Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes
家族の健康を守る空気家族の健康を守る空気

家じゅうまるごと
人が触れるところを
清潔、きれいに。

空気質No.1の住まいをめざして空気質No.1の住まいをめざして

共同研究概要はこちらから共同研究概要はこちらから
私たちが住まいの空気にこだわるのには理由があります。

私たちが
住まいの空気に
こだわるのには
理由があります。

人が1日のうちで
身体に最も多く
取り入れるものは空気です。

●成人1日の摂取量の比較

成人1日の摂取量の比較

  • ※1.内山厳雄(国立公衆衛生院)「空気とヒト-生理的立場から-」(1999)
  • ※2.環境省 熱中症環境保健マニュアル」(2018)
  • ※3.農水省 農林水産基本データ 食料自給率に関する統計
詳しくはこちらから
閉じるボタン
水や食べ物以上にたくさんの量を摂取する空気は、家族の健康や暮らしに大きな影響を与えています。
水や食べ物の質にこだわるように、空気の質にもこだわることが家族の健康を守ると言えるでしょう。

子どもは大人の
2倍の空気が必要。
肺も未成熟なため
空気の影響が懸念されます。

●成人と子どもの空気摂取量の比較

  • ※東京都福祉保険局「化学物質の子どもガイドライン(室内空気編)」子どもの
    体重は1〜6歳の平均体重15kg、大人は日本人標準モデル50kgとして算出。
詳しくはこちらから

人は呼吸をする際、肺全体の85%を占める球形の器官
「肺胞(はいほう)」から酸素を取り込み、
代わりに二酸化炭素を排出します。
その肺胞の伸展を助ける粘液を
「肺サーファクタント(肺表面活性物質)」と言い、
特に2歳までの子どもはこの粘液の分泌が非常に少なく、
肺に障害を受けやすいと言えます。
子どもの健康のためにも、空気環境への配慮が重要です。

閉じるボタン

1日の60〜70%を
自宅で過ごす日本人。
住まいの空気の質は、
より大切に。

詳しくはこちらから

例えば、NHKの2015年の調査では日本人の平均在宅時間は平日で15時間。
1日の半分以上を自宅で過ごしていることになり、
2020年は新型コロナウイルスの影響で過去を上回る在宅時間が予想されます。
家で過ごす時間が長くなった今こそ、空気環境を清浄に保つことが重要と言えるでしょう。

●日本人の在宅時間

日本人の在宅時間日本人の在宅時間

閉じるボタン

いま改めて注目される「換気」。
しかし、窓を開ける換気では、
目に見えない花粉やPM2.5などが
住まいに入り込んでしまいます。

空気に潜んで
健康被害をもたらす
PM2.5
詳しくはこちらから
閉じるボタン
PM2.5とは、直径2.5μm以下の微小粒子全般を指します。
PM2.5のPMとは、粒子状物質を表す、Particulate Matterの頭文字。2.5の単位はμm(マイクロメートル)で粒子の大きさを表しており、1ミリの400分の1のサイズの非常に小さい粒子のことです。つまり、PM2.5とは、直径2.5μm以下の微小粒子全般を指すもので固体もあれば液体もあります。
  • ※1μm(マイクロメートル)は、1mmの1000分の1の大きさです。
    出典:米国EPA・大阪府環境農林水産部「微小粒子状物質(PM2.5)」に関する資料より

粒径の比較粒径の比較

PM2.5は健康への影響が問題になっています。
PM2.5は空気中に常に浮遊し、PM2.5濃度が高い空気を吸い込んでいると気管や気管支、肺などに影響を及ぼすと言われています。PM2.5濃度が高い場合は、特に呼吸器系や循環器系疾患のある方、子どもや高齢者は、数時間や数日といった短期間でも影響を受けやすいとされるため注意が必要です。

観測調査から、国内だけでなく
海外からの影響が大きいことがわかっています。
PM2.5は燃料を燃やしたときに発生する煤などのこと。中国では発電や暖房などの燃料に石炭を使っており、煤が多く発生し大気汚染の要因となっています。日本で観測されるPM2.5の発生源を調べてみると、九州の場合、中国と韓国で約7 0 %、近畿においても中国と韓国で約60%に及ぶことがわかっています。PM2.5は非常に小さくて軽いため、海外で発生してもそのまま風に乗って日本に飛来してきます。日本国内の規制で減らしたとしても海外からやってくる影響も大きいのです。

