Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

万一の地震による建て替えを保証します。 地震あんしん保証 ・保証には条件があります。

確かな強さと保証で万一の時もご家族の「安心を約束する家」を。

あなたの考える安心は
本当に大丈夫ですか?

地震大国の日本。大地震はどこで発生してもおかしくない!

近年、未曾有の自然災害が頻発している日本。文部科学省による今後30年間の地震発生確率では、主に太平洋側を中心に高くなっていますが、確率が低い地域でも油断は禁物です。2016年4月の熊本地震(M7.3)の発生確率は30年以内に1%未満でした。地震大国である日本では、どこで、いつ大きな地震が起きてもおかしくないと言われており、将来の大地震に対する不安の高まりから、地震保険の加入率は年々増加しています。

※出典:地震調査研究推進本部「全国地震動予測地図2018年版」文部科学省

出典:地震保険統計速報 - 損害保険料率算出機構

実は地震保険の補償は建物価格の半額まで?

地震の揺れで建物が全壊してしまった場合、地震保険では半額分までしか補償されないことをご存じでしょうか。最大でも火災保険金額(建物価格)の50%となり、建て替えを行う場合、費用の半額は自己負担となります。

パナソニック ホームズは強さへの自信の証として、
万一の地震による建て替え保証を開始。

強さに自信があるから実現できた

地震の揺れによる全壊時の建て替えや、半壊時の補修をお約束する
「地震あんしん保証」をスタート。安心が続く毎日をお届けします。

建て替え保証を実現したのは、独自の「強さ」と積み重ねた「実績」。

1:超高層ビルと同じ制震技術を採用

地震で一度は倒壊を免れたとしても、構造体が損傷すると安心して住み続けることはできません。パナソニック ホームズは、地震による倒壊を防ぐことはもちろん、ゆがみまで防ぐことにより建物の損傷を最小限に抑えます。地震の後まで安心して暮らし続けられる住まいをめざし、業界で初めて※1 超高層ビル建築に使用される制震技術を採用しました。

先進技術を採用した高耐力制震フレーム

1:超高層ビルと同じ制震技術を採用

実大の住宅を用い、国内最大級の実験施設の油圧能力の限界に挑戦する過酷な耐震実験を実施。実験後の検証では、一部にクロスの切れやタイルのひび割れ、瓦の割れがあるものの、構造体の交換が必要となるような大きな損傷はなく、パナソニック ホームズの住まいの大地震への強さを実証しました。

実験施設の限界に挑戦した耐震実験

1:超高層ビルと同じ制震技術を採用

阪神・淡路大震災後の当社の住まい

※1.工業化住宅業界で初めて「座屈拘束技術」を採用(2020年3月当社調べ)
※2. 2011年6月、日本最大の加振能力を有する実験施設にて実施。基礎については、本実験施設では確認できないため、他の実験でクラック・割れが生じても、建物が安全であることを確認しております。建物条件によっては同様の実験結果とならない場合もございます。この実験で制震鉄骨軸組構造の高い耐震性は確認できましたが、実際の地震におけるお客さまへの保証は保証基準によりますのでご了承ください。

地震あんしん保証
の対象商品

戸建住宅
賃貸住宅

地震あんしん保証
保証条件

項目 保証の適用となる条件
対象物件 制震鉄骨軸組構造(HS構法)・大型パネル構造(F構法)の
耐震等級3を有する居住用建物(賃貸住宅・賃貸併用住宅を含む)※1
適用範囲 計測震度6.8以下の地震の揺れによる建物の全壊、大規模半壊、半壊
保証内容 全壊時:建て替え、大規模半壊・半壊時:補修を行う※2
被害判定方法 市町村が判定して発行する「罹災証明書」および「住家被害認定調査票」による
保証限度額 1回の地震につき1棟あたり、建物価格、または5,000万円のいずれか低い金額
年度保証限度額※3 年度内に日本全国で発生した保証対象物件の損壊に対する保証額の総額
2020年度:2億円、2021年度:4億円、2022年度:6億円、2023年度:8億円
2024年度以降:10億円
保証期間 お引渡し日から10年間
2020年4月1日契約分より適用

※1.建物には門、塀、アプローチ、物置、車庫その他の付属建物は含みません。

※2.当社に工事を依頼することが条件です。役務を提供するものであり金銭の支払いは行いません。既存建物等の解体・撤去費用は負担しません。

※3.年度内において地震の発生日が早い順に保証を適用します。ただし、72時間以内に生じた2以上の地震はこれらを一括して1回の地震とみなします。同一年度内に日本全国で発生した保証対象物件に対する保証額の総額が年度保証限度額を超える場合には、役務提供の保証額を減額します。また年度保証限度額を超えた地震の後に、再度地震による損壊が発生した場合には、保証対象外となります。

地震あんしん保証
について教えて!

地震規模の「計測震度」って何のこと?
地震観測点で震度計によって測定された地表の揺れ(地震動)の強さの程度を数値化した震度のことです。一般的な「震度」とは別表のような関係があり、計測震度6.5以上は全て震度7になります。また計測震度0.1の違いは地震による揺れエネルギーで1.26倍もの差があります。当社は日本最大の加振能力を有する実験施設にて、油圧能力の限界加振実験を行い、過去の大地震を上回る計測震度6.8でも、構造体に大きな損傷はありませんでした。
計測震度 震度
0.5未満 0
0.5以上1.5未満 1
1.5以上2.5未満 2
2.5以上3.5未満 3
3.5以上4.5未満 4
4.5以上5.0未満 5弱
5.0以上5.5未満 5強
5.5以上6.0未満 6弱
6.0以上6.5未満 6強
6.5以上 7

■計測震度
当社限界加振実験:6.8

(過去の大地震)
阪神・淡路大震災:6.6 
東日本大震災:6.6 
熊本地震:6.7

地震保険金だといくら支払われるの?
火災保険金額(建物価格)の50%までとなり、損害の程度によって保険金が変わります。地震保険に加入していれば万一の場合でも、当社が建物を原状復帰する上に地震保険からも保険金の給付がありますので、建物以外の補修費用にも充てることができてより安心です。
地震
保険金
損害の程度 火災保険金額に
対する支払い割合
例:建物取得金額
3,000万円の場合
全損 50% 1,500万円
大半損 30% 900万円
小半損 15% 450万円

【条件】・火災保険金額を建物価格に設定・地震保険金額を火災保険金額の50%(上限)に設定

確かな強さと保証について、
詳しくは展示場や分譲地にて
ご説明させていただきます。

空間の広がりや家事動線が体感できる、
プロに相談できる。
住まいづくりのヒントがいっぱいの
展示場でぜひご体感ください。

展示場WEB予約来場特典

WEBからご予約の上、
展示場にご来場いただいた方へ

防災に役立つ
「安心BOX」プレゼント!

「防災力の持続」を追求する知恵と工夫を紹介した「安心BOOK」と
当社の家づくりへの思いをまとめた「良家BOOK」、首にかけて両手が使える「LEDネックライト」をセットにしたBOXをプレゼント!

〈 予約来場受付中 〉

「安心BOOK」&「良家BOOK」と「LEDネックライト」の3点セット
「安心BOOK」&「良家BOOK」と「LEDネックライト」の3点セット

さらに! オリジナル
QUOカード(500円分)も進呈

〈 予約来場受付中 〉

※数に限りがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます。あらかじめご了承ください。※上記プレゼントは、1家族様につき各1点、1回限りとさせていただきます。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

中古住宅

土地活用