Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes
パナソニック ホームズ > エキスパート デザイナーTOP > ワークス(作品) > インテリアとデザインが統一された気品ある邸宅

ワークス 020

インテリアとデザインが統一された気品ある邸宅インテリアとデザインが統一された気品ある邸宅

ダイナミックな吹抜けを設えたスタイリッシュなLDK。

リビングは床を1段下げたダウンフロアに。吹抜けで高さと明るさ、広がりを演出。

光と緑を取り込み視線が抜ける玄関は、和室との一体感を意識した開放的な空間。

座った目線で坪庭の借景を切り取るようにデザインされた和室。

統一されたインテリアが空間を彩るこだわりのダイニング・キッチン。

吹抜けの明るさと広がりを共有し、1階から気配を感じられるようにした書斎。

目を楽しませるシンボルツリーと目隠しを兼ねた縦格子を採用したアプローチ。

視線を変えるターンステージを設け、アプローチの演出と外構の一体化を実現。

グレートーンを基調とした気品ある空間をデザイン。

design concept

敷地の奥に玄関を配した
プランが面白いと採用に

オーナーさまは「夫婦二人の家だから車2台分の駐車場、客間1つとLDK、水まわりがあればいいから」と、細かなことは全面的にお任せという方でした。最初にオーソドックスな案を出してご意見をいただき、その中で“こうだったらいいな”とさりげなくお話されたことがありましたので、優先順位をつけてプランを再考しました。敷地が高低差のある細長い南向きの土地だったこともあり、玄関を敷地の奥に配置し、1階はLDKを広く取って客間を兼ねた和室を設え、2階に水まわりを設けるプランをご提案したところ、「これ面白い」と言っていただき即採用が決まりました。

こだわったのは空間の
広がりと一体感の見せ方

狭いながらもどう広く見せるかという部分と、上質でありながらシンプルでかつ細部までこだわっている点が今回の設計の特徴です。間取りでは玄関と和室の一体感、関係性にこだわりました。玄関を入った正面に坪庭が見え、和室を開放することで玄関により広がりが出るところ、訪れた人をおっと驚かせるようなところです。堀座卓を用いて座った時に坪庭だけが切り取られた状態で見えるように工夫した『空間の見せ方』、そこに実用性を加えて、ご夫婦で食事を楽しんだり、来客とお酒を飲んだりできるように考えた『空間の使い方』をご提案し、オーナーさまにも共感をいただきました。

インテリアとの統一で
住空間に気品を生む

インテリアでは一つひとつの素材にこだわり、玄関収納と床の間、ダイニングの造作家具は全部寸法を決めてから同じ鉄錆調の大判タイルを使ってデザインし、気品が漂う住空間に仕上げました。早い段階からインテリア担当と連携し、オーナーさまご夫婦と営業の5人で何度も打ち合わせをしたり、あちこちのショウルーム見学に出かけたのは強く印象に残っています。外構も、敷地の三方に塀を設けアプローチにタイルを使うなど、植栽を含め徹底的にこだわりましたね。私たちを信頼して考えに同調してもらえたことは嬉しかったですし、この住まいは私たちの誰が欠けても実現しなかったと思います。

顔写真

デザイナー紹介へ

作品紹介トップへ

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

賃貸住宅経営

土地活用

リフォーム

中古住宅