Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

実例紹介

土地活用
トップへ戻る
パナソニック ホームズ トップ > 土地活用 > 実例紹介 > 人口増が続く大阪都心に住民が楽しく集える地域集会施設がオープン。

人口増が続く大阪都心に
住民が楽しく集える地域集会施設がオープン。

その他 / 集会施設 / 3階建

事業計画のポイント

  • 「高齢者と子どもが集える会館」をコンセプトに、地域住民の集会施設である会館の建て替え
  • さまざまな活動に住民が気軽に参加できるように、開放的な明るい空間
  • 3階部分はダイナミックなオーバーハングで柱のない約60畳の大空間を確保
  • 車椅子の方のため段差をなくした入口など、高齢の住民の皆さまへ配慮

地元住民の寄付を基に建て替えを実現

大阪市の都心中西部に位置する西区は、職住近接に適した地域として人気が高く、国勢調査※の人口増加率が11.3%に上るなど、近年急激な人口増が続いています。既存の地域コミュニティと新たな住民との繋がりが重要となる中、江戸堀連合振興町会さまは「高齢者と子どもが集える会館」をコンセプトに、地域住民の集会施設である会館の建て替えを実現されました。その経緯や想いについて、会長さまと副会長さまにお話をうかがいました。

「地元の方が高額の寄付を申し出てくださって、老朽化した会館の建て替え計画が動き出したんです。2017年12月に建築コンペを行い、我々の希望に応える設計を提案してくれたパナソニック ホームズに決まりました。最終的に250名近くの個人や法人から協賛の寄付が集まり、2019年6月に新しい会館をオープンすることができたんです」。

※出典:平成27年国勢調査

新しい会館に設置された
建設協賛者芳名板

誰もが楽しく集える会館をめざして

江戸堀連合振興町会さまでは、子ども神輿や数千人が参加する盆踊り大会、昔からこの地で祀られてきた弁財天のお祭りなど、さまざまな活動をなさっています。完成した会館はそうした活動に住民が気軽に参加できるように、開放的な明るい空間になっています。1階には神輿、3階には大太鼓が安置され、道を通る人もガラス越しに見ることができます。1階には子ども達が読書に親しめるライブラリー、2階には葬儀を行う際の通夜などに使われる和室や小会議室。3階部分はダイナミックなオーバーハングで弁財天の祠の上に屋根を造ると同時に、柱のない約60畳の大空間を確保。大規模な集会や高齢者の食事会、盆踊りの練習にも重宝されています。

「エレベーターが付いたので高齢者の方にも利用してもらいやすくなりました。車椅子の方も横の入口から段差なしで入れます」と会長さまと副会長さま。子どもから高齢者まで誰もが楽しく集える、地域のコミュニティづくりの中心となる会館が誕生しました。

オープン設計の1階。

1階に安置された神輿。
ガラス越しに外からも見学できます。

担当者の
コメント

パナソニック ホームズ株式会社
近畿第一支社 大阪中央支店 なんば営業所
営業 大矢 尚之

副会長さまにお建ていただいた賃貸マンションの1階を、私ども大阪中央支店の事務所としてお借りしています。そのご縁で地元のお祭りや盆踊りに参加させていただくようになり、今回の建築コンペにお声がけいただきました。地域の活性化に貢献できる大変やりがいのある仕事です。お祭りの時の使い勝手や高齢の住民の皆さまへの配慮など、設計担当とともにご要望を丁寧にお聞きしながら実現しました。

詳細
データ

名称
江戸堀連合会館・江戸堀老人憩いの家
所在地
大阪市西区
用途地域
商業地域
敷地面積
170.08㎡(約51坪)
延床面積
382.71㎡(約116坪)
構造・階数
重量鉄骨造・3階建
用途
地域集会施設

あなたの資産を
次世代へと継承する
「パナソニックの土地活用」

人びとの暮らしを見つめその暮らしの向上を探求してきた、パナソニックの100年。
パナソニック ホームズは創業者 松下幸之助の強い使命感から生まれて以来、
土地活用事業においても多くのオーナーさま・事業者さまの長期安定経営をサポートしてきました。
土地活用のご相談はパナソニック ホームズにお任せください。


パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

土地活用