パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 約2,500戸のスマートタウン『SAVASA(サバサ)』販売開始

日本の技術と街づくり理念を採用
約2,500戸のスマートタウン『SAVASA(サバサ)』販売開始
2018年9月15日・インドネシア 西ジャワ州ブカシ県で記念式典を開催

2018年9月18日

パナソニックグループと双日グループが設立したインドネシアでの分譲住宅共同事業会社、「パナホーム デルタマス インドネシア社」(PT. PanaHome Deltamas Indonesia、以下、PHDI社)は、インドネシア・ブカシ県のデルタマス・シティ(Deltamas City / Kota Deltamas*:住宅・商業施設・工業団地の総合都市)における職住近接のスマートタウン、『SAVASA(サバサ)』の販売予約開始に伴い、2018年9月15日に現地で記念式典を開催しました。式典には政府関係者を含め、総勢約150名が参加し、新設のマーケティングギャラリーや2棟のショウユニットを披露しました。第1期分(約13ヘクタール、全811戸)は2018年10月より正式に販売開始予定です。

*「Kota Deltamas」は「Deltamas City」のインドネシア語表記。

『SAVASA』は、パナソニックグループが日本で培った住宅づくりのノウハウや、双日グループのインドネシアにおける大規模開発の豊富な経験値を活かして、4つのスマートコンセプト((1)スマートタウンシップ (2)スマートセキュリティ (3)スマートホーム (4)スマートコミュニティ)を採用したスマートタウン。環境と安全に配慮した持続可能な街づくりにより、工業団地に勤める人や子育て世代に良質な住環境を提供します。2030年には、最大で約2,500戸、人口約10,000人規模の街が完成する予定です。

記念式典では、PHDI社の社長 田中 一彦が「インドネシアの人々対し、我々のスマートライフスタイル提案は受け入れられると信じています」と抱負を語り、同社副社長のホンキー ジェフリー ナンタン氏が国際色豊かなデルタマス・シティでの住宅事業について「合計900の日系企業が所在しており、日本品質の住宅ニーズがあると確信しています」と述べました。日本特別派遣大使のラフマット ゴーベル氏は挨拶の中で、「インドネシアの経済成長率は5%を越えており、来年はさらに良くなります」と語りました。

『SAVASA』スマートコンセプト

  1. スマートタウンシップ:風や太陽光、雨水を効果的に活用するパッシブデザインを採用。省エネルギー性を向上し、緑豊かな美しい街並みを実現
  2. スマートセキュリティ:住民が安心して暮らせるよう、CCTVネットワークなど、街全体のセキュリティを高めるとともに、各住戸にパナソニック製ホームセキュリティシステムを採用
  3. スマートホーム:独自のW-PC構法(POWERTECH)を採用した住戸は耐震性に優れ、風の通り道や屋根断熱、独自の換気システム(PURETECH)により、健康で快適な住空間を実現。パナソニック製ダウンライトやセンサーライトなどの採用により消費電力も削減
  4. スマートコミュニティ:店舗やコインランドリーなど充実した住民専用施設を充実し、利便性を向上。街区内に共同農場を設けることで、植物や野菜の生産を通じて住民同士のコミュニティ形成を促進し、相互見守りによる安全性を向上

■スマートシティ 『SAVASA』の特長

(1)スマートタウンシップ

  • 自然のエネルギーを最大限活用するパッシブデザインを街づくりや住宅に採用。風の通り道を考慮した設計により、エアコン負荷を抑えるなど、省エネルギー性を高めます。
  • 雨水利用に配慮したバイオスウェルを採用し、共用部の樹木や植物の水やりに再利用することで、ランドスケープの維持管理にも役立てます。
  • スマートタウンのシンボルとして、共用部にはパナソニック製太陽光発電システムやLED街路灯を設置するなど、自然エネルギーの活用と消費エネルギーの削減を図ります。持続可能な街として街の価値向上を図り、住人の環境意識も高めます。

