Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

実例紹介

土地活用
トップへ戻る
パナソニック ホームズ トップ > 土地活用 > 実例紹介 > ハイセンスな7階建の医療ビル

新横浜のメイン通りに調和する、
ハイセンスな7階建の医療ビル。

医療施設・クリニック / 医療ビル / 7階建

2018年10月1日以前に掲載された実例です。掲載内容につきましては当時のままで表記されています。

事業計画のポイント

  • コインパーキングの敷地を有効活用し、ビル経営をスタート
  • モノトーンのキラテックタイルを採用し、ガラス面を多用したスタイリッシュな外観デザイン
  • テナントの申し込みが殺到するも、不特定多数の人が出入りする飲食は避けて、医療ビルに

テナントが殺到、結果として医療ビルに

2002年にサッカーワールドカップの決勝戦が開催された横浜国際総合競技場(現:日産スタジアム)。新横浜の駅前、競技場へと向かうアリーナ通りに面した角地に2018年春、1階が調剤薬局、2~7階がクリニック等の医療機関という、医療ビル『367 新横浜』が完成しました。コインパーキングの敷地を有効活用し、ビル経営をスタートされたばかりのオーナーさまにお話をうかがいました。 

「募集もしないうちにテナントの申し込みが殺到して驚きましたが、こんなに強気で大丈夫かなと思いつつも、ほとんどお断りしました。不特定多数の人が出入りする飲食は避けて、オフィスビルにと考えていたからです。そんな中で、どうしても入りたいと猛アピールしていただいたのが、全国に350店舗以上を出店している調剤薬局さんでした。1階にそこが決まると、あっと言う間に全フロアがクリニックで埋まりました。結果として医療ビルになったわけですが、オーナーとしては理想も理想、大満足です」。

クリニック入居前のフロア設計。独自の構法で店舗・オフィスに最適な大空間と大開口を実現しました。

こだわりはビル全体の外観イメージ

オーナーさまと当社は、お父さまの代から30年以上にわたるお付き合いです。単身者向け、ディンクス向け、メゾネットのファミリー向け、分譲住宅仕様の戸建賃貸など、その時代の入居者ニーズに合わせて多様な賃貸住宅をご提案して来ました。そのオーナーさまが初めてのビル建築でこだわられたのは外観イメージです。「アリーナ通りの両側は横浜市の建築指導が特別に厳しいんです。しかも角地で目立つ場所ですから、それにふさわしい建物をお願いしました」。

ご要望を受けた当社では、モノトーンのキラテックタイルを採用し、ガラス面を多用したスタイリッシュな外観デザインを設計。スペースが限られるエントランスは、風除室に大きなガラス窓を設けて開放感を高め、上質な内装材で清潔感のある上品な空間に仕上げました。「ビル全体のイメージを損なわないように調剤薬局の看板にも注文をつけました」と笑顔でおっしゃるオーナーさまは、その名称をお父さまの誕生日にちなんで『367 新横浜』と命名されました。

エレベーターすぐの各戸のドアは重厚なガラス製、 共用部の床はカーペット敷きとし、上質な仕上がりに。

担当者の
コメント

パナソニック ホームズ株式会社
神奈川支社 特建開発支店
特建横浜営業所 石川 修一

オーナーさまは二代にわたって長くお付き合いいただいている大切なお客さまです。これまで賃貸住宅経営のリスク分散や税務対策に配慮しながらご提案して来ましたが、営業担当として「相続税対策が間に合わなかったということだけはないように」と心配しておりました。地価の高い新横浜駅前のビル建築で対策がひと段落ついて、内心ほっとしているところです。地主の皆さまにはぜひ早めの対策をお勧めします。

詳細
データ

名称
367 新横浜
所在地
神奈川県横浜市
用途地域
商業地域
敷地面積
175.00㎡(約53坪)
延床面積
903.72㎡(約273坪)
建物構造
重量鉄骨ラーメン構造
建物規模
7階建・テナント7戸
運営管理
株式会社きーとす

土地活用をご検討中なら
パナソニック ホームズに
ご相談ください

土地活用の成功のカギを握るのはパートナーとなる会社選び。
パナソニック ホームズには、全国で多くのオーナーさまに選ばれ続けてきた、確かな理由があります。

パナソニック ホームズの
土地活用の強み

土地活用をご検討の皆さまに、カタログをプレゼントいたします。
ご興味のあるカタログを取り寄せて、ご検討にお役立てください。

カタログを取り寄せる

2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

土地活用