Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

街づくり事業 ~新たな街と価値の創造を。~

パナソニック ホームズのスマートシティ

最先端の技術やサービスを取り入れ、より良い暮らしを追求した街づくり。

エネルギーをかしこく使うことでエコで快適な暮らしを実現する「スマートハウス」、街の景観や安全性に配慮した「街並み設計」、永続的なコミュニティ形成をささえる「タウンマネジメント」など、人の暮らしを中心としたスマートシティを展開しています。

スマートシティとは?

エネルギーの⼤量消費とともにCO2排出量の増加、地球温暖化が世界的な問題となっているなか、エコな住まい、環境に配慮した街づくりが注目されています。さらには、家族とともに安全で安心できる暮らしを実現するために、防災や防犯の⾯でも必要性が⾼まっています。このような課題や不安を解決に導くために、最新技術やサービスを街づくりに取り入れたものがスマートシティです。

CHECK POINT

  • エネルギー

    エネルギーを「つくる」「ためる」「かしこくつかう」先進技術により、個々の建物だけではなく街全体でエネルギーを最適利用します。

  • セキュリティ

    ゲートや柵で街を閉ざすのではなく、道路線形や建物の配置など街づくりの工夫により犯罪を防止する、防犯性の高い街を創ります。

  • モビリティ

    欧米を中心に拡がりつつあるシェアリングエコノミーを街づくりに導入。EV自動車や電動アシスト付き自転車などをシェアすることで、利便性だけでなく、CO2削減にも貢献します。

  • ウェルネス

    子供から高齢者まで幅広く共有できるくらしの価値、それがウェルネスです。心身ともに健やかで穏やかなくらしの実現にむけて、街づくりの工夫やサービスをご提案します。

  • コミュニティ

    快適で魅力的な住環境の創出や、美しい街並みの形成、安全・安心なくらしなど、街の大切な資産を住民の皆さまとともに育ててゆきます。

スマートシティ9つの魅力

01 時とともに魅力が深まる
街並みデザイン

気候や自然環境に配慮した植栽計画により、緑豊かな空間を創り出し癒しの効果を高めます。
また建物外観や外構に一定のルールを設けることで、街全体に統一感を保ち、美しい景観を創ります

02 安全に配慮した街区設計

車のスピード抑制や交差点での事故防止、外部からの車の進入防止など、街区内の交通安全性に配慮した道路計画を行います。

03 コミュニティで取組む
タウンマネジメント

住民の皆さまが中心となって、良好な住環境を維持・向上させるために、街のルールやしくみを構築。防犯カメラや防犯灯の設置、防災備品の常備、街の美化活動など、コミュニティ全員で街全体の資産価値を維持する取り組みを行います。

04 創エネ・省エネ

自然エネルギーを最大に活用したエネルギー技術を、個々の住まいだけでなく、街全体の価値として導入。平常時だけでなく非常時にも生活が維持できる事が大切です。

05 自然のちからを最大活用

光や風など自然のちからを最大に享受する街づくり。省エネで快適な住環境を創り出します。

06 スマートなライフスタイル

エネルギーを創り、かしこく使うスマートなくらし。ネットワークをつなげてエネルギー情報を管理し、最適にコントロールする、未来標準な豊かなくらしを実現します。

07 コミュニティ価値が
高まる街づくり

いい環境づくり、良好で活力あるコミュニティづくりを目指し、街づくりの段階から取り組んでいます。

08 防犯性の高い街づくり

監視性を高める建物配置、見通しの良い道路設計、夜間の照明計画、防犯機器の導入など、街づくり計画により街全体の防犯性を高めます。

09 環境への配慮

再生可能エネルギーの積極的な導入や、地域の気候風土に適した植栽の活用など、環境負荷の少ない街づくりを推進します。

全国のスマートシティ

  • スマートシティ潮芦屋「そらしま」
    芦屋・海の手リゾートに、美しい戸建街区と分譲マンションによる約480戸の街が誕生。
    戸建住宅には、太陽光発電を備えた「創蓄連携システム」を採用し、マンションは全住戸に家庭用燃料電池、屋上に太陽光発電を設置してW発電。街全体でのネット・ゼロ・エネルギーをいち早く実現します。
    くらしをサポートするタウンマネジメントも充実し、快適で安心なくらしの始まりです。
  • Fujisawaサスティナブル・スマートタウン
    パナソニックをはじめ、先進的な取り組みを進めるパートナー企業18社と藤沢市が官民一体で取り組む大規模開発事業「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」において、パナソニック ホームズが手がける戸建住宅街区。全戸に「創蓄連携システム」を採用し、CO2排出量±0(ゼロ)を実現するとともに、停電時でも電力供給を可能にします。さらに、街全体でエネルギー情報を管理し、CO2排出の抑制を推進。この街に集う人々の声を活かしたタウンマネジメントにも努め、サスティナブルな街をかなえます。
  • スマートシティ堺・初芝
    歴史ある田園都市 大阪府堺市初芝で、街全体でネット・ゼロ・エネルギーのくらしが、すでに始まっています。58区画全戸にW発電などを標準装備。 地域の自然や生態系にも配慮され、田園都市の面影を未来へと受け継ぎます。

    ※当物件の販売は終了しました。
  • スマートシティ草津
    滋賀県草津市に、全87戸の分譲住宅団地が誕生。大容量太陽光発電システムを搭載したネット・ゼロ・エネルギー対応スマートハウス「エコ・コルディス」の積極的展開により、街全体でネット・ゼロ・エネルギーを実現します。
    安全・安心で快適にくらせるよう、タウンセキュリティなども充実。親水空間ビオトープをはじめ、自然の恵みを生かした、環境と共生するくらしが始まっています。

    ※当物件の販売は終了しました。
  • THE ISLES(ジ・アイルズ)
    災害に強く環境にやさしい環境共生都市をめざす千葉県浦安市において、東日本大震災後初めて、パナソニック ホームズをはじめとするハウスメーカー3社が共同で大型分譲を実施。それが、「暮らせるスマートリゾートの島」をコンセプトにした「THE ISLES(ジ・アイルズ)」です。

    強固な液状化対策を行い、災害に強い街づくりを実践。それぞれ特徴あるスマートハウスを提供し、街全体の資産価値の向上をめざします。