. 製品安全文化構築への取り組み
    自社・協力会社の従業員の製品安全教育、業界団体への働きかけ等を通じて、自社あるいは社会の製品安全文化の構築に向けた取り組みを評価

上記4つの審査基準(4つの視点)に関する取り組み水準が総合的に優れている企業
上記4つの審査基準(4つの視点)いずれかに関して卓越した取り組みを行っている企業
を受賞企業候補として選考



2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。