パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > 会社情報 > 経営の考え方:メッセージ

メッセージ

住まいは人が暮らしていくうえで最も大切なもの。それにふさわしい良い家をつくりたい。創業者 松下幸之助の強い使命感から当社が生まれたのが1963年。以来、私たちは、住まいの本質を見つめ続け、多くのご家族とともに暮らしの夢を形にしてきました。

そんな中で、2017年10月、パナホーム株式会社はパナソニックの完全子会社となりました。そして、パナソニック創業100周年、パナホーム55周年という節目の年である2018年の4月、パナソニック ホームズ株式会社に社名を変更すると併せて、ブランドを「Panasonic」に変更いたしました。

私たちが目指しているのは「強さ」と「暮らしやすさ」のNo.1であること。
生命と建物を守り抜く構造を基本に、さまざまな面から暮らしやすさを追究し、100年にわたり人びとの暮らしを見つめ続けてきた、パナソニックならではの提案力と技術力で、人と人の絆を育み、しあわせに暮らせる住まいと環境をお届けします。そして、社員一人ひとりの衆知を集めた経営を実践し、さらにお客さまや社会から信頼され、“寄りそっていくパナソニック ホームズ”となれるよう全力で取り組んでまいります。

事業軸としては、かねてより成長戦略としてきた4事業、「新築請負事業」「街づくり事業」「リフォーム事業」「海外事業」を、より一層スピードをあげて進化させていきます。あわせて、大切な資産として受け継がれていく住まいのご提供を通じて、地球の未来と住生活文化の発展に貢献してまいります。

今後とも一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長松下 龍二



2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。