パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 住宅業界初 経済産業省・国土交通省「グリーン物流優良事業者表彰」で『経済産業省商務流通保安審議官表彰』を受賞

住宅業界初 経済産業省・国土交通省「グリーン物流優良事業者表彰」で 『経済産業省商務流通保安審議官表彰』を受賞

2012年12月6日

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市)は、このたび、経済産業省・国土交通省 他の主催による「グリーン物流優良事業者表彰」において、『経済産業省商務流通保安審議官表彰』を受賞いたしました。本表彰における受賞は、住宅業界で初めてとなります。

「グリーン物流優良事業者表彰」は、「グリーン物流パートナーシップ会議」※1において、会員企業が取り組む物流分野における地球温暖化対策に顕著な功績があった優良な活動に対し、経済産業省および国土交通省が表彰を行うもの。今回は、12月11日に経済産業省で開催される「第11回グリーン物流パートナーシップ会議」で表彰式が実施されます。

このたびの受賞は、当社が、物流事業者8社と連携し、住宅建設現場への製品・部材供給において、廃棄物の集約拠点となる「ECOセンター」を設立。「ECOセンター」に、建設現場からの戻り便で回収した廃棄物の集約機能および物流の中継機能を持たせることで車両の大型化や台数の削減を可能とし、COの排出を31.7%削減(従前比)したこと※2が評価されたものです。

● 受賞の概要

制度名 グリーン物流優良事業者表彰
受賞名 経済産業省商務流通保安審議官表彰
受賞活動 荷主・物流事業者9社の協力による環境負荷の少ない物流システムの構築
受賞事業者 パナホーム株式会社
株式会社筑波物流株式会社西塚物流株式会社マルミヤ三岐通運株式会社有限会社木戸口運輸下田運輸株式会社双葉運輸株式会社株式会社九軌
全9社
受賞日 2012年12月3日
表彰日 2012年12月11日
主催 経済産業省、国土交通省
公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会
一般社団法人 日本物流団体連合会

当社および物流事業者は、ロゴマークを使用し、広くPRしてまいります。

● 物流事業者との連携による「ECOセンター」について

新築・増改築の施工現場で11種類の品目に分別された廃棄物を、部材配送の静脈物流(帰り便)を利用して回収を図り、全国7ヶ所のECOセンター(集積場)で処理用途別に再分別後、リサイクルルートで処理することでマテリアルリサイクル率を向上させ、ゼロエミッションを実現しています。

● 評価のポイント

1. 住宅業界で初めて、物流事業者と連携した資源リサイクル体制を構築
静脈物流の活用と「ECOセンター」によりマテリアルリサイクル率を向上させている。
2. 「ECOセンター」の全国展開により、広域処理体制で資源リサイクル活動を推進
関東、中部、近畿、九州地区の全7拠点を展開し、広域処理体制を確立することで、全国的な取り組みを行っている。

当社は、パナソニックグループの住宅会社として「住生活産業№1の環境革新企業」をめざしています。商品においては、エネルギー消費をできるだけ抑え、CO排出量の削減に貢献する住まいを『エコアイディアの家』として開発・供給しているほか、物流においても、CSRの実践と地球環境負荷低減に向け、さまざまな活動を進めております。

今後も、物流事業者と更にパートナーシップを強め、効率化をはじめ、バイオ燃料車・CNG車などの環境にやさしい車輌の導入など取り組みを強化し、積極的に推進してまいります。

  1. ※1:日本の物流分野におけるCO排出削減のため、1995年に経済産業省、国土交通省、産業界が設立した会議体。荷主・物流事業者のパートナーシップに基づいたグリーン物流の啓発や優良事例の表彰・PRの推進等を展開。(会員企業:3,154団体/個人:113名、2012年11月12日現在)
  2. ※2:排出削減率は推計値。


2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。