Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

実例紹介

土地活用
トップへ戻る
パナソニック ホームズ トップ > 土地活用 > 実例紹介 > 滞在利用者の需要に対応したサービスアパートメント

海外・国内のさまざまな滞在利用者の需要に対応した
サービスアパートメント『BUREAU(ビュロー)水天宮』。

宿泊施設 / サービスアパートメント / 10階建

『BUREAU水天宮』外観と、住戸内観(Bタイプ)

事業計画のポイント

  • 訪日外国人観光客の増加等に伴い宿泊施設不足が深刻化。
  • 2018年に施行される民泊新法(住宅宿泊事業法)により、さらなる需要の増加も見込まれる。
  • 全54戸の住戸を用意し、全室に家具・調理器具・食器等を備える。
  • パナソニック製の美容家電を備え、女性を中心としたニーズに対応。

需要と収益性を踏まえ宿泊事業に参入

パナソニック ホームズは、サービスアパートメント※1『BUREAU水天宮』(東京都中央区)を、2017年12月上旬にオープンしました。

近年、国内では、訪日外国人観光客の増加等に伴い宿泊施設不足が深刻化していることや、ビジネスにおける長期滞在者の需要を取り込むため、サービスアパートメントが増加傾向にあります。また、2018年に施行される民泊新法(住宅宿泊事業法)により、さらなる需要の増加も見込まれます。

『BUREAU水天宮』は、交通の利便性が良く、江戸情緒溢れる雰囲気が残り、商業施設等も数多くある中央区の日本橋・水天宮地域において、東京メトロ半蔵門線「水天宮駅」から徒歩4分に立地する新築物件。6タイプ(A〜F)・全54戸の住戸を用意し、全室に家具・調理器具・食器等を備え、住宅設備および家電はパナソニック製を採用しています※2。国内外の単身者をはじめ、カップルや友人同士、ファミリーといったさまざまな滞在利用者の需要に対応できます。また、一部の住戸には、パナソニック製の美容家電を備え、女性を中心としたニーズに対応します。

『BUREAU水天宮』では、当社が不動産(土地・建物)を所有し、運営を、サービスアパートメント“BUREAU(ビュロー)/B-SITE(ビーサイト)” シリーズの展開で実績がある、株式会社スペースデザイン(本社:東京都港区、社長:川島 敦、以下、スペースデザイン)に委託します。

※1:1か月以上の滞在から利用可能な、家具・家電・キッチン付きの滞在施設

※2:一部を除く

事業スキーム

当社が、『BUREAU水天宮』の土地・建物を所有し、スペースデザインが一括借り上げの上、管理・運営を行います。スペースデザインは、共用部の管理を、当社のグループ会社であるパナホーム・合人社コミュニティ株式会社※に委託します。

概念図

※2013年10月、パナホームとマンション管理業の大手である株式会社合人社計画研究所との合弁で設立したマンション・ビル等の管理業務(建物・共有設備他の維持管理、管理人業務 等)会社

詳細
データ

名称
BUREAU水天宮]
所在地
東京都中央区日本橋箱崎町14番1(住居表示)]
構造・規模
鉄筋コンクリート造地上10階建
総戸数
54戸(他管理人室1戸)
敷地面積
397.32㎡(120.18坪)
延床面積
2,546.95㎡(770.45坪)
住戸面積
25.23㎡(1K)〜45.58㎡(1LDK)
竣工
2017年9月
交通
東京メトロ 半蔵門線「水天宮前」駅から徒歩4分
東京メトロ 東西線「茅場町」駅から徒歩6分

管理・運営
会社

社名
株式会社スペースデザイン
本社
東京都港区新橋2-2-9 KDX新橋ビル4階
設立
1978年5月
代表者
代表取締役社長 川島 敦
資本金
9,000万円
事業内容
不動産デベロッパー、プロパティ・マネジメント。

他の〇〇施設の実例を見る

実例紹介トップへ戻る

土地活用をご検討中なら
パナソニック ホームズに
ご相談ください

土地活用の成功のカギを握るのはパートナーとなる会社選び。
パナソニック ホームズには、全国で多くのオーナーさまに選ばれ続けてきた、確かな理由があります。

パナソニック ホームズの
土地活用の強み

土地活用をご検討の皆さまに、カタログをプレゼントいたします。
ご興味のあるカタログを取り寄せて、ご検討にお役立てください。

カタログを取り寄せる

2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

土地活用