パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 『おうち時間を楽しもう!』を強化

2020年10月22日

パナソニック ホームズ株式会社

ニューノーマルな働き方・遊び方の新・生活様式に新提案をプラス
『おうち時間を楽しもう!』を強化
~「#いえハピ」で販売促進コミュニケーションをスタート~

パナソニック ホームズ株式会社では、このたび、ニューノーマルな働き方・遊び方の新・生活様式『おうち時間を楽しもう!』に、在宅時間が増えた生活者のニーズに基づく新提案を強化・拡充し、10月23日から戸建住宅の全商品で展開します。
併せて、同展開をハッシュタグ「#いえハピ」※1で訴求する販売促進コミュニケーションを、WEBサイトやYouTube・Instagram等で展開します。

>コロナ禍によるニューノーマルな暮らしが続く中、在宅時間の増加に伴い、オーソドックスなニーズであるワークスペースの確保のみならず、「共働き夫婦における複数のワークスペース」や「家事がしやすく、家族が家事参画できるプラン・動線・収納」、「ウィルス・菌を持込まず、拡げない工夫」、「ストレス解消や家族が取組める運動・遊びの提案」、「光熱費の見える化等、IoTの上手な活用」等が、暮らしの新たなニーズとして顕在化しています。

>当社が実施した生活者意識調査※2においても、【自宅で増えた行為】は、56%が「家事全般」、47%が「換気の回数」、35%が「趣味や娯楽」、34%が「運動」と回答。また、【換気や衛生面で実践していること】では、「手洗い・うがい」を筆頭に、「一部の窓を常時開放している」(女性・32%)、「換気扇やレンジフードを常時稼働させている」(女性・31%)、「外から帰ったら先ず着替える」(女性・31%)等、日常的な実践・心がけが、従来の暮らしに比べて増えていることが判ります。
また一方で、【自宅でやりはじめた事・楽しんでいる事】では、32%が「運動やトレーニング」、28%が「こだわりの料理」と回答する等、心身の健康維持において前向きな価値観も、より顕在化してきていると言えます。

『おうち時間を楽しもう!』強化提案の一例 イメージ
『おうち時間を楽しもう!』強化提案の一例 イメージ
(「スピーカー付ダウンライト」付スペースで親子エクササイズ)

今回の強化は、今年6月から展開している『おうち時間を楽しもう!』に、当社の生活者意識調査から見えてきたニーズ・ウォンツをはじめ、当社が掴んだ暮らしの課題をフィードバックし、設備・仕様の拡充だけでなく、間取りプランにおいてもバリエーション豊かな新しい提案を盛り込み、コロナ禍における働き方や家事をより効率的に、暮らしをより健康・快適にするものです。

なお、ハッシュタグ「#いえハピ」で展開する販売促進コミュニケーションでは、ニューノーマルな暮らしを効率的・機能的・健康・快適に過ごせる『おうち時間を楽しもう!』の提案について、働く 遊ぶ 健やか 便利にのカテゴリーワードで訴求。当社ならではの視点・強みによる住まいづくりについて、WEBサイトやYouTube・Instagram等で展開し、話題作りと印象付けを図ります。

  1. ※ 1:「#いえハピ」は、2020年10月商標登録手続き中。
  2. ※ 2:調査A/調査方法= WEBアンケート、対象者=全国30~40歳代子持既婚の男女300人・男女とも有職者でコロナ禍での在宅勤務あり、調査期間=2020年7月22日~7月30日。調査B/調査方法= WEBアンケート、対象者=全国 25~44歳 未既婚男女 計1052人、調査期間= 2020年6月25日~6月30日

本件の関連情報


プレスリリース画像ダウンロード



2020年1月、当社はパナソニックとトヨタ自動車が未来志向のまちづくりを目指して設立した
新会社 プライム ライフ テクノロジーズ 株式会社のグループ会社となりました。