パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 第74回全国カレンダー展で、最高賞の『経済産業大臣賞』を受賞

2022年12月22日

パナソニック ホームズ株式会社

2023年版パナソニック ホームズカレンダー
『PEACE/山口一郎 作品集』が

第74回全国カレンダー展で、
最高賞の『経済産業大臣賞』を受賞

パナソニック ホームズ株式会社では、このたび、当社の2023年版オリジナルカレンダー『PEACE/山口一郎 作品集』が、第74回全国カレンダー展(主催:一般社団法人日本印刷産業連合会、産経新聞社 後援:経済産業省、文部科学省、独立行政法人国立印刷局 他)において、12月21日に、応募総数455点の中から、第2部門(BtoC向け企業カレンダー)で『金賞』を受賞。さらに、部門の受賞作品から選出される最高賞の『経済産業大臣賞』を受賞しました。

同展は、1950年に始まった伝統と権威あるコンクールで、印刷技術や企画・デザイン力をはじめ、機能性や創造性等の観点により優秀作品を厳選して表彰。当社のカレンダーは、1993年版より31年連続入賞を更新しています。さらに、5年毎の記念展で設定される『内閣総理大臣賞』も過去2回受賞する等、受賞作品は累計46作品にのぼります。また、ドイツで開催されるヨーロッパ最大のカレンダー展「グレゴール・カレンダー・アワード」で銀賞を受賞する等、国際的にも高い評価をいただいています。

今回の受賞作品『PEACE/山口一郎 作品集』は、大胆なタッチと鮮やかな色使いでエネルギッシュな作品を数多く発表している画家、山口一郎氏の作品を採用しました。動植物をモチーフにした洗練された作品が、力強さの中に優しさやぬくもりを感じさせる大判のインテリア・アートカレンダーです。

シンプルな構図に鮮やかな色彩を重ねた作品は、生命力にあふれており、タイトル「PEACE」についても時代性を受け、快適で心安らかな毎日を願う内容が高く評価され、今回の受賞につながりました。

『PEACE/山口一郎 作品集』 カレンダー【B2サイズ】
表紙(左) 1-2月(中央) 3-4月(右)

カレンダーテーマ - PEACE/山口一郎 作品集

大胆なタッチと鮮やかな色使いでエネルギッシュな作品を数多く発表している画家、山口一郎氏。

動植物をモチーフにした洗練された作品は、力強さの中に優しさやぬくもりを感じさせ、平和や幸せな日常のかけがえのなさを伝えます。「暮らしをアートで彩り、幸せな気持ちになってほしい」「たくさんの人に喜んでもらいたい」という山口氏の思いで描かれた作品に触れることで、みなさまにとって豊かで穏やかな毎日が続きますように。そんな願いを込めて、パナソニック ホームズからお届けします。

PROFILE - 山口一郎 -

写真:山口一郎

1969 年静岡県生まれ、香川県在住の画家。

セツ・モードセミナー在学中に、マガジンハウスの人気雑誌『Olive』でイラストレーターとしてデビュー。卒業後もマガジンハウスの仕事を中心に、雑誌・広告でイラストレーターとして幅広く活躍。香川に移住後、画家としての活動を始める。

2007 年に東京・南青山のギャラリーで画家として初めての個展を開催。現在も定期的な個展のほか、国内外での作品展示、ワークショップ等を開催している。良品計画(イデー)をはじめ、様々なインテリアショップでもポスターや絵画の展示、販売を行う。2021年の1年間 『暮らしの手帖』の目次絵を担当。


プレスリリース画像ダウンロード



2020年1月、当社はパナソニックとトヨタ自動車が未来志向のまちづくりを目指して設立した
新会社 プライム ライフ テクノロジーズ 株式会社のグループ会社となりました。