パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 「おおさか生物多様性パートナー協定」を締結

当社 千里本社のビオトープが、地域の生物多様性保全に貢献
「おおさか生物多様性パートナー協定」を締結
〜当社、大阪府、豊中市、大阪府立大学、大阪府立環境農林水産総合研究所〜

2014年2月4日

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)は、このたび、大阪府、豊中市、公立大学法人大阪府立大学、地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所と全5者で、「おおさか生物多様性パートナー協定」を2014年2月12日に締結いたします。

本協定は、生物多様性保全に率先して取り組む企業に対して、大阪府、豊中市及び大学・試験研究機関等が連携して支援することにより、企業による生物多様性保全活動の取組みを促すとともに、その重要性について、広く府民・市民に普及啓発することを目的としています。

当社は、本社敷地内の緑化ゾーン『つながりのひろば』に整備したビオトープを中心に、希少種等の保護管理活動や地域貢献活動を進めており、今回、より一層の活動強化に向けて協定を締結することになりました。

本協定の締結は、パナソニックグループとしてはエコソリューションズ社 (2013年11月)に続いて2例目となります。


『つながりのひろば』

「おおさか生物多様性パートナー協定」の調印式は、2月12日(水)14:00〜15:00に当社の千里本社(豊中市)で開催いたします。

●活動・支援の内容

・パナホーム
自社敷地内のビオトープを中心とした希少種等の保護管理活動や地域貢献活動
・大阪府
パナホームの活動内容の認証及びホームページにおける活動紹介
・豊中市
パナホームの地域貢献活動の支援及びホームページにおける活動紹介
・大阪府立大学
生態系に関する専門的な調査などの技術的支援
・大阪府立環境農林水産総合研究所
ビオトープの維持管理や希少種等の保護管理に対する助言・指導

ご参考

●『つながりのひろば』概要

所在地大阪府豊中市新千里西町1−1−4<パナホーム(株)本社ビル敷地内>
面積727m2
竣工2013年3月30日
一般公開2013年4月19日
維持管理環境活動担当者、施設管理担当者および従業員ボランティア
設立目的
  • 地域の生態系ネットワークの拠点をつなぎ、生物多様性を保全
  • 自然エネルギーを活用した創蓄連携システムの導入による、電力消費に伴うCO2排出量削減と、有事の際のインフラ確保
  • 地域住民・周辺企業や当社従業員のリフレッシュスペース、災害時の避難・帰宅困難者用の休憩スペース

●『つながりのひろば』における生物多様性保全活動

絶滅危惧種の保護

『つながりのひろば』のビオトープでは、大阪府の絶滅危惧種(大阪府レッドリスト絶滅危惧II類)に指定されている、千里生まれの遺伝子を持つメダカを、大阪府立環境農林水産総合研究所水生生物センターの協力により保護しています。

今後、同じく希少種であるカワバタモロコ等を放流し、保護する予定です。


千里生まれのメダカ



2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。