(2)スマートセキュリティ

  • 各住戸の防犯性を高めるために、パナソニック製の先進機器を採用。ホームセキュリティシステムでは、外出先からスマートフォンを介して自宅の様子を確認可能です。このほか、屋外用センサー付照明システムでは、人感センサーによって自動で照明をON/OFFすることで、犯罪心理の抑制効果が期待できる上、消費電力も低減可能です。
  • 街全体の防犯性を高めるゲーテッドタウンとして、CCTVネットワークやボーダーセンサーを採用することで、住民が安心して過ごせる環境を提供します。
  • 安全面においては、街区内のメイン道路を自動車道と歩行者や自転車専用路に区分し、スピードを出しにくい湾曲した街路計画を採用。歩行者や自転車にも優しい街づくりを推進します。

(3)スマートホーム

  • 住宅の安全性を高めるために、建物はパナソニック独自のW-PC構法、POWERTECHを採用。通常、インドネシアで中高層建築物に求められる耐震基準を住宅においてもクリアする強い構造にすることで、地震の多いインドネシアでも安心して暮らせる住まいを提供します。
  • 健康的な室内環境を保つために、パナソニック独自の換気システム、PURETECHを採用し、外気導入時には空気中に含まれるPM10を97%※1取り除くフィルターを介して室内に取り込みます。さらに、建物内に風の通り道を設けて換気を促しながら、室内の空気を清浄に保ちます。

※1 フィルター単体の性能値です。

(4)スマートコミュニティ

  • 街区内には、住民専用施設としてコインランドリーや配送ボックス、店舗や飲食店を充実させることで利便性を高め、共働き家族などがくらしやすい街づくりを行います。
  • 住民用共同農園や緑地帯を設けることで、植物や野菜の栽培を通じて住民間の交流を通じた地域コミュニティの形成に役立てることで、相互見守りによる安全性を向上させます。

■SAVASA街区図

画像:SAVASA街区図第1期区画:Asa、Niwa、Hana、Yuta

■各住戸の仕様(第1期)

タイプ TypeA(2 Bedroom)
敷地 66㎡
延床面積 64㎡
供給戸数 489戸
タイプ TypeB(3 Bedroom)
敷地 84㎡
延床面積 80㎡
供給戸数 322戸

<ご参考>

■パナホーム デルタマス インドネシア株式会社(PHDI社)について

PHDI社は双日グループのプラデルタ レスタリ株式会社(PT. Puradelta Lestari Tbk、以下、PDL社)が開発、運営を行う総合都市インフラ開発事業であるデルタマス・シティ内での住宅開発を目的として、パナソニックグループ会社であるパナソニック ホームズ ゴーベル インドネシア株式会社(PT. Panasonic Homes Gobel Indonesia、以下、PHGI社)が51%、PDL社が49%出資し、2017年11月に発足した会社です。

■会社概要

会社名 PT. PanaHome Deltamas Indonesia
代表者 田中 一彦
資本金 3,600億ルピア(約30億円)
出資構成 パナソニック ホームズ ゴーベル インドネシア株式会社
(PT. Panasonic Homes Gobel Indonesia):51%、
プラデルタ レスタリ株式会社(PT. Puradelta Lestari Tbk、
インドネシア証券取引所上場):49%
(出資構成:双日 25%、シナル マス ランド グループ 57.3%、
一般株主 17.7%)
事業内容 分譲住宅開発・販売
設立 2017年11月

■ デルタマス・シティの概要

画像:デルタマス・シティ立地図

名称Deltamas City(Kota Deltamas)
立地インドネシア 西ジャワ州ブカシ県
内容住宅・商業・工業団地の総合都市
開発規模総開発面積約3,200ヘクタール

当リリースの掲載写真は、「Panasonic Newsroom Japan」(URL:https://news.panasonic.com/jp/topics/)の各トピックスのページよりダウンロードができます。


『SAVASA(サバサ)』ショウユニット(左:タイプB 右:タイプA)


記者発表会での記念撮影


『SAVASA(サバサ)』 リンクハウスイメージ タイプB



2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。