パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > CSR > 当社のあゆみ

「強さ」と「暮らしやすさ」の
No.1でありたい。
私たちは、世界に一つだけの
良家づくりに挑み続ける。

Iotで、進化し続ける暮らし

進化の時代

地震などの自然災害やPM2.5による大気汚染、ヒートショックによる
家庭内事故、エネルギーの低自給率など、さまざまな問題を抱えている
今日の日本において、住まいを探求し続けてきた私たちが、
辿り着いた一つの答え。

それが、「強さ」と「暮らしやすさ」です。

「強さ」とは、繰り返す大地震はもちろん、
地震の後まで家族と暮らしを守る構造。
「暮らしやすさ」とは、ゆとりある毎日を叶える設計、
家族の健康を守る快適で健やかな空気、
そして、安心して暮らせる時間が長くずっと続くこと。

世代を超えて続くご満足をお届けするために、
これからも「強さ」と「暮らしやすさ」のNo.1でありたい。

そんな願いを込めて良家づくりに挑み続けます。

  • 2018年
    パナソニックグループと双日グループが設立した現地分譲住宅共同事業会社がインドネシアで展開するスマートタウン『SAVASA(サバサ)』。日本の技術と街づくり理念を採用した街づくりで、2030年には最大で約2,500戸、人口約10,000人規模の街が完成する予定です。
  • 2019年
    当社とパナソニック株式会社を含む、社会課題解決に向けた先進的まちづくりの取り組みを進める13社が大阪府・吹田市に多世代居住型健康スマートタウン(Suita SST)の構想を策定しました。関西地域では初の展開で2020年春に着工、2022年春に街開きを予定しています。
    ※上記イメージ画像は、計画段階のものであり、内容は変更になる可能性があります。
  • 2021年
    日本国内向け大型パネル構造(F構法)による試作棟の住宅部材を当社湖東工場から出荷し、9月29日から10月1日にかけてニュージーランド ワイカト地方において、現地建設会社と協働で上棟工事を実施。コロナ禍におけるニュージーランド政府の入国規制の下、当社技術者が日本からリモートで建築指導を行いました。
  • ※1…2017年4月時点当社調べ。粒径0.3μmの粒子を99.97%除去するHEPAフィルター搭載の住宅用全館空調システムとして、工業化住宅業界唯一。

TOP

2020年1月、当社はパナソニックとトヨタ自動車が未来志向のまちづくりを目指して設立した
新会社 プライム ライフ テクノロジーズ 株式会社のグループ会社となりました。