Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

実例紹介

土地活用
トップへ戻る
パナソニック ホームズ トップ > 土地活用 > 実例紹介 > 区画整理後の新たな駅前の顔となる店舗併用マンションが完成。

区画整理後の新たな駅前の顔となる
店舗併用マンションが完成。

賃貸住宅 / 賃貸住宅+店舗等 / 5階建

事業計画のポイント

  • クリニックや店舗を併設することで地域の方々の暮らしにも貢献
  • 地震に強い構造や外壁、制振装置の採用
  • 白とブラウンのキラテックタイルを貼り分けた外観で、景観の統一感を実現

最終的な決め手は熱意が築く信頼関係

千葉市の中心部に近く東京都心へのアクセスも良好なJR幕張駅周辺は、単身者からファミリーまで幅広い賃貸需要が特徴です。駅前広場や都市計画道路等の整備を含む大規模な区画整理事業が進む中、駅から徒歩3分の好立地に2棟の店舗併用賃貸マンションが完成しました。
会社経営されているオーナーさまは、1棟を会社で、1棟を個人で建築されました。

「区画整理は面積が広く完成はまだ先ですが、私どもの土地が換地指定され建物が建てられるようになったんです。1,000坪を超える土地をどう活用するか、5社に提案を依頼して検討した結果、パナソニック ホームズを選びました。地震に強い構造や外壁のキラテックタイル、駅前道路に面しているので制振装置が付いているのも優れていると思いましたね。でも、最終的な決め手は人です。茶谷支社長や担当の丸山さんが何度も足を運んで熱心に説明してくれました。その熱意が信頼関係を築くんです」とオーナーさま。

区画整理のシンボルになるような建物を

「大きな金額を投資して長いお付き合いになるわけですから、信頼関係がなければできません。実は15年前にパナソニック ホームズで賃貸住宅を建てた時の担当が丸山さんでした。それ以来のお付き合いなんですよ」とおっしゃいます。2019年から2020年春にかけて、駐車場を挟んで2棟の5階建賃貸マンションが完成しました。駅側の『エム グランツ』は1~2階に店舗6テナント、3~5階に賃貸住宅15戸を配置。翼を広げたような美しい外観が目を引く『エム ノーブル』は1階にクリニックや薬局4テナント、2階~5階に賃貸住宅40戸を配置しています。「ホテルやスーパー、老人ホームなどいろんな話が来ましたが、長期的に考えると住宅系が一番安定しています。今回はアッと言う間に満室になって、ちょっと驚きました。クリニックや店舗を併設することで地域の方々の暮らしにも貢献できる。区画整理のシンボルになるような建物にしたかったので、それが実現できてとても満足です」と笑顔でお話しくださいました。

翼を広げたような美しい外観デザインが目を引く『エム ノーブル』。住戸数40戸の大型マンションです。

担当者の
コメント

パナソニック ホームズ株式会社 千葉支社
支社長 茶谷 明宏(写真右)・営業 丸山 浩(同左)

計画段階からのお付き合いの中で「区画整理事業で先頭に立ってご尽力されているオーナーさまのお力になりたい。駅前の顔となる建物をぜひ当社でお建ていただきたい」との熱意を汲んでいただき、厚いご信頼をいただくことができました(茶谷)。主要な住宅メーカー各社で賃貸住宅を建てられ、賃貸経営に精通されているオーナーさまから、建築後の対応は当社が一番との評価をいただき、今回のご契約に繋がりました(丸山)。

詳細
データ

名称
エム ノーブル・エム グランツ
所在地
千葉県千葉市
用途地域
近隣商業地域
敷地面積
3,600㎡(約1,089坪)
延床面積
3,580.8㎡(約1,083坪)
+1,495.86㎡(約452坪)
棟数・戸数
2棟・55戸+店舗(駐車場72台)
間取り
1LDK・2LDK(約42~65㎡)

あなたの資産を
次世代へと継承する
「パナソニックの土地活用」

人びとの暮らしを見つめその暮らしの向上を探求してきた、パナソニックの100年。
パナソニック ホームズは創業者 松下幸之助の強い使命感から生まれて以来、
土地活用事業においても多くのオーナーさま・事業者さまの長期安定経営をサポートしてきました。
土地活用のご相談はパナソニック ホームズにお任せください。


パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

多層階

分譲住宅・マンション

リフォーム

中古住宅

土地活用