パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 『パナソニック エイジフリーケアセンター岐阜茜部』竣工

パナホーム請負によるパナソニックの在宅介護サービス拠点
『パナソニック エイジフリーケアセンター岐阜茜部』竣工
2016年4月オープン予定

2016年4月6日

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)では、このたび、当社がオーナー開発と建物の設計・施工を請負い、パナソニックグループのパナソニック エイジフリー株式会社が運営する在宅介護サービス拠点『パナソニック エイジフリーケアセンター岐阜茜部』(以下、エイジフリーケアセンター岐阜茜部)」が竣工しました。同施設は4月中にオープンする予定です。パナホームの請負による「パナソニック エイジフリーケアセンター」は全国で初めてとなります。

パナソニック エイジフリー株式会社が運営する在宅介護サービス拠点「パナソニック エイジフリーケアセンター」は、「ショートステイ」「デイサービス」「訪問入浴」「訪問介護」「ケアマネジメント」など複数の介護サービスをワンストップで提供。デイサービスに加え、ショートステイの設備と体制を備えていることが特長で、数日間自宅から離れるショートステイを、通い慣れたデイサービスの拠点で利用できます。特に認知症の方にとっては、環境変化による心理的な負担を軽減でき、家族にとっても安心につながります。「エイジフリーケアセンター岐阜茜部」では、まず「ショートステイ」「デイサービス」「訪問入浴」の3つのサービスから提供を開始します。

『エイジフリーケアセンター岐阜茜部』の建物は、パナホームの軽量鉄骨構造の2階建。優れた防火・耐震性能をはじめ高い断熱・換気性能を備え、利用される高齢者が快適で安心して過ごせる住環境を実現します。また、これまで、全国で高齢者住宅や介護施設など累計1,500棟以上の建築実績があるパナホームの高いプランニング力や、ノウハウを活かした仕様、設備の選択を行っています。


『パナソニック エイジフリーケアセンター岐阜茜部』外観

■ 『エイジフリーケアセンター岐阜茜部』のサービス

「泊まり(ショートステイ)」の機能を核に、複数のサービスで在宅介護のニーズに対応

在宅介護でニーズの高い「泊まり(ショートステイ)」の設備と体制を完備し、「泊まり」「通い」「訪問」の複数のサービスを一拠点で提供します。「エイジフリーケアセンター岐阜茜部」では、まずは、「ショートステイ」「デイサービス」「訪問入浴」のサービスから提供。その後、5月から「ケアマネジメント(居宅介護支援)」を開始予定。「訪問介護」については地域ニーズに応じて拡充する予定です。

“かかりつけの介護”サービスとして、利用者の症状や身体の状況、食事・趣味趣向などの情報をスタッフ間で共有、連携しているため、利用者本人や家族が安心して利用することができます。

「通い」で慣れた場所のため、中重度の方や認知症の方も安心して利用可能

■ パナソニックとパナホームで一気通貫のバリューチェーンを展開

このたび竣工した『エイジフリーケアセンター岐阜茜部』のように、パナホームで土地情報の開発・設計・建設を行ない、パナソニックで職員の採用と教育、利用者の募集、介護サービスの提供を行なうことで、土地オーナー様や施設の利用者様へ顧客価値を高めた商品やサービスの提供をすべてグループ内で行なうことが可能となります。

今後、パナホームでは地域に貢献できる安定した土地活用事業としてこの「一気通貫のバリューチェーン」ビジネスモデルを土地所有者に向け積極的に提案してまいります。

エイジフリー事業 一気通貫のバリューチェーン

■ 建物の特長

建物は、鉄骨の柱・梁とアタックフレ−ムを組み合わせた制震鉄骨軸組構造(HS構法)を採用し、優れた耐震性能を実現します。また、天井・外壁・基礎など、建物全体を高性能断熱材で包み込むことで、高い断熱性能を備え、利用される高齢者が快適で安心して過ごせる住環境を実現します。

さらに、設備・仕様は、「顔認証システム」や「アクアハ−トシリーズの水廻り商品」など、パナソニックのさまざまな技術や製品の導入により、利用者の快適な暮らしを実現します。

なお、プランニングは「デイサービスセンター・ショートステイ」を階層別に分けることで効率的な動線を実現し、建物を2階建にする事で災害時における避難においても配慮しています。

※:鉄骨の斜材部に「座屈拘束+低降伏点鋼」を使用した強靭な耐力壁

■ 『エイジフリーケアセンター岐阜茜部』の主な空間・設計提案

●エントランス
デイサービスセンター・ショートステイの共通エントランスは、「パティオ・天井面の間接照明と壁のレンガタイル貼り」で開放感と高級感を演出し、気軽に通いたくなる様なカフエのエントランスをイメ−ジして造られています。


エントランス

●デイサービス(定員33名)
1階のデイサ−ビスは、リハビリ機器をはじめ季節に応じたレクレ−ションが出来る仕様になっています。また、インテリアは、木質フロアをはじめ、暖色系のカラ−を採用する事で温かみのある空間にしています。


機能訓練室兼食堂

●ショートステイ(定員20名)
床段差の解消や余裕のある開口幅、手摺等、随所にバリアフリーの配慮を施しています。認知症の方への配慮として見守りやすい空間構成、変化のある色彩コ−ディネートを行い、落ち着いて生活出来る環境づくりを実現しました。また「全室個室トイレ付」となっていますので、入居者が安心して快適に過ごしていただくことができます。


居室


共用部

●浴室
1階には特殊浴室を導入し、介護レベルが高くなった場合でも安心して利用していただけます。2階には連結浴室を配置し、安全かつ効率的に介助できる空間設計を行いました。
これらのところではパナソニック製の浴室ユニットや支援機器を採用しました。


浴室

■ 『エイジフリーケアセンター岐阜茜部』概要

名称パナソニック エイジフリーケアセンター岐阜茜部
施設類型在宅介護サービス拠点
所在地岐阜市茜部辰新1丁目15番地
名鉄本線「笠松」駅より徒歩約12分
構造・階数パナホームHS鉄骨造・地上2階建
敷地面積869.68m²(263.07坪)
延床面積915.45m²(276.92坪)
用途デイサ−ビス定員33名
ショートステイ定員20名
竣工2016年3月31日
オープン2016年4月 予定
運営パナソニック エイジフリー株式会社
設計・施工パナホーム株式会社


2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。