※(国研)海洋研究開発機構 金谷有剛氏等の調べによる

注意喚起の徹底やマスクの着用でも
十分な対策とは言えない現状。
これまでの大気汚染対策では、原因物質として窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)といった物質が具体的に規定され、その発生を抑制してきました。一方、粒子の大きさで規定されているPM2.5は 標準物質を定めにくく、対策がとりづらいのが現状です。発生源対策として化石燃料の浄化処理や砂漠の緑化など国際的な取り組みを続けることに加え、一時的にはPM2.5の観測や予測の強化、マスクの着用もありますが、完全には防げないため、より有効な方法を探す必要があります。

パナソニック ホームズなら、空気を浄化して自動で換気。家じゅうをきれいな空気で満たします。

パナソニック ホームズなら、
空気を浄化して自動で換気。
家じゅうをきれいな空気で
満たします。

業界初!

住まいの換気システムに
医療現場や精密機器の工場で利用される
超高性能HEPAフィルターを装備。

  • ※1:2014年9月時点 当社調べ。HEPAフィルター搭載の換気システムとして、工業化住宅業界初。
  • ※2:HEPAフィルターの性能値。工場出荷時の初期性能になります。換気システム全体の数値を示すものではありません。また、0.3μm未満の微小粒子状物質については除去の確認ができておりません。
0.3㎛の微粒子99.97%除去0.3㎛の微粒子99.97%除去
  • ※1:2014年9月時点 当社調べ。HEPAフィルター搭載の換気システムとして、工業化住宅業界初。
  • ※2:HEPAフィルターの性能値。工場出荷時の初期性能になります。換気システム全体の数値を示すものではありません。また、0.3μm未満の微小粒子状物質については除去の確認ができておりません。
詳しくはこちらから
HEPAフィルターは、医療現場や
精密機器の工場で広く利用されています。

HEPAフィルターとは、「High Efficiency Particulate Air Filter」の頭文字を指し、空気環境を高い清浄度で保つことが必要とされる医療現場や精密機器の製造工場で用いられることが多い超高性能フィルターのこと。また、高性能空気清浄機や家庭用掃除機のハイエンド機種などの製品にも搭載されています。

HEPAフィルターは9mの不織布。
0.3μmの微粒子を99.97%以上捉えます。
HEPAフィルターについて、微粒子の捕捉状況を顕微鏡で確認したところ、外側と深部の内側にある二重のガラス繊維でPM2.5レベルの微粒子を確実に捉えていることが確認できました。ひだ状に折り畳まれたフィルターは、広げると 9 mの長さがあります。
  • ※HEPAフィルターの性能値。工場出荷時の初期性能になります。換気システム全体の数値を示すものではありません。また、0.3μm未満の微小粒子状物質については除去の確認ができておりません。

特殊撮影でHEPAフィルターの
空気浄化能力を見える化 ▼

特殊撮影でHEPAフィルターの空気浄化能力を見える化

HEPAフィルターを採用した
「エコナビ搭載換気システムHEPA +(プラス)」が
空気の汚れを浄化し、きれいな空気を循環。
沈降作用によって外気よりもきれいなベース空間(床下)の空気をHEPAフィルターでさらに浄化し、その空気をダクトを通して各部屋に直接給気します。汚れた空気は、排気ファンを使って排気します。

エコナビ搭載換気システム
HEPA+のしくみ ▼

エコナビ搭載換気システム
HEPA+のしくみ

年間を通して温度変化の少ない「地熱を活用」。
自然の力である地熱の効果でベース空間(床下)は、一年を通して外気に比べ、温度が安定しています。パナソニック ホームズの換気はそのベース空間の空気を取り込むことと、高性能断熱材で包み込む「家まるごと断熱」による優れた断熱性能により、冷暖房負荷の低減を図っています。

家まるごと断熱のしくみ ▼

家まるごと断熱のしくみ

建物内外の温度差を感知して自動で省エネ運転。

建物内外の温度差を感知して自動で省エネ運転する「エコナビ」機能を搭載。換気にかかる動力負荷を抑えています。また、家まるごと断熱や地熱の活用で冷暖房効率をアップさせ、住まい全体で省エネ性を高めています。

閉じるボタン
世界初!

住宅向け
「グリーンガード認証※2」取得の
VOC対策で、
シックハウスを防止。

  • ※1:2016年3月UL社より、住宅向けグリーンガード認証を取得。
    2016年の世界初の取得から認証継続。
  • ※2:グリーンガードは、UL LLC の登録商標です。
    仕様により、本認証対象外となる場合があります。
    邸毎にVOC濃度を測定したり、認証書を発行するものではありません。
2016年から5年連続認証取得2016年から5年連続認証取得
  • ※1:2016年3月UL社より、住宅向けグリーンガード認証を取得。
    2016年の世界初の取得から認証継続。
  • ※2:グリーンガードは、UL LLCの登録商標です。
    仕様により、本認証対象外となる場合があります。
    邸毎にVOC濃度を測定したり、認証書を発行するものではありません。
詳しくはこちらから
ご家族の健康を考えた世界基準のVOC対策。

室内空気汚染が原因とされるシックハウス問題。パナソニック ホームズは、室内空間における化学物質の放散を抑える徹底した取り組みにより、300を超える化学物質について基準値が定められた、世界基準の厳しい住宅向け「グリーンガード認証」を世界で初めて取得。2016年の取得から、毎年厳しい審査をクリアして認証を継続しています。

●品確法※1による指針とグリーンガード認証の比較

品確法による指針とグリーンガード認証の比較品確法による指針とグリーンガード認証の比較
  • ※1.品確法とは「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の略称です。
  • ※2.邸毎にトータルVOC濃度が500μg/㎥以下になることを保証するものではありません。
閉じるボタン
業界初!

室内壁下地に「稚内珪藻土」を採用。
優れた調湿性能で、
カビ・ダニの繁殖などを抑制。

※1999年10月当社調べ。工業化住宅業界において、初めて珪藻土配合の石膏ボードを使用。

  • ※1999年10月当社調べ。工業化住宅業界において、初めて珪藻土配合の石膏ボードを使用。
詳しくはこちらから
室内や押入れの壁に
調湿機能に優れた壁を採用。

珪藻土は、海中の植物性プランクトン(珪藻類)が何百万年もの歳月をかけて堆積・化石化した鉱物の一種。非常に小さな孔が無数に空いているため比表面積が大きく、優れた調湿性能を発揮します。パナソニック ホームズでは、特に北海道稚内産の珪藻土に注目。室内の壁や、湿気が溜まりやすい押入れの壁に使用し、湿気を好むダニやカビの繁殖を抑えます。

●調湿のしくみ

調湿のしくみ調湿のしくみ

年間を通じて湿度を適正範囲に近づけるように働き※1
カビ・ダニの繁殖、ウイルスの活性化を抑制します。

●当社試験による吸湿量の比較

当社試験による吸湿量の比較当社試験による吸湿量の比較

北海道稚内産の珪藻土の吸湿性能は、
一般の珪藻土の約3倍、木炭の約8倍にも達します。

  • ※1.必ず一定の湿度環境を保つことをお約束するものではありません。
  • ※効果を持続するためには、湿気を吸い続ける状態や放出し続ける状態にならないよう、こまめな換気をおすすめします。
閉じるボタン

どうしても
人が持ち込む
花粉やホコリ。
間取りの工夫で防ぎます。

詳しくはこちらから

住まいの間取りを考えるときは、人の出入りにも注目を。例えば、玄関に家族の帰宅時用の裏動線を用意して、手洗い・うがいを済ませ、上着も収納できるように工夫することで、外で付着した花粉やホコリを居住スペースにできるだけ持ち込まずにすみます。

閉じるボタン
さらに!

全館空調「エアロハス」なら
酷暑の夏も、凍える冬も、
一年を通して
家じゅうを快適な温度に。

2019年度省エネ大賞
詳しくはこちらから
閉じるボタン

パナソニックグループでは長年にわたり、
健やかな住空間をめざして
室内空気質(IAQ)の向上に取り組んでいます。

住まいの視点から衛生面に配慮し、空気をきれいにすることで、ご家族の健康を守りたい。
そんな思いから、パナソニックグループは室内空気質(IAQ)の向上を推進。
室内を清潔に保ちながら空気を循環して“浄化”する様々な技術・商品で社会課題の解決に取り組んでいます。

室内に潜む目に見えない汚れを解決!室内に潜む目に見えない汚れを解決!
拡大する

詳しい内容はこちらから

住まいの空気のことが良くわかる、パンフレットと実例集を3冊セットでプレゼント!住まいの空気のことが良くわかる、パンフレットと実例集を3冊セットでプレゼント!

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

中古住宅

土地活用