パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 浦安市大型分譲「THE ISLES(ジ・アイルズ)」で災害に備えた自治会集会所を完成

浦安市大型分譲「THE ISLES(ジ・アイルズ)」で
災害に備えた自治会集会所を完成
浦安市と共同で災害時の活動拠点を整備

2014年5月1日
トヨタホーム株式会社
パナホーム株式会社
ミサワホーム株式会社

トヨタホーム株式会社(名古屋市東区、取締役社長 山科忠)、パナホーム株式会社(大阪府豊中市、取締役社長 藤井康照)、ミサワホーム株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長執行役員 竹中宣雄)の3社は、千葉県浦安市日の出地区において共同で開発を進めているスマートハウス分譲地「THE ISLES(ジ・アイルズ)」に「自立型スマート自治会集会所」を浦安市との官民連携により整備しました。12月に浦安市に引渡し、浦安市の管理のもと運用を始めます。

「ジ・アイルズ」は東日本大震災後初めて浦安市で実施されている大型分譲です。当街区は震災でも液状化被害は出ませんでしたが、改めて道路を含めて地盤を強固にする液状化対策工事を実施。そのうえで、地域コミュニティーの防災活動拠点となる「自立型スマート自治会集会所」を設置しました。

「自立型スマート自治会集会所」は太陽光発電システムなどによってスマートハウスとしての機能を持ちながら、通常はコミュニティー交流の場として、地域住民の皆様の打ち合わせほか、イベントなどにご利用いただきます。災害時には地域住民の皆様の生活を支援できるよう、非常食などを保管する備蓄庫を備え、下水道が止まっても利用できる「ハイブリッドトイレ」や蓄電池、非常用給電システムを装備しました。トヨタホーム、パナホーム、ミサワホームの3社は、今後も安全で安心の街づくりを進めてまいります。

■自立型スマート自治会集会所の概要

□ 平面図

□ 主な仕様

敷地面積230.79㎡(69.81坪)
延べ床面積130.60㎡(39.50坪)
(1F:90.74㎡/2F:39.86㎡)
フロア1F:集会室1(約32㎡)、キッチン、車いす対応トイレ、防災品備蓄庫
2F:集会室2(約11㎡)、和室(10畳)
防災設備(1)ハイブリッドトイレ
(2)防災品備蓄倉庫
スマート関連設備(1)蓄電池
(2)太陽光発電システム
(3)HEMS
(4)非常時給電システム

【THE ISLES(ジ・アイルズ)の概要】



2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。