Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes
パナソニック ホームズ > エキスパート デザイナー > デザイナー > 小林 陽一郎

設計士

限りある空間をより広く、有効に活用するデザインを。小林 陽一郎
名前

聞き役に徹し、お客さまの内なる声を探る

最近ではお客さまご自身が多くの情報を持っていて、ご要望もたくさんありますが、それらを全て取り入れるとボリューム的に収まらないことがあります。お客さまにとって本当に必要なものを見極め、期待以上のものをご提案することが肝要だと思いますので、住まいづくりのスタートは敢えて黙して聞き役に徹し、お客さまがお話しやすい雰囲気づくりを大切にしています。

本当に必要なものを形にする

住まいをデザインするうえで常に心がけているのは、限られたスペースの面積や規模以上に空間そのものが広く大きく感じられるよう、無駄をなくし、無駄な空間を本当に必要な空間に変えていくことです。そのためご要望も含めて必要なものを探し出し、ご提案するようにしています。会話から掘り下げるのはもちろんですが、無駄の見極めにはこれまでの経験が役立っています。何でも自分で体験することは重要だと思っていますので、休みの日には洗濯や掃除をするようにしています。奥さまとのお話も弾みますし、家事動線を考える上でも役に立っていると思います。

お客さまからの「ありがとう」が一番の喜びに

私は大学進学の際、将来を考えたときに、形として残るものを仕事にしたいと思い、建築の道へと進みました。住まいづくりはできあがったときにすごく喜ばれ、お客さまから「ありがとうございました」と言っていただける、他とは違う特殊な仕事です。信頼して任せていただくためには、メリットとデメリットを必ず伝えて、納得していただけるまでお客さまと真摯に向き合うことが大事だと思っています。お客さまに喜んでいただけると、設計士として本当にやりがいを感じますね。

100%満足していただけるデザインを

パナソニック ホームズには、設計満足度という指針があります。住まいができあがって1年後、お客さまに評価をつけていただくというもので、その指針でお客さま満足度を100%にしたいというのが今後の目標です。お客さまの声が一番ですので、その評価を受け止めて改善しなければいけないこともあります。お褒めいただいたときはやはりうれしいですし、励みになります。これからもお客さまに喜んでもらいたいという初心を忘れず、100%満足していただけるようなデザインを追求していきたいと考えています。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

賃貸住宅経営

土地活用

リフォーム

中古住宅