パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > ガンバ大阪アカデミー『青翔寮』が竣工

住宅メーカーならではの提案で、心身ともにトッププロとして育つ住環境を提供
ガンバ大阪アカデミー『青翔寮』が竣工

2018年3月27日

パナホーム株式会社は、サッカーJ1クラブ・ガンバ大阪アカデミーの選手寮『青翔寮』(大阪府吹田市)を建築請負していましたが、このたび、3月16日(金)に竣工いたしました。

『青翔寮』は、全寮制でサッカーのトッププロを目指す「ユース」と「ジュニアユース」の選手が生活します。同寮は、スタジアム・練習場から至近距離にあることや、共同生活に相応しい間取り・設備を備え、サッカーに集中できる住環境とサッカー中心の生活環境を創出し、プロとしての心身・技術を効率的に学ぶことができます。また、寮監が常駐し、生活面の指導も行い、「人間力の育成」をすることで、プロに相応しい選手を育てることを目指しています。

当社が、Jリーグクラブの施設建築を請負うのは、ガンバ大阪のクラブハウス(大阪府吹田市・1997年竣工)、大宮アルディージャのクラブハウス(埼玉県さいたま市・2012年竣工)に続いて3例目となります。

写真:ガンバ大阪アカデミー 『青翔寮』 外観
ガンバ大阪アカデミー 『青翔寮』 外観

■『青翔寮』における当社の提案

当社は、『青翔寮』の提案にあたり、50余年に渡る住宅事業で培ったノウハウ・技術を活用するとともに、松下幸之助創業者が唱えた『住まいは人間形成の道場』の考え方に基づき、アカデミー選手が一同に集える場として計画しました。アカデミーの選手には、『青翔寮』の住環境で、「豊かな人間形成」、「世界に通じるクリエイティブ選手の育成」、「フェアプレー精神の順守」の3つの理念を、身に付けてもらうことを目指しています。

また一方で、プロとしてのハングリー精神を培うため、間取り・設備・仕様の全てを快適に作り上げるのではなく、シンプルな構成としています。

なお、建物は、制震鉄骨軸組構造のパナホームとし、主要な建材・電材・住宅設備はパナソニック製品を採用しています。

●主な空間

【居室】

「人と人との関わりを大切にできることがチームワークに繋がる」思想のもと、共同生活による心の成長を育成するために、ジュニアユースおよびユース(1年生)選手は2人部屋としています。また、プロデビューが近いユース(2・3年生)は個室としています。
室内は、2段ベッドを備えてスペースの効率化を図り、ゆとりある収納スペースも確保しています。学習机は、ルームメイトと相談しながらできるよう横並びにしています。

写真:居室(2人部屋)
2人部屋

【ゲストルーム】

写真:ゲストルーム監督・コーチの宿泊やアカデミー生の病気の際の看護室としてゲストルームを2部屋設置しています。

【食堂兼ミーティングルーム】

写真:食堂兼ミーティングルーム食堂は、明るく快適な空間にしています。前方には、ワイドなホワイトボードを設けて、チームミーティングのスペースとしても活用できるようにしています。
食堂は、テラスと一体で計画することにより、開放感が味わえる空間としました。

【浴室】

写真:浴室シンプルでモダンな空間とした浴室は、温冷交代浴に対応できるよう、2つの浴槽を設置しています。

■『青翔寮』概要

名称 ガンバ大阪アカデミー 『青翔寮』
所在地 大阪府吹田市
敷地面積 2,001.50㎡(605.45坪)
延床面積 1,163.83㎡(352.58坪)
構造 制震鉄骨軸組構造・地上2階建
  • 1階:食堂兼ミーティングルーム、浴室、会議室、洗面所、洗濯室、2人部屋13室 厨房、寮監部屋
  • 2階:洗面所、洗濯室、ルーフバルコニー、1人部屋30室、ゲストルーム2室
着工 2017年4月1日
竣工 2018年3月16日
入寮 2018年3月22日
設計・施工 パナホーム株式会社 大阪支社

※園児(年長)と小学校1~6年生による「ジュニア」、中学生による「ジュニアユース」、高校生による「ユース」という3つのカテゴリーで構成。選手の成長とそれぞれの年代に必要な指導を行うべく、経験豊富な指導者を配置。トッププロを頂点に据え、ジュニアからユースまで一貫指導体制のなかで、活躍できる選手の育成に力を注いでいます。


関連ページ



2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。