パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > ニュース > プレスリリース > 1,000戸規模の住宅部材供給を目指し、JV会社を設立

2021年10月6日

パナソニック ホームズ株式会社

日本の技術でニュージーランドの
住宅供給不足解消に貢献

1,000戸規模の住宅部材供給を目指し、
JV会社を設立
~現地の平均住宅工期(1棟)を約4カ月短縮~

パナソニック ホームズとニュージーランド最大手の建設会社、Mike Greer Commercial. Ltd(マイクグリアコマーシャル社)は、このたび、パナソニック ホームズ社製の住宅部材をマイクグリアコマーシャル社(ビルダー)へ供給するJV会社「NZ Smart Build Technologies. Ltd(NZスマートビルドテクノロジーズ社)」の設立に合意し、2021年8月25日、ニュージーランドでJV会社設立を申請しました。新会社は、パナソニック ホームズが49%、マイクグリアコマーシャル社が51%出資し、10月より事業を開始します。同社は、2021年度中に政府系デベロッパーKāinga Ora(カインガオラ)が計画する物件向けの住宅用部材供給を開始し、同事業を通じて社会問題化しているニュージーランド国内の住宅供給不足の解消を目指します。将来的には、年間1,000戸規模の住宅部材供給を目標に事業拡大を図ります。

JV会社の設立は、パナソニック ホームズが2019年にニュージーランド政府系プロジェクト事業、Kiwi Build Project(キウイビルドプロジェクト)に採択されてから、マイクグリアコマーシャル社と共に、パナソニック ホームズ社製の住宅部材、大型パネル構造(F構法)の供給スキームを検討する中で具現化しました。2021年1月には、ニュージーランドのワイカト地方で、試作棟を共同で完成。試作棟は、ニュージーランドの一般的な住宅建築工期に比べて約4カ月の工期短縮を図れました。さらに、住宅仕様や施工品質などの技術検証においても、同国の建築基準を満たしていることを確認済みです。

JV会社概要

会社名 NZ Smart Build Technologies. Ltd
(NZスマートビルドテクノロジーズ社)
本社 3A / 335 Lincoln Road, Addington, Christchurch 8024
代表者(Director) Michael David GREER(マイケル デイビッド グリア)、田中 一彦、
Andrew Searle(アンドリュー シール)、岩澤 成憲
設立日 2021年8月25日 オンライン登録申請済み
資本金 1,000,000NZ$(日本円約7,800万円 2021年9月時点。1NZ$=78.17円適用)
主たる業務 パナソニック ホームズ社製大型パネル構造の住宅部材を供給(サプライヤー)
出資構成 マイクグリアコマーシャル社51% 
パナソニック ホームズ株式会社49%

現地で展開予定の住宅イメージパース図 
(左:戸建住宅 右:テラスハウス)

本件の関連情報


プレスリリース画像ダウンロード



2020年1月、当社はパナソニックとトヨタ自動車が未来志向のまちづくりを目指して設立した
新会社 プライム ライフ テクノロジーズ 株式会社のグループ会社となりました。