パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 『Up DATE City(アップデートシティ)協議会』

2021年10月25日

Up DATE City(アップデートシティ)協議会
パナソニック ホームズ株式会社

福島県伊達市高子地域に
『健幸と生涯活躍のまち』をつくり
『想像を超えたくらし』の実現を目指す

『Up DATE City
(アップデートシティ)協議会』
設立と活動開始のお知らせ

パナソニック ホームズ株式会社と福島県伊達市は、このたび、33の企業・団体とともに、伊達市高子地域に開発を予定している大型分譲地「Up DATE City(アップデートシティ)ふくしま」において、まち全体に関わるルール作り、及びアップデート可能な先進的技術やしくみの導入を検討する『Up DATE City(アップデートシティ)協議会』を、2021年10月7日に設立しました。

「Up DATE Cityふくしま」は、17代当主・独眼竜政宗で知られる伊達氏が最初に居住したとされる高子岡館跡の隣接地で、阿武隈急行線「福島駅」より約14分「高子駅」北側隣に接地。「福島駅」からは車で約25分の場所にあります。また、2021年4月に全線開通した相馬福島道路「伊達中央IC」より車で約2分、2024年冬に開業予定の東北地方最大級の大型ショッピングモール「(仮称)イオンモール北福島」より約4㎞の場所に位置しています。
「Up DATE Cityふくしま」の総開発面積は約14.1haにおよび、商業施設、複合施設、戸建住宅のほか、子どもから高齢者まで全世代を対象とする「伊達市版生涯活躍のまち構想」に基づく、CCRC施設や認定こども園の整備も予定しており、2023年4月の街開きを目指しております。
『Up DATE City(アップデートシティ)協議会』は、まち全体のコンセプトを「Up DATE City」と定め、その時々に必要な「くらしの仕組みやサービス」のアップデートを行い、生きがいと活躍の機会を高め多世代交流を活発化させることで、『健幸と生涯活躍のまち』をつくり、『想像を超えたくらし』の提供を目指し活動して参ります。

[協議会の概要]

名称 Up DATE City(アップデートシティ)協議会
設立 2021年10月7日
会員
代表幹事
パナソニック ホームズ株式会社
幹事会員
伊達市
一般会員
阿武隈急行株式会社、東日本電信電話株式会社 福島支店、グリーンラボ株式会社、 コンプラス株式会社、
株式会社第一広告社、一般社団法人アクティブライフだてな、株式会社タニタヘルスリンク、
東北電力株式会社、西松建設株式会社、Hubbit株式会社、福島交通株式会社、株式会社ルネサンス
賛助会員
株式会社AC福島ユナイテッド、コクヨ株式会社、ふくしま未来農業協同組合、積水樹脂株式会社、
高子沼を楽しむ会、株式会社東邦銀行、日本興業株式会社、株式会社プラスニューオフィス、
株式会社日本住宅保証検査機構、福島信用金庫、株式会社福島民報社、福島民友新聞株式会社、
株式会社ボーダレス総合計画事務所、株式会社LIXIL住宅研究所
オブザーバー
公益財団法人仁泉会北福島医療センター、学校法人聖光学院、一般社団法人伊達医師会、福島学院大学、
保原地域包括支援センター
アドバイザー
イオンモール株式会社、プライム ライフ テクノロジーズ株式会社



2020年1月、当社はパナソニックとトヨタ自動車が未来志向のまちづくりを目指して設立した
新会社 プライム ライフ テクノロジーズ 株式会社のグループ会社となりました。