パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 『MIRAI Residences(未来)』の第2期(384戸)販売を開始

2021年3月11日

パナソニック ホームズ株式会社

マレーシア現地企業とのJV会社による、
全1,496戸の大規模分譲マンション事業

『MIRAI Residences(未来)』の
第2期(384戸)販売を開始
~パナソニックのQAFL(空気質)技術を
全戸に採用し、窓を開けずに空気を浄化~

パナソニック ホームズ株式会社の子会社、パナソニック ホームズマレーシア株式会社(以下、パナソニック ホームズマレーシア社)とマレーシアの現地デベロッパー、MKH株式会社(以下、MKH社)が2018年に設立したJV会社MKHプロパティ ベンチャーズ株式会社(以下、MKHプロパティ ベンチャーズ社)は、マレーシアのカジャン地区で開発中の分譲マンション『MIRAI Residences(以下、MIRAI(未来))』の第2期販売(384戸)を2021年3月12日より開始します。『MIRAI(未来)』は、当社が日本で培った住まいづくりのノウハウや技術と、MKH社のマレーシアにおける知名度や豊富な経験値を融合させた4棟、全1,496戸の大規模マンションです。施工は、パナソニック ホームズマレーシア社とMKH社との間に2015年に設立した建築請負会社パナソニック ホームズ MKHマレーシア株式会社が担い、2024年9月完成を目指しています。MKHプロパティ ベンチャーズ社は、2020年9月に第1期(748戸)販売を開始し、コロナ禍でも好調に推移したことから、この度の第2期販売を決定しました。当社海外事業においてはインドネシア、台湾での分譲開発に次ぐ、マレーシアでの分譲開発事業第1号となります。

『MIRAI(未来)』はクアラルンプールから南東20km地点のカジャン地区中心部に位置し、2021年4月に開業予定の現地鉄道・新カジャンKTM駅から徒歩7分の恵まれた立地条件にあります。また、大規模マンションのスケールメリットを生かし、約14,770m2の共用部に40以上の共用施設・設備を充実。さらに、全住戸にはパナソニックがアジアで展開する、空気質“Quality Air For Life(QAFL)※1”技術を採用します。全熱交換気システム(住戸タイプによっては換気システム)※2とnanoe™ X※3付エアコン(2台)を各住戸に設置し、室内空気を清浄に保ちます。機械換気によって窓を開けずに自動で換気を行い、室内空気を入れ替えることで、コロナ禍で高まる室内の空気質に対する人々ののニーズを満たし、安心で快適な暮らしをお届けします。

『MIRAI Residences(未来)』 イメージパース
『MIRAI Residences(未来)』 イメージパース

物件概要

物件名MIRAI Residences(未来)
所在地Kajang 2, 43000 Kajang, Selangor
開発規模42,330m2
建物・戸数27階建て及び29階建て・4棟・全1,496戸
設計MKH Property Ventures Sdn Bhd
施工Panasonic Homes MKH Malaysia Sdn Bhd
建物鉄筋コンクリート造
間取り2LDK(53.70m2) 3LDK(78.04m2) 3LDK(86.49m2
工期2020年7月~2024年9月(予定)
  1. ※ 1:“Quality Air For Life”の略で、APAC地域での空質価値創造事業のコンセプト。空調(エアコン)、換気・全熱交換器システム、nanoe™技術を組み合わせて、パナソニックならでは空質価値の提供を目指しています。
  2. ※ 2:全熱交換気システム標準設置:3LDK(86.49m2)、3LDK(78.04m2)、換気システム標準設置:2LDK (53.70m2)。 
  3. ※ 3:nanoe™は、パナソニックの登録商標です。

本件の関連情報


プレスリリース画像ダウンロード



2020年1月、当社はパナソニックとトヨタ自動車が未来志向のまちづくりを目指して設立した
新会社 プライム ライフ テクノロジーズ 株式会社のグループ会社となりました。