パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2013』において2年連続で特別優秀賞と優秀企業賞を受賞

省エネルギー住宅のトップランナーを選定する表彰制度
『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2013』において 2年連続で特別優秀賞と優秀企業賞を受賞

2014年2月17日

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)では、このたび、一般財団法人日本地域開発センターによる、省エネルギー住宅のトップランナーを選定する表彰制度『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2013』で、大容量太陽光発電を搭載するスマートハウス「カサート エコ・コルディス」が“特別優秀賞”を受賞※1。併せて当社は、本表彰制度の前身である「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック」を含めて3年以上連続受賞の企業に授与される特別表彰“優秀企業賞”を受賞いたしました。


「カサート エコ・コルディス」外観

『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2013』は、建物の「躯体と設備を一体として捉えた省エネルギー性」の評価を行い、優れた住宅を表彰することで、省エネルギーやCO削減等へ貢献する住宅の普及と質的向上を促進することを目指すものです。

本表彰制度の前身は、2007年から2010年まで実施された「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック」となっており、2012年から『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー』として実施されています。当社の受賞は、通算で6回連続となります。

『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2013』の表彰式は、3月19日に東海大学校友会館(東京都千代田区)で開催される予定です。

今回、特別優秀賞を受賞した「カサート エコ・コルディス」は、屋根の上に太陽光発電パネルを載せるという従来の住宅の発想を180度転換し「太陽光発電パネルそのものを屋根にした」スマートハウスで、2013年4月の発売以来、累計で約940棟を受注しています。

一般的な住宅における搭載容量(平均約4.19kW)に比べ、約2倍以上の大容量太陽光発電パネル(10kW以上)の搭載が可能であり、パナホーム独自の「家まるごと断熱」+「エコナビ搭載換気システム」や、パナソニック製の「スマートHEMS」等の先進設備も採用することで、一次エネルギーの年間自給率は約290%、CO排出量を年間約4.4t削減※2できる、優れた環境性能を実現しています。

また、屋根は、最も日射量の多い南面への設置面積を最大化できる片流れ大屋根とし、キュービックな外観がデザインの先進性を創り出しています。

なお、「カサート エコ・コルディス」は、一般財団法人 新エネルギー財団主催の平成25年度「新エネ大賞」において“新エネルギー財団会長賞”を受賞。エネルギー消費をできるだけ抑え、CO排出量の削減に貢献する住まいの技術においても、高い評価を受けております。

【概要】

制度名『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2013』
受賞名・商品名特別優秀賞 「カサート エコ・コルディス」
<受賞対象地域>6地域(省エネルギー基準の省エネ地域区分)
特別表彰優秀企業賞
主催一般財団法人 日本地域開発センター
表彰式2014年3月19日 予定

『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2013』の 受賞企業は、 ロゴマークをPRに使うことができます。


特別優秀賞 ロゴマーク


優秀企業賞 ロゴマーク

【ご参考】

●当社の受賞経歴

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック」

2007
「特別賞」(商品名:ユールキア)
2008
「大賞」(商品名:エルソラーナ)
2009
「優秀賞」(商品名:NEWエルソラーナ)、「優秀企業賞」
2010
戸建住宅「優秀賞」(商品名:エルソラーナ)
集合住宅「優秀賞」(商品名:エルメゾン)
リフォ−ム「特別賞」、「優秀企業賞」

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」

2012
戸建住宅「特別優秀賞」(商品名:カサ−ト・テラ)、「優秀企業賞」

●一般財団法人 日本地域開発センター ホームページ

  • http://www.jcadr.or.jp/
  1. ※1:今回の受賞仕様はエコキュート採用。
  2. ※2:【試算条件】2013年9月現在
    • ◎当社[カサート エコ・コルディス](オール電化、太陽光発電パナソニック製HIT BB、12.85kW含む<設置方位:南、傾斜角:約14度>)での独自試算
    • ◎当社2階建てモデルプラン(延床面積111.35m )における試算
    • ◎建築地:大阪地区
    • ◎家族人数:4人想定
    • ◎冷暖房:ルームエアコンを想定(APF5.9を採用)
    • ◎家電製品(冷蔵庫、TV、洗濯機等)については、最新型を想定
    • ◎光熱費及びCOの算出には建築地における電気事業者の料金体系・CO排出係数(2011年度実排出係数)を使用
    • ◎太陽光発電による売電金額は、固定価格買取制度の全量買取方式による売電単価37.8円/kWh(消費税5%込)を使用し、当初20年間の数値を算出
    • ◎電力の一次エネルギーへの換算係数は省エネ法に基づく「住宅事業建築主の判断基準」におけるエネルギー消費量計算方法による9.76MJ/kWhを使用。



2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。