Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

実例紹介

土地活用
トップへ戻る
パナソニック ホームズ トップ > 土地活用 > 実例紹介 > クリニックを核に、地域高齢者の生活全体を支える体制づくりを追求

入所施設の需要にこたえて、クリニックを核に、
地域高齢者の生活全体を支える体制づくりを追求しています。

高齢者住宅・介護施設 / グループホーム / 平屋

地域に密着し、生活者の側に立った医療をめざす

1995年の開業以来、福岡県鞍手町の木原医院は、内科を中心とした医療と通所リハビリテーションを通じて、地域高齢者の在宅生活を支えています。2003年11月には、入所施設の需要の高さを受けて「グループホームくるみ」を開設、サービスの選択肢を広げました。同院は、「地域に密着し、生活者の側に立った医療をめざす」という理想に向け、着実に歩を進めておられます。

ダイニング隣の畳コーナーは居酒屋風で、入居者にとって懐かしい昭和初期の雰囲気を演出。

畳コーナーは舞台になったり、五月人形を飾ったり、入居者の生活の憩いの場になっています。

詳細
データ

名称
くるみ
エリア
福岡県鞍手町

他の〇〇施設の実例を見る

実例紹介トップへ戻る