パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > CSR > 消費者志向経営の推進

消費者志向経営の推進

消費者志向経営
お客様第一を考えて

01消費者志向経営基本的な考え方(理念)

創業以来、「お客様第一を基本に製品やサービスを通じて社会に貢献する」という
経営理念のもと、CS向上に向け、世界中のお客様のくらしを豊かにする
商品やソリューション、サービスを提供しています。

創業者:松下 幸之助
お客様満足(CS)の
基本的な考え方
パナソニックグループは創業以来、「お客様第一を基本に製品やサービスを通じて社会に貢献する」という経営理念のもと、CS向上に向け、世界中のお客様のくらしを豊かにする商品やソリューション、サービスを提供しています。
またカスタマーサービスは、創業者の言葉より伝わる「真のサービス」の理念に基づいて、誠実、正確、迅速を心がけ、謙虚な姿勢と感謝の念を持って対応し、お客様に信頼と安心、喜びを提供することを基本としています。

CS基本コンセプト
(お客様満足の追求)

われわれ生産人として真の信用をかち得るには、製作部門たると販売部門たるとを問わず、すべての点で需要者の求めるところに完全に合致し、充分に役立ち得る優良品以外は一品たりとも製作せず販売せぬ建て前とし、これを厳守することより他にない。
単に製作の上のみにとどまらず、わが社製品に関しては、その流れ先まで慎重に留意、果たして需要者をして満足せしめ得たりしや、サービスに不親切なきや等の点まで進むところに、はじめて完璧を期し得られる。
松下 幸之助
昭和15年8月 優良品製作総動員運動を提唱
(松下電器五十年の略史より)

サービス理念(真のサービス)
お客様の喜びは私たちの喜び
喜び、喜ばれる姿の中にこそ、
真のサービスがある

商売にはサービスがつきものである。サービスをともなわぬ商売は、もはや商売ではない。その意味においては、サービスは商売人にとっての一つの義務とも言える。しかし、これを単なる義務としてのみ受けとり、仕方なしにやむを得ずやっているとしたら、これほど疲れることはない。こちらが疲れるだけでなく、お客様にもその“仕方なさ”が自然に通ってしまう。
サービスは相手を喜ばせるものであり、そしてまたこちらにも喜びが生まれてこなければならないものである。喜び喜ばれる姿のなかにこそ真のサービスがあると言えよう。
松下 幸之助
昭和42年 PHP誌8月号

02
取組み方針

経営トップのコミットメント

経営理念実践のため、パナソニックホームズが「大事にするもの」は不変であり、社長をはじめ全ての役員・従業員がこの考えに基づき行動をしています。

くわしく見る

03
5つの取組み内容

パナソニックホームズでは、「消費者」と「共創・協働」して
「社会価値」を向上させる経営「消費者志向経営」が目指す内容に則り、
以下の3つに沿って当社事業に取り組んでいます。

  • 法令遵守/コーポレートガバナンスを強化すること
  • 未来・次世代のために取り組むこと
  1. コーポレートガバナンスの取り組み

    法令遵守

    「すべてはお客様のために」私たちはミッション・ビジョン・バリューを掲げ、社員一人ひとりが「誇りを持てる会社」を目指しています。

    くわしく見る
  2. 従業員の積極的な活動

    災害復旧支援活動などの災害対策やお客様へのコロナ支援対策など、企業と社員が常にできることを探し、新しい取り組みに励んでいます。

    くわしく見る
  3. 品質・安全確保

    未来・次世代のために

    建築資材からお客さまの暮らしまで、すべてにおいて自然環境から社会環境へ配慮し、こころ豊かな住まいと暮らしづくりに努めています。

    くわしく見る
  4. お客様への情報提供

    未来・次世代のために

    オーナーさまとご家族の皆さまに寄り添い、安心で快適な暮らしのご提供を通じて、末長くご満足いただけるよう「生涯おつきあい」のこころで取り組んでいます。

    くわしく見る
  5. お客様・社会の要望をふまえた
    改善・開発

    未来・次世代のために

    お客様がずっと笑顔でいられる住まいづくり、そして進化するまちづくりを通じて、これからの新しい暮らしを未来へつなぐ活動をしています。

    くわしく見る

2020年1月、当社はパナソニックとトヨタ自動車が未来志向のまちづくりを目指して設立した
新会社 プライム ライフ テクノロジーズ 株式会社のグループ会社となりました。