パナソニック ホームズ株式会社 企業情報 > 事業領域

事業領域

人びとの暮らしを見つめ、その暮らしの向上を探求してきたパナソニックの100年。
私たちパナソニック ホームズは創業者 松下幸之助の住まいに対する強い使命感から生まれました。

戸建住宅から始まった当社の事業は、お客さまのご要望や時代のニーズに応える中で、担う領域は大きく広がり、現在では戸建住宅で培った技術やノウハウを基本に、土地活用や街づくり・分譲、リフォームや不動産流通などのストック事業、さらには海外事業まで、幅広い事業を展開しています。

戸建請負事業

戸建請負事業

強さと暮らしやすさを叶える強靭な鉄骨構造で、平屋から9階建まで対応可能。社会や自然の状況がより激しく変化していく昨今の時代を背景に、IoT住宅や二世帯、防災持続力と安心な空気環境を両立するニューノーマル時代のレジリエンス住宅など多様な暮らし方にお応えすると共に、万が一の地震による建物の倒壊に当社が原状復帰する独自の制度「地震あんしん保証」など、長く安心して暮らせる住まいがご家族と暮らしを守ります。

土地活用事業

土地活用事業

賃貸住宅をはじめ、宿泊事業や豊富な実績を誇る医療・介護施設など、時代や地域のニーズに合わせた事業で人と街に長く愛され、オーナーとしての誇りを持ち続けられる土地活用をご提案。建物の管理・運営から経営サポートまで、将来にわたって資産価値の維持を見据えた事業展開をお手伝いします。

街づくり・分譲事業

街づくり・分譲事業

よりよい社会の実現を目指して、戸建分譲事業、マンション事業、複合開発事業の3つの事業を軸に、良質な街づくりを日本全国で展開。また、法人・事業者に向けた企業不動産(CRE)/公的不動産(PRE)戦略提案など、それぞれの不動産が持つ潜在的価値を引き出し、社会課題の解決や収益性向上につながる新たな価値を創造します。

ストック事業

ストック事業

減少傾向にある国内新築住宅着工に比べ、住宅リフォーム市場が底堅いことや、国の住宅政策「良質な住宅ストックの形成と促進」に対応するため、2020年4月よりストック事業部を設置しました。お客さまとの“生涯お付き合いの実現”に向けて、当社グループのパナソニック リフォーム(株)とパナソニック ホームズ不動産(株)、パナソニック ホームズ賃貸サポート(株)によるシナジー創出により、事業拡大を目指します。

海外事業

海外事業

2010年の台湾進出から、内装、建設請負と経験を重ね、現地デベロッパーとの協業によりデベロップメント事業を本格化。各地の気候風土や生活スタイルに合わせた日本品質の住まいを提供しています。パナソニックのQAFL(空気質)技術や独自のWPC(壁式プレキャストコンクリート)構法で、快適で安定品質の住宅を供給。現地企業との差別化を図ります。

  • ※各国のパナソニック(株)サイトへリンクします

2020年1月、当社はパナソニックとトヨタ自動車が未来志向のまちづくりを目指して設立した
新会社 プライム ライフ テクノロジーズ 株式会社のグループ会社となりました。