Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes
パナソニック ホームズ > エキスパート デザイナーTOP > デザイナー > 赤松 知明

設計士

会話を大切に、お客さまに
楽しんでもらえる家づくりを。赤松 知明
名前

会話を大切に、お客さまに
楽しんでもらえる家づくりを。

すべてはお客さまにどう感じてもらえるか

家づくりは、基本的にお客さまに楽しんでもらうことが一番だと考えています。相手に楽しんでもらおうと思ったら自分が楽しくないとダメだし、自分が楽しければ相手にも楽しんでもらっているというスタンスで、常にお客さまと向き合うようにしていますね。私にとってデザインとは良い悪いでは無く、お客さまにどう感じてもらえるかがすべてです。お客さまとの会話を通じて生まれてくるものは多いです。一緒につくっていく形をコミュニケーションの中でどう感じ取ってお客さまの想いを上回る提案をしていくかが大切だと思っていますし、感じ取る力が私自身の強みだと思います。

“お客さまと長くつきあえるのが魅力

私はもともと設計事務所に勤めていたのですが、構造や保証などの面からも、お客さまに長く安心しておつきあいしてもらえること、いろいろな設計ができることに魅力を感じてパナソニック ホームズに転職しました。入社後はいい意味で驚かされましたね。いろいろな人がいて、それぞれ特化しているというか、専門性や強みを異次元で持っている人がいるということがよくわかりました。思っていた以上にできることは多いし、進め方も結構自由があるのでやりがいがあります。

その場所、その建物での“暮らし方”を意識

デザインの勉強という面では、暮らし方を意識するように常に心がけています。いろいろな場所に行ったり建物を見たりした時には、そこに住まわれる方がどういう暮らし方をしているのかを想像するのが癖になっていますね(笑)。ふだんこの家で過ごしている時はどこを見ていることが多いのかなとか、体の向きはどっちを向いていることが多いのかな、その方向がどういった意味を持つのかなといったことを想像しています。建物自体の形状や素材よりも、暮らし方です。

 

幸せそうな顔を見ることがこの仕事の喜び

「小事が大事、一事が万事」が私の座右の銘です。小さなことができていない時は大きなことは絶対にできないと、昔ものすごく反省した出来事がありました。建築は小さなことの積み重ねで最後にお引き渡しができるので、それ以降はその言葉をずっと肝に命じています。また、お客さまからいただく「住んで良さがわかったよ」という言葉は本当に嬉しく感じます。実際に住まわれて幸せそうな顔を見るために家づくりに関わっていますし、それが建築という仕事の喜びや面白さだと思いますので、後進にその面白さをこれから伝えていきたいですね。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

賃貸住宅経営

土地活用

リフォーム

中古住宅