Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes
パナソニック ホームズ > エキスパート デザイナー > デザイナー > 河野 耕平

設計士

河野 耕平お客さまの個性を表現する美しい佇まいの家を。
名前

外観の美しさが家の完成度を決める

ある先輩から「外観がきちんとまとまっていない家は、内部の設計もうまくいっていないことが多い。外観デザインを大事にすべきだ」とアドバイスを受けたことがあります。私自身も設計作業を進める中で、そのことを何度も感じてきました。外観がしっかりデザインされた住まいは室内空間も整っています。住む方の個性がにじみ出るような、美しい外観デザインを心がけています。

敷地にふさわしいゾーニングを工夫する

敷地に対して空間をどう割り振っていくか、その作業を“ゾーニング”と呼びます。「日当たりが期待できるこの場所にLDKを」「水まわりはここに」「落ち着いた静かな場所であるここに寝室を」――といった具合です。ゾーニングに時間をかけることが、設計案の完成度を高めます。敷地を描いた図面を前に、お客さまとアイディアを出し合いゾーニングを決めていく作業は、私にとってもお客さまにとっても楽しい時間です。

お客さまが考えもしないアイディアで喜びを

せっかく注文住宅で家を建てていただくのですから、そのご家族の個性やライフスタイルに合った工夫やアイディア、そして見所のある住まいを設計したいと思っています。それが注文住宅の魅力だからです。お客さまの口から「そんな間取りは考えもしなかった。面白いね」といっていただけるようなものをご提案したいと思っています。

空間の向こう側に、心躍る変化を

外構の塀から玄関へと進むアプローチ、また、玄関を入ってリビングに進む廊下でも、視線の先にすべてを見せてしまわず、その向こうにどんな景色が広がるのだろうと期待していただけるような空間の構成や動線を工夫したいと思っています。ほの暗い路地を進むと、突然視野が開けて明るい大きな空間が広がる――日本の町家などによく見られますが、住まいにもそんな楽しい変化をつくりたいと思っています。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

賃貸住宅経営

土地活用

リフォーム

中古住